わらびの醤油漬け。

昨日今日とお天気ですが、週末お天気が悪く日曜日はひどい雨でしたね。
田舎からの荷物をダンボールのまま1日置いてたら筍の皮にまでカビが生え
この季節、食べるものにも気をつけないといけませんね。
テーブルに手をついたところにもカビが生えるなんて実験でやってましたよ。
梅雨明けはいつ頃になるのでしょうね。


d0020789_6503529.jpg
「わらびの醤油漬け」
田舎から送られてきたわらびですが、春に送ってくれたものより細いです。
主人が言うには、9月頃まで採れるそうですが、だんだん細くなるのだそう。

わらびは重曹をふりかけてから熱湯をたっぷりかけてアクを抜きます。
(熱湯を沸かした鍋の中に入れてはいけません。)
冷めるまで置き、更にきれいな水に浸けて一晩おきます。
結婚した頃、今は亡き義母がわらびを沢山送ってくれるのですが、
どうしたらいいのか分らなくて義母に電話で聞いたところ、灰をかけて
熱湯をかけると教えてもらいました。
当時、主人の生家ではまだ釜戸があったんですね。懐かしいです。

いつもワンパターンなので、今日は醤油漬けを作ってみました。
アクを抜いたわらびを沸騰したお湯に入れ、再び沸騰したらザルにあげます。
鰹出し少々を作り、酒、醤油を加えてひと煮立ちさせ、冷まします。
それに5センチ長さくらいに切り揃えたわらびを浸し、一晩置きます。
(先のふさの部分は状態が良くなかったので切り取りました。)

すっきりとした味わいで、煮たものとはまた全然違う美味しさでした。
お酒の肴にもいいですね。定番になりそうです。
調味液の分量はアバウトなのですが、醤油2:出し汁1にお酒を少し足す位の
しょっぱさが味がぶれずに美味しく仕上がると思います。
甘めがいい方は市販の出し醤油やめんつゆにつけてもいいかもしれません。


d0020789_6505628.jpg
d0020789_6511344.jpg

どっちの画像も入ってるものが同じという。(笑) 下画像は真竹のおこわ。
今年の真竹は代わり映えのない煮炊きで使い切りました。また来年まで。
[PR]
by hal_84 | 2008-06-25 11:42