カテゴリ:*魚レシピ( 29 )

はりイカと格闘しました。

d0020789_16294571.jpg「ばーさんがじーさんに作る食卓」でお馴染みのお二人のブログが昨年の11月に本になっています。
Amazonで何かと同梱してもらおうと思って時を逸してしまってたのですが、普通に本屋さんに並んでいました。HAL界隈の小さな書店にもあることが実に感動的です。

私はcincoさんのあまり優秀ではない弟子のつもりでおりますが、こうやって手にとると身内のことのように嬉しいです。私の沢庵漬け仕事も切干大根作りもみんなcincoさんに習ってやってきました。
一部ブログのコメントが載っています。
何とdino嬢やクロエお姉さまのコメントあり!

で、最後にコメントを寄せた皆さんのお名前が列記されていて私も加えてくださっていますね。
ネームカードができてアクセスが見れるようになりましたが、お二人のブログから飛んできて覗いてくださる方がHALブログのダントツ一位です。
如何にお二人のブログが沢山の方に支持されているかがわかろうものですね。
これからも末永くお元気で美味しいお料理を披露していただきたいものです。


d0020789_1212531.jpg














cincoさんのお話の後に私のほにゃらら料理を披露するのが
大変恐縮な思いではありますが。(笑)
はりイカが売られていました。プリプリとした食感で、身の厚いイカです。
剣先イカのようなビジュアルの美しさはありません。。。

d0020789_12103070.jpg


















スミがかなり多いイカなんですが、取り出し失敗。
爪が真っ黒に染まってしまった。このあと久々に長く伸ばした爪を切るハメに。(笑)
左手にイカ持ちながら右手でシャッターを切る。かなり笑える。

d0020789_12151923.jpg















先ずはお刺身に。プリプリして美味しいです。
けれど・・・・・なんちゅうワイルドな盛り付けやねん・・・・・!

d0020789_12174652.jpg















ゲソのほうはオリーブオイルでにんにくを炒めて塩コショウだけ。
足もプリプリ。

d0020789_12194252.jpg















最後は何と言っても塩辛。
塩辛は本来スルメイカで作りますが、スルメイカと違ってワタは小さいです。
でもコリコリ感は素晴らしい!
足やらお刺身にできない部分を使っています。
塩で揉んでぬめりをとって洗い流してから水分を拭き取り、適宜に切ります。
私はいつも塩、酒、みりんでワタをのばしてイカを加えます。
一晩置いたほうが断然美味しくなります。
[PR]
by hal_84 | 2007-04-10 16:55 | *魚レシピ

超簡単。まちがいのない鯖の味噌煮。

涼しくなってまいりましたね。
といいつつ、まだ大阪昼間は汗ばむ陽気です。
ようやっと仕事上に助っ人がやってきて、長らくの脳内マヒも終息に近づきつつあり
ほっと一息の秋の夜長でございます。(つか、夜中ですがな。)

d0020789_3324488.jpg
鯖の味噌煮というのは簡単なようで難しい。
いつも可もなく不可もなく作ってたわけですが、HAL夫が珍しく「うまい!」
唸ったので、載せる価値ありかと思いピンボケですが披露致します。

それもそのはず、ウマイものはいつも他所から仕入れるわけで、
いつもメルマガを送ってくれるall about から敬愛する土屋さんの必殺テクより。

鯖の味噌煮は鯖が重ならないことが大事だそうで、このレシピはフライパンを使います。
HALんち、でっかいティファールのフライパンで、大きな切り身が6切れ並びました。

【鯖一尾(切り身で4切れの場合)に対して】
先ずフライパンに酒を200ccを煮切ってアルコールをとばします。
火を弱火にして赤味噌大さじ3、きび砂糖大さじ3を溶かします。
(土屋さんは赤味噌3:きび砂糖2の割合でしたが同比でもいいかと。)
※八丁味噌じゃなく、うまい赤味噌が決め手のようです。
鯖の切り身と薄切り生姜もいれてフタをして6~7分煮込みます。
6分程してスプーンで煮汁を鯖に回しかけ、またフタをして4分ほど煮込みます。

