ドライ系 実山椒塩の作り方

実山椒の出回ってる間に何とかこの塩山椒をブログに
アップしておきたかったのですが、どうにか間に合いました。
昨夜W杯を観ながら片手にフライパン、片手に焼酎ロック。
その後PCの電源を入れたまでは覚えてるのに記憶が途切れてますね。

d0020789_10394522.jpg
















先般山椒の醤油煮をアップしましたが、
よくお昼に食べに行ってたお店のチリメン山椒が忘れられない。
塩の効いたドライ系だったと思います。
うちは本棚が7つも8つもあって、これが全然分類されてない。
見事なB型家族と友の言う・・・
本の山をひっくり返していくと昔買った栗原さんのレシピ本に
山椒の記述がありました。
これをヒントにドライ系山椒塩を作ってみました。

材料:
実山椒(生)は枝からはなし洗って水気を切っておきます。
大さじ4に対して塩大さじ2
作り方:
①フライパンを温め、香りがでるまで焦がさないように実山椒を
乾煎りしていきます。
生のものをカリカリに仕上げるのは時間がかかります。
我が家のオーブンレンジはスパイスを作る乾燥機能がついていて、
多目に作るのでこれに半分助けてもらい時間を少し短縮しました。
②実山椒が香ばしくなったら、塩を投入して軽くひと煎りして火を止め、
冷まします。
③すり鉢で半ずりにするかミルサーにかけるかして
自分のすり加減を見つけてください。

d0020789_1134792.jpg
















旨っ!半端じゃないよ~~(いつものごとく自画自賛・・
これだけでご飯3杯位いけそう。
今日はわかりやすく我が家の主人のの白ご飯拝借。
おにぎりにかけてもよし、きゅうりなんかの浅漬けにもいいな。
天ぷらのつけ塩とか、野菜スティック、ゆで玉子にパラパラ。
用途は無限ですね。

そして、べつにチリメンジャコをフライパンで焦がさないように
乾煎りします。(弱火で。)
心配な人はフライパンにクッキングシートを敷いて
その上で乾煎りするといいでしょう。
これを塩山椒と合わせると「ドライ系チリメン山椒」の出来上がり。

[PR]
by hal_84 | 2006-06-13 12:05 | *山椒&山椒系レシピ