トンカツとカルボナーラ

末娘が試験中で我が家の狭い居間がとんでもないことになってる。
教科書やらプリントの山があちこちにできていて足の踏み場もない。
猫のアイはその瓦礫を渡り歩いて自分の寝床を作り、明け方まで勉強してる
末娘の側でじっとしてるというのがいつものパターン。

いつまでたっても自分の部屋で勉強するという習慣が育たないので
どうしたものかと思っていたら、勉強が出来る子供は自分の部屋で勉強しない
というのをTVでやっていました。
妙に説得力がありそうな話だったので、それを信じて瓦礫の山も甘んじて
我慢しようと心に決めたのでした。(笑

ということで、いつものヒレトンカツ。

d0020789_9534278.jpg
トンカツと言えば、母を思い出します。
何で母のトンカツはこんなに美味しいだろうといつも思ってました。
自分が台所に立つようになってからようやく母の仕事ぶりを見るようになり
摩り下ろしたニンニクを擦り込んでから塩コショウをしてるんですね。
それだけのことなんですが、これは我が家の定番となりました。

キャベツの千切りはいつもボールに山盛り作ります。
何故かというと、「キャベツおかわり!」といつも言われるので。
ここはトンカツ屋か?あ、トンカツのおかわりもあります。(笑



d0020789_1081719.jpg















先般の楽天福袋パックでウインナーやハム、ベーコンのブロックも注文してました。
全部で1キロなのだそうですが、nanaさんが楽天で生もので当たりがないと
コメントくださいましたが、これは秋刀魚に続き当たりですね~
手作りなので賞味期限は短いものの、妙に赤くなくて自然な味がします。

それと、御用達酒屋さんで薦められた自然卵。
日曜のお昼にそのベーコンブロックとカルボナーラにしました。

d0020789_10231875.jpg
カルボナーラは本来厚切りのベーコンで作るのだそうです。
今日は生クリームを少なめにしたのでゆるゆるしてないです。
私が作るパスタの中で唯一家族からリピートがあるのがこれなんですが
まあ、身体にはあまりよくなさげな。(笑

ベーコン(1人分50g)は1センチ角の棒状に切り揃えます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンをじっくり炒めます。
卵黄(1人分1個)、生クリーム(1人分50cc)、粉チーズ(パルミジャーノ)を
よく混ぜ合わせます。
茹で汁少々を①に加えて馴染ませ、茹で上がったスパゲティを入れます。
フライパンに②を加え弱火で手早く仕上げます。
盛り付けてから胡椒ガリガリたっぷりと。

色々なやり方があると思いますが、②を加えた時点で火を止め、余熱で仕上げる
方が一番失敗しなくて生クリームと卵黄のなめらか感が出ると思います。

[PR]
by hal_84 | 2007-10-02 12:07