大根漬けと高菜漬け。

今日は風がごうごうと唸って嵐のようでした。
うちのガレージにどこかの大きなゴミ箱が飛んできていて、
それほどに強い風雨だったのでしょうね。


頼んでいたマシンがようやく届いて、あれやこれやインストールしなおし
ようやくホッとしたところです。
今度のはかなり容量が大きいのでサクサクいってます。
思えば、このエキブロに、たったひとつの画像をアップするのに
最近はどれだけ時間がかかっていたことでしょう。
この間、長女が自分の持っている沢山のフォントを私のPCに入れてから
更に激重になったのが仇になったのかもしれません。

サクサクしすぎて、久しぶりに爽快な気分です。
役立たずMacはまた飾りになってます。



d0020789_0394587.jpg
最後の大根漬けを瓶からあげました。
よく漬かって酸味の出てきたものもとっても美味しいです。
ちょうど、水が温む頃に食べ終わりましたね。
ご近所から野菜をいただいたりする度にお返しにと差し上げてたら
まあなんと消費の早かったことでしょう。
次は初冬にもっと沢山漬けて、もっと皆に食べてもらわなくてはです。



d0020789_0453983.jpg
高菜の小さ目のものが株のない状態で売られていました。
多分、炒め物用とかのためだったかもしれません。
あるだけ買って、2日干し、それを塩と鷹の爪だけで漬け込みました。
水の上がりが悪いので3日目くらいに水を足して1ヶ月ほどで食べ頃に。

高菜と言えば、父親が中庭のあちこちに干していたのを思い出します。
お漬物を漬けるだとか、大鍋で煮込みをするだとかの時だけ率先して
手伝う人でした。亡き母いわく、私に性格がそっくりだそうです。(笑


d0020789_11354557.jpg
実家の高菜漬けの食べ方は、布袋に白胡麻を入れ、それをすりこ木で
叩いて潰し、細切りにした高菜にたっぷり混ぜ込むというものでした。
それを白いご飯にてんこ盛りにしていただくのです。(笑
子供心に何て美味しいお漬物だろうと思ったのを思い出します。
父の味には到底およびませんが、また見かけたら漬けたいですね。

ほんのりアクが残っていて美味しかったです。
[PR]
by hal_84 | 2008-03-20 01:08