今年も実山椒炊きました。

お昼にお弁当を食べていたら携帯が鳴り
見ればご近所のおばちゃんからである。
「○○さんですか?」
私以外に誰がでるん?(笑)
「花園の八百屋さんに山椒でてるけど買って帰ろうか?」
「おお!1箱500gだと思うから500gいくらするか聞いて。」
聞けば相場的にはだいぶ安い。
2キロ頼むと量が多いので明日仕入れしとくとのこと。
翌日また有難くもおばちゃんは八百屋さんに出向いて買ってきてくれた。
和歌山の有田産のものでとってもきれい。
d0020789_7363810.jpg
エキブロのランキングに10位まで検索ワードが表示されますよね。
ちなみに本日現在のHALブログ検索ワードランキングは以下の通り。

1位 HALの賄いキッチン
2位 山椒 レシピ
3位 山椒の実の炊き方
4位 山椒の実
5位 ももこのオーソレミーヨ
6位 山椒の炊き方
7位 実山椒 レシピ
8位 山椒の実の食べ方
9位 山椒 作り方
10位 *HALの賄いキッチン

何とほとんどが山椒なんですよね。これにはびっくり。

d0020789_7403460.jpg
実山椒を煮るのはいたって簡単なんですが、
枝から実をとることだけが面倒な作業になります。
写真は1キロですが、長女と二人夜なべ仕事となりました。
写真のようにサクランボみたいに軸がついたままで全然OKです。
これを流水で洗い、ザルにとって水を切ります。
急いでいればキッチンペーパーなんかで水を吸い取るといいでしょう。

材料:
実山椒500g、酒大さじ2、醤油、三温糖大さじ1(500gにつき)
作り方:
枝から実だけをとり、洗って水気をとる。
鍋に酒を入れ、煮切る。
火を止め、①の実山椒を入れ、実山椒の量の半分弱の醤油を入れる。
弱火でで30分以上ことこと煮る。
(蓋のきっちりできる鍋で、蓋をしたまま煮る。)
煮えてから、三温糖を入れ、ひと煮たちさせる。

炊き立ての実山椒はピリリと刺激があります。
ビンやストッカーに入れて冷蔵庫に保存すれば2年でも3年でも
保存させることができます。熟成して日ごとにまろやかになっていきます。
d0020789_10581998.jpg
まだまだ家庭にパソコンが普及してなかった頃、実山椒のレシピを探し
本屋さん通いをしたものです。
それでも醤油煮のレシピは見当たらず、何と身近に名人が居たわけで
今はネットで探せば色んな炊き方が出てきますが、
この名人のシンプルな炊き方が一番美味しいと思っています。
名人は80歳を超えられてもまだまだお元気だと最近聞きました。


さて、去年からの副産物で「山椒塩」というものがあります。
枝から離した実山椒をフライパンで空煎りして作るのですが、
私はこの実山椒500g分を冷凍してストックしていました。
こうすれば一年中山椒塩が作れます。
また他の料理にも使えます。実山椒は冷凍してても劣化がなく
香りも味もキープできます。
実山椒は6月の初旬くらいがピークなので見かけたらお早めに。
d0020789_8232327.jpg
山椒塩の作り方はHALブログこちらの記事からどうぞ。
[PR]
by hal_84 | 2007-05-27 11:03