チャンジョリム(牛肉の醤油煮)再び

d0020789_8322546.jpg
未平量生「チャンジョリム」改訂版。
勝手に改訂したぞ。(笑) 牛ブロックを見かける度に、もう一度作らないとと思ってて、
何ゆえかと分析するに簡単でダイナミックなのが自分の性分に合ってるからだと納得。
ピンが甘いのとただただ醤油色なので美味しさが伝わらないかもしれない。

*今回の材料
牛ブロック600g、うずら卵2P、にんにく10個、伏見唐辛子2P、鷹の爪2本、焼酎、醤油、みりん

*作り方
ブロック肉はサイコロステーキより大きめに切り、いったん茹でこぼします。
鍋にお肉、茹でたうずら卵、にんにく、種をとった鷹の爪を入れ、焼酎、醤油、みりんを加えます。ひたひたより多めになるように。(水は加えません。)
沸騰したらアクをすくい、あとはコトコト弱火で煮ていきます。最後に唐辛子(伏見でも青唐でも)を加え柔らかくなったら出来上がり。

伏見の甘唐では辛さがでないため、鷹の爪を加えました。
このうずらがツルンとしてかなり美味しい。だだ辛いチャンジョリムが本来のようですが、
みりんを少し多めに加え万人向きに仕上げました。お酒じゃなくて焼酎にしたのは沖縄ラフティーにヒントを得て。ただただ醤油で煮るなんて面白い料理です。これが不思議に美味しいのだから。水を入れないので火を通せば数日保存可能なようです。



d0020789_858555.jpg
「きびなごの佃煮」
先般のかごっまの友人がお土産に「きびなごのいりこ」を持ってきてくれました。
これを本場ではどう使ってるのか知らないのですが、何にしようかな?と言うと末娘が
いつものでいいやんと言うので万年同じレシピ。

気長にフライパンで乾煎りし(極弱火)、鷹の爪、酒、みりん、醤油、お砂糖少々白胡麻を加え絡ませます。お正月の田作りみたいな感じですね。美味しいいりこが手に入ったときもこの要領で。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-09 09:21 | *お肉レシピ