たった10分でおそろしく旨い鯖の味噌煮の完成。白髪ネギをあしらって。
煮汁が少ないので残ったものを再び温めると水分不足になりますが、
またお酒を足して煮切れば全然OKです。
鯖の味噌煮って難しいのよね~とお嘆きの貴兄に。試す価値あり。
人のレシピだと強気やな。(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-10-15 03:59 | *魚レシピ

リーバイスとアサリのオリーブオイル焼き

怒涛の繁忙期が続いております。昨日は休日出勤でした。
近年にないくらいこの年寄りは働いております。これもまたいつか終息するでしょう。
夜中に目が覚めてパンツいっちょの姿に自分でびっくり。
パジャマに着替えようとしてそのまま布団に倒れこみ記憶をなくした模様。(爆)
笑うしかございません。


d0020789_991973.jpg













ネタもないのでGパン話をば。
ちょいと割引があったので501を買ってささやかな自己満足。
実はHALお尻の肉が薄い。
若い頃よりはるかに体重は増えたものの、もちろんお尻の肉も増えたであろうが
ウエストに比べるとその比重はアンバランス。
お腹周りに合わせてGパンを買うとお尻の辺がダブつく。
最近はローライズもどきの股上なのでこれが非常に危ない。
スポっと抜けて半ケツ状態になったこともしばしば。
誰もオバサンの半ケツなんぞ見たくないであろうから
ウエスト無視してお尻に合わせてGパンを買うと腰骨にさわる。
なんともバランスの悪いプロポーションなのであります。
体重を落としてしまわねばこのGパン難民の日々は続くのでしょうね。
ともあれ、501は伸びない。骨盤は痛いけど・・・



d0020789_929439.jpg














アサリを酒蒸しにしようかアサリバターにしようかと悩んでいたら
お酒も切らし、バターもないことに気がついた。
で、フライパンに洗ったアサリを並べてオリーブオイル少々を回しかけ
フタをして口が開くまで蒸し焼き。
お皿に盛って胡椒ガリガリ、パセリを散らしてみたらこれがうまい。
定番化決定! え?みんな知ってた?もしかして?



d0020789_9375640.jpg














以前にも載せた鶏モモ肉の塩唐揚げ。
最近帰宅が遅いので、これが非常に助かります。
モモ肉を一枚のまんま揚げるので時間が押すときも大丈夫。
子供達もこの塩唐揚げが一番美味しいそうです。
作り方はこちらから。
[PR]
by hal_84 | 2006-09-24 09:47 | *魚レシピ

少し秋の気配ですね。

朝のお洗濯の続きをしながらどうも寝てしまったようです。
日曜日を無為に過ごしてしまったような。(笑)
夏の終わりに扇風機をだしてきて、その風がみょうに心地よかったので。
残暑厳しいといいながら朝晩はめっきり涼しくなってきました。


d0020789_15451766.jpg
















パスタをしました。



d0020789_15485926.jpg















イサキのアクアパッツアつきの。


小ネタで落とそうしたんですが、全然おもしろくないな・・
あかん、芸人として失格や。
いや、そういうブログではなかったはず。


d0020789_16331622.jpg















デブ猫、オカンのバッグに無理矢理入ろうとする図。
どう見ても君の個体が入れるサイズとは思えないけど。
こうして誰のカバンにもはいって寝ようとするんですよね。
末娘の通学カバンは大きくて安定がいいのでお気に入り。
朝からカバンの中に飛び込むアイ。引きずり出す娘。
これをずーっと繰り返して大騒ぎ。ほんま学習能力のない二人です。
[PR]
by hal_84 | 2006-09-03 16:31 | *魚レシピ

