大根のつぼ漬けとかぼす蕎麦。

土曜日のこと。

朝出勤して、いつものように真っ先にPCの電源を入れると何やら不穏な表示。

ファイルが壊れているか存在しない可能性があるので起動できませんでした。

あちゃ。またやった?

家のPCも壊し続けてますが、職場のコンピューターも何台壊したでしょう。
いえ、壊すつもりもなく、ぞんざいな扱いをしてるつもりも毛頭ないのですが、
ひたすら壊れていくわけで。

大事なものは共有フォルダに入れているのですが、仕掛りの仕事は自分の
デスクトップに仮置きしてるのでこれが厄介です。
御歳70歳、本社のカリスマMr.データマンYさんに助けを求める。

マッハのスピードでやってきて、「どうする?リカバリしても大丈夫か?」と言われる。
データ抜いてる余裕もないので、「リカバリしましょうか?」ということに。
リカバリ後、再びネットワークの構築(これが大変)、イラレ、フォトショなんかの
ソフトをインストールしなおして何とかお昼までに使えるようになりました。
ハードは大丈夫だったようで何より。

この後、会議だったのですが、会議用のプレゼンは昨日に仕上げ、既にUSBに
保存しておいたなんて、当日にバタバタする私としては画期的な所業であります。

リカバリしながら、この間、何やらのソフトを買いに行ったら9800円で買えたよ。
昔に比べると随分安くなったもんだなと、最近のソフト事情をあれこれ語られる。
70歳現役、まさしくコンピュータヲタとお見受けした。(笑
半世紀生きてきたな~なんてシミジミしてたけど、まだまだ私はヒヨッ子です。



d0020789_642565.jpg
大根のつぼ漬け改定版。
この間から頻繁に作っているつぼ漬けです。
もっと保存性を高めるために少々改定しました。
(赤字のところが改定したところ。)

*材料
大根2本、塩大さじ2、生姜一片千切り、鷹の爪輪切り、塩昆布半袋、白胡麻

*調味料
醤油1カップ、酢100cc、砂糖150g

①大根は皮を剥き、縦に4つ切りにして2~3ミリのいちょう切りにします。
大さじ2の塩をふり、重石をして一晩置きます。(水が上がります)
②調味料を合わせて煮立て、①の大根の水分をよく絞り入れます。
③再び沸騰したら大根だけを取り出し、ザルに上げます。
④煮汁は半分になるまで煮詰め、火を止める間際に生姜の千切りと
鷹の爪の輪切りを加えてから火を止め冷まします。

⑤大根と煮汁を混ぜ合わせ、白胡麻、塩昆布を加え冷蔵庫で冷やして完成。

きゅうりのキューちゃん同様、大根もギュっとよく絞る事がパリっとする秘訣の様です。



d0020789_6431899.jpg
かぼす蕎麦。
不思議な絵図らでしょ?
ぱんださんが遭遇したお蕎麦の食べ方。本家は酢橘(すだち)で作ってました。
温かい出汁をはったとこに大分のかぼすのスライスを載せるだけ。
これが滅法美味しい。柑橘の香りと仄かな酸味がマッチングしてます。
冷たい出汁ぶっかけでも美味しいことでしょう。
これがレモンだと微妙な味になるかも。酢橘、かぼす、柚子の青いのがいいですね。


d0020789_6434178.jpg














ちなみに今日は干し海老を戻した汁も海老ごと加えて鰹と出汁を作っています。
以前、クロマメさんが送ってくださったもの。
上等の干し海老だったので大事にしすぎて賞味期限切らしてしまいました。(笑
ぜんぜん問題ありません。
大阪の人は素麺のお出汁を作るときによく干し海老を使いますね。
[PR]
by hal_84 | 2008-08-25 11:48