野沢菜漬けとポン酢作り。

今年も残すところ一週間なんて、、、
さっきやっとネットでお歳暮を贈る段取りをしました。
今日は会社さぼりました。
主婦には他にも仕事があるのであります。(笑


d0020789_1173530.jpg
この間漬けた野沢菜。まだ少し浅いかな?と思いながら一束あげてみました。
カブを後に入れたとき、念のためにと一掴みの塩を振ったのが
少々余分だったのか塩が勝ってしまったかな?
でも、醤油の仄かな香りが相まって美味しい野沢菜漬けになってます。
カブのほうも普通のカブと違って少々固めの独特な美味しさです。

元来、寒いところで漬けるものですが、今年の大阪は一向に寒くならず
少し心配していましたが、なんとか成功です。
ほかほかご飯と一緒に食べながら、あ~幸せな味わいでした。


d0020789_8163367.jpg
ポン酢作り。
随分前にti-koさんが柚子を沢山送ってくれました。
お家の柚子が毎年沢山生るそうで、去年のポン酢作りの記事を見て
来年送りますからねと言っていてくれたものです。
時間がなくて随分放置のままでしたが、柑橘類は追熟するので
小ぶりの柚子でも沢山の果汁が取れました。

少し大きく写ってるのは大分から送ってもらったカボスです。
青いカボスも黄色くなってしまってます。
これを横に半分に割り、絞り器で絞ります。
約500ccほどの果汁が取れました。

d0020789_817012.jpg
果汁5に対して醤油5、味醂は好みで1~2の割合で入れます。
昆布と沢山の鰹節を加え、一日寝かせ、細かい目のザルなんかで濾して
清潔なビンなどで保存します。酢類はプラスチックを嫌うのでジュースやお酒の
ビンが適しているでしょうね。
といいながら、空いたお醤油のプラ容器にいれました。(笑
約1000ccのポン酢ができ、ちょうど冷蔵庫に収まるので便利です。

一番美味しくなるのは3ヶ月くらいらしいですがそんなに待てないので、
去年は1ヶ月くらいから使いました。

d0020789_8172382.jpg
絞った柚子の皮は中の薄皮をとり、天日に干してお風呂で使います。
干さなくても使えそうですが、生のままだと結構肌にピリピリきます。

d0020789_8175683.jpg

d0020789_7301333.jpg
濾して絞った鰹節にはまだまだ旨味と柚子果汁が残っていますので、
茹でたほうれん草と和えたり、湯豆腐に添えたりすると手間いらずの
一品になったりします。

d0020789_8181254.jpg
これは先だって農園の方に送ってもらった小芋に、まだ萎びてなかった柚子の皮を
添えたものです。柚子皮はお浸しに添えても香りのご馳走ですよね。
[PR]
by hal_84 | 2008-12-23 11:25