空のこと

d0020789_17174817.jpgこんな話を信じるのは家族だけのような気がしてたので書けなかったのですが、よもやま話としていっちょ書いてみるかなと。

10月25日に我が家の空が他界したことをお知らせしました。その折、みなさんから沢山コメントをいただき悲しみも少し癒える思いでした。有難うございます。


先日、夕方家に帰り玄関ドアを開けると内扉の向こうでカチャカチャと音が聞こえます。これはフローリングの床と空の爪が歩くと音をたてる時のものです。
誰が帰ってきても先ず迎えにでるのは空の仕事でしたので、いつものように
「空ただいま」と言おうとして、そうだ空はいなかったんだと思いなおし
長年の習慣といおうか、耳が条件反射のように何か音を向かえているような、
そんなものだと解釈していたのですが・・・

何かにつけ、空の話題が生前と同じようにでるので、家族に空が歩いているような
音が聞こえたこと、夜中にガサゴソと空が何かやっている音が絶えず聞こえていること
等々を話すと、子供たちは普通に「空いるよ」というのです。
あまりに当然のごとくいうので、こちらが驚いてしまいました。

「夜、PCを触っていると周りでウロウロしてるもん。」
「空が歩き回る音がいつもしてるし。」と口々にいうのです。
急逝したために自分で死んだことが解らずにいるのではと思ったりしたのですが、
四十九日まではまだ家にいるらしいと聞き、妙に納得しました。

他愛もない話ですが、亡くなった人のことを話題にすると仏様は喜ぶといいますので
空ばなし書いてみました。
[PR]
by hal_84 | 2005-11-17 17:10 | *空のこと