入学式やらムカゴご飯やら。

末娘の大学の入学式でした。
またまた恐ろしく寒い日でした。
慌ててタイツやら冬物コートを引っ張り出し。

d0020789_853683.jpg


d0020789_8535510.jpg
ここは~山の中です~♪
誰も来やしません~♪と葛木ゆきさんのヒット曲が蘇るようなスペシャルな環境。

d0020789_858302.jpg
やたら樹木に囲まれておりますぞ。(笑
邪念を捨てて学べるって最高~~かな? 頑張れ!(笑

翌日から連日、朝早くからオリエンテーションやらで通学しています。
今日も土曜日にも係わらずお弁当を提げて出かけていきました。
ゴロゴロしてたのがいなくなるとスッキリしますね。サッパリ感満載です。(笑



d0020789_9371662.jpg
珍しくムカゴが売られていました。
山芋のツルに生るまるっこい芋のようなもの。どういう意図でなるんでしょうね。
昔、飯ごう炊さんなんかで放り込んだ記憶があります。
この日は5分つきのお米に鶏肉と椎茸を入れて炊き合せましたが、豆ご飯のように
塩味のシンプルなものの方がムカゴの美味しさが引き出せたかなと思ったり。


d0020789_945151.jpg
もう筍が売られていてびっくり。
寒いので季節感を感じてなかったのでしょうね。
いつも田舎から大量送られてくるので、自分で買ったのは何年ぶりでしょう。

我が家の2本の山椒の木も芽吹いてきて、しっかりオカンに摘み取られ。(笑


d0020789_9482473.jpg
いかバター醤油。
生協からスルメイカが4杯届いたので久しぶりに作りました。
モンゴイカなんかで作るほうが色目的にきれいですよね。
なるべく皮を剥がして赤く仕上がるのを抑えたいとこです。

①水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取ります。
②フライパンをガンガンに熱し、サラダ油を入れ、イカ投入。強火で炒めます。
③醤油を入れ、更に炒めたとこで酒をふり、酒がとんだとこでバター投入。
④バターがからむように炒め合わさったらできあがり。

バターと醤油とイカの香ばしさが絶妙。


d0020789_9534047.jpg
「いかの塩辛」。
同じ大きさのスルメイカでもワタの大きさや色は様々ですよね。
この日のスルメイカの中にとても大きなワタを持ってるのがあってそれを使いました。
「いかの塩辛」の作り方は以前のこちらから。
[PR]
by hal_84 | 2009-04-04 11:21