オリーブその後とチキンカリー。そして糠漬け。

d0020789_8293283.jpg
タグにもカテゴリにもオリーブのっけて積年の恋人みたいに気合入れてるわけですが、なのに貴方はつれないわけで。

d0020789_8323368.jpg
たくさん蕾がついたので喜んでいたら茶色くなって落ちてきました。
あちこちで調べても原因がわからない。
もしかしたら水のやりすぎかもしれないと自分なりに解釈しました。
恋人でも可愛がりすぎは良くないのであります。
そして乙女は花も咲かさず蕾のままで朽ち果てるのです。
と、人生とオリーブの木について非常なる接点を見出したのでありました。
なんのこっちゃ。


d0020789_846592.jpg
チキンカリー。
この間、ぱんださんがチキンカリーを作っておられて久しぶりに食べたいな~とペーストを買ってきました。
近くの大型酒販店には世界の食材も揃っていてかなり便利です。
ペーストもレッド、イエロー、グリーンと色々あるんですね。
イエローカレーのペーストにココナッツミルク、ホールトマト、鶏肉、
インゲン、ミックスビーンズ、仕上げにナンプラー、みりん、砂糖少々。
と、記述するまでもない。作り方は裏に書いてあるから。(笑)


d0020789_975269.jpg
水茄子のサラダ。
早くも水茄子が売られていました。まだ路地ものではないのでしょうか?
生でパクンと一口食べたら十分甘かったです。
これをかぼちゃと共にフライパンで焼き付けてスナップえんどうと
合わせました。ぜ~んぶ甘い。(笑)

......................................................................................................................

以前、精米機のお話を書いたことがありましたが、
五分つきにしてもかなりの糠が冷蔵庫に溜まってきました。
やはり昨年酷暑に糠床を腐らせてしまったわけですが、
再び、いや三度、いや度々、自家製糠床を作ってみました。
五分つきの糠なのでかなりザラザラしています。
大雑把な糠床の作り方はHALサイトこちらからご覧ください。

d0020789_9202760.jpg
今回はあまりの辛さに飽和状態になっていたタイの唐辛子使用。
煮干とかかつ節はダシパックに入れて糠床に沈めるわけですが、
生協で届いたダシパックをそのまま使いました。
そして京都の割烹屋さんの本を読んでいたら糠床に山椒粉を入れるという
記述があり早速真似してみました。
源了郭の山椒粉が賞味期限を過ぎてたものの未開封だったので
これを一袋全部投入。

d0020789_930714.jpg
一週間くらいは味が馴染みません。
今回塩が多かったせいかかなりしょっぱい。

d0020789_9315526.jpg
そしてまた溜まってきた糠を炒って継ぎ足していきました。

d0020789_9331449.jpg
ようやく完成形。
今回の糠床の漬物は味が深い感じがします。
昨日の暑さで匂いもグレードアップしてる。(笑) 気をつけなくちゃ。
[PR]
by hal_84 | 2007-05-05 10:04