柚子ポン酢を作る。

買い物に出ようとすると、部活に行ってた末娘が帰ってきて、
橋下弁護士がそこで演説してるというので、慌てて飛び出したものの
ちょうど走りさったとこでした。(笑)

公示より界隈のあちこちで橋下さんの満面の笑顔のポスターを見かける訳ですが
我が家でも府知事選について熱いバトルが繰り返えされております。
主人が橋下さんならやれるかもしれないと言うと、
末娘は絶対アカン!と意義を申し立てます。
この二人、共に歴史や地理が大好きで、毎々親子間バトルが勃発する訳ですが

何でアカンねん?と主人が聞くと、

「橋下っちゃんまで行列抜けると絶対面白くない!」

そんな理由かい?!・・・さもありなん・・・

人は大概のものを手に入れると、やはり義と名誉でありましょうか?
考える一大阪府民であります。


d0020789_916446.jpg
近所のおばちゃんが、田舎から橙と柚子を送ってきたから半分コと
持ってきてくれました。
「何する?」と聞くので「ポン酢作ろう!」ということに。
数年前に作ったことがありますが、そのときは大分のかぼすでした。

d0020789_922230.jpg
このくらいの量だと150ccくらいしか絞れません。

d0020789_923977.jpg
絞り汁は濾して同量の醤油を加えます。
みりんは好みで量を加減して加えます。(絞り汁5:醤油5:みりん1~2)
そこに出汁昆布と多目の鰹節を加え、冷蔵庫に一日寝かせます。

d0020789_9303256.jpg
と、ここまで作業してたら、八百屋さんで一盛り300円也の柚子発見。
これも全部絞ったら250ccくらいでした。↑と同じ要領で冷蔵庫へ。

d0020789_9394669.jpg
昆布を取り除き鰹節を濾します。
果汁100%、総量750ccくらいのポン酢が出来上がりました。
これをビンなどに入れて、冷蔵庫で寝かせます。
みりんと果汁が熟成させていくわけですが、置けば置くほど美味しくなります。

d0020789_9453089.jpg
絞ったあとの皮は中の薄皮を取り除いてお風呂に。

それから、濾したあとの鰹節には旨みと香りがまだ沢山残っているので
ほうれん草のおひたしや湯豆腐なんかに使うととっても美味しいです。
[PR]
by hal_84 | 2008-01-13 09:51