青梗菜とアボガドタルタルソース。

18歳の末娘は麻疹の予防接種を3月までにしないといけなかったのですが
ずっと後送りにしていたら、1月末の大学への提出用紙にも麻疹に関しての
項目もあり、慌てて予約し、病院で待ち合わせて何とか間に合いました。

18歳なのに保護者同伴なのだそうです。
しかも母子手帳もいるそうで、十何年ぶりに引っ張り出しました。
先生いわく、大阪の予防接種率はかなり低いのだとか。
以前、大学で麻疹が流行り大変な事態になってるニュースがありましたね。
親も小さい頃は心配で、せっせと受けるものは全て受けさせるのでしょうが
この期に及んでは、すっかり安心して忘れているのかもしれません。


d0020789_740255.jpg
簡単青梗菜炒め。
先月だったか青梗菜(チンゲンサイ)の産地を訪ねるというのを
トミーズのケンちゃんがやっていて、その農家のお母さんが
ささっと作っていた簡単おいしい料理法です。

d0020789_721350.jpg
青梗菜のカブのほうをバラバラにしないで根元がついたまま
6等分くらいのくし型に切ります。

先ず、豚肉を炒め(今日は皮付き三枚肉を少々厚めに切っています。)、
焼き色がついたら軽く塩胡椒して豆板醤を加え満遍なく炒めます。

そこにくし型に切ったカブのほうから炒め合わせ、柔らかい部分は後で。
最後はお酒少々でのばしたテンメンジャンで仕上げます。
(実際にはお酒でのばさずダイレクトに入れていました。)
一気に仕上げてシャキ感を残すほうが美味しいですね。

青梗菜が安いとき、仕事で遅くなったとき、もう何度か食卓に上りました。
かぶをくし型に切るっていうのが楽しい調理法ですね。


d0020789_7103644.jpg
アジフライのアボガドタルタルソース
アジフライと言えば、いつもタルタルソースですが、この日はアボガド入り。

玉葱、ゆで卵、黄パプリカのみじん切り、きゅうりのピクルスが切れていたので
ケイパーの酢漬けをみじんにして加えました。
アボガドは1センチ角位に切り、色止めにレモン汁をかけておきます。
マヨネーズ、豆乳少々(牛乳)、塩胡椒少々。

我が家にはマヨラーのアボガド嫌いもいるのですが、美味しかったようです。
この日のアジフライは生協できた冷凍を揚げただけ。
節操のないタルタルソースてんこ盛りに画像を見てから大笑いです。
[PR]
by hal_84 | 2009-01-30 13:41