鯖と白髪葱の南蛮漬け

さて、皆さんお盆休みに突入されたことと思います。
私は昨日までよく働きました。
相変わらずお風呂上がってまどろみ、PCに張り付く間もなく朝を迎え
自分で呆れ果てております。
今日の日曜を含めて3日間という史上初めての短い休みをもらい
ここ暫くの取り残した雑事をこなしたら、帰省する間もない事となります。
今も洗濯機がフル回転しておりますよ。(笑)
気分的にはのんびりなので、大事に大事に骨休みしたいと思います。


d0020789_8442375.jpg















目新しいレシピもないのですが、最近作った中で一番美味しかったもの。
ゴマサバという小ぶりのよく太ったぷりぷりの鯖で作りました。
白髪葱をいっぱい作って漬け込みます。

出し汁、酢、醤油、酒、みりん、鷹の爪をさっとひと煮たちさせて冷ませます。
そこに隠し味で柚子ポン酢少々を加えました。
三枚に下ろした鯖を食べやすい大きさに削ぎ切りします。
塩少々をふり、水分をペーパーでふき、片栗粉をまぶして揚げます。
揚げた先からこの合わせ酢に放り込んでいきます。
白髪葱も加え、味が馴染んだら出来上がり。
あったかいままでも、残ったら冷蔵庫で冷やしても美味しいです。



d0020789_10503422.jpg
















白髪葱をいっぱい作ったら青い芯がいっぱいでたので、
大根と共に細切りにして比内鳥スープで鶏つくね汁に。
この時の鶏だんごはモモ肉とムネ肉をトントンと叩いて作りました。
黒七味をかけていただきました。
鶏だんごの作り方は以前のこちらから。
[PR]
by hal_84 | 2006-08-13 09:13 | *魚レシピ

鯖と大根の鍋

大きくて綺麗な生鯖が売られていて、「三枚に下ろしてください。」と、お願いするものの
なかなか出てこない。時間が押すからお願いしたのに、店の中をイライラうろうろ。
「あのう、魚屋さんが帰っていないので、素人がしたんですが上手に下ろせてません。」
見ると、尻尾の部分が身が潰れてはみだしてる。それなら自分で下ろしたのになあと
内心ガッカリしていると、「申し訳ないので500円を300円にさせていただきます。」
わう!やった!一気に機嫌がなおった私であります。(笑) いや~ね、おばさんって。

d0020789_6555623.jpg
栗原さんのレシピにあったものなのですが、新鮮な鯖が手に入るとよく作ったものです。
長く切った大根がツルツルと喉越しがよく、子供達も大好きでした。

材料:
鯖、大根、下味(生姜汁、醤油、酒)、煮汁(出し汁、薄口醤油、酒、粒コショウ)

作り方:
①鯖は一口大にそぎ、下地の調味料にからめておきます。
②大根は皮を剥き、16~18センチくらいに千切りにします。
③鍋に煮汁、生姜の薄切りを入れて煮立たせ、鯖を入れて、アクをとりながら煮ます。
粒コショウはまるのまま加えるのがポイントです。画像では沈んで見えないですね。
鯖に火が通ったら、大根を加えてさっとひと煮立ちさせます。

彩りの青みは三つ葉、水菜などお好みで。
器にとり、レモンを絞ったり、柚子コショウやポン酢をかけてどうぞ。
鯖も大根も臭みが全くなく、お汁もとっても美味しくいただけます。
[PR]
by hal_84 | 2006-07-26 12:30 | *魚レシピ

焼き蟹

d0020789_2335384.jpg
カニが届いたので、焼きカニに。
天板に水をはり、網を載せてオーブンを最高の250℃、300℃で予熱。
分量に合わせて10分~15分オーブンで焼きます。
素材の味だけで。みんな無言で食べます。(笑)


d0020789_2381038.jpg
足だけをオーブンで焼き、あとはお疲れトーサンのためにカニ味噌入り湯豆腐に。
アイさん!手が!3秒後に思わず引っ込めたけど、ごっつい熱かったはず。
しかし、火傷した気配もなく・・・


d0020789_23123551.jpg
年に数度しか食卓に上らない中トロ。ひどい切り方ですが、そこは愛嬌で・・・


あと、かんぱちカマも炊いたのですが、アイの猫手攻撃でみんなブレブレ。
魚の国の人やな~と家族で溜め息。
山猫の種はお魚とお肉とどっちが好みなんやろかと家族で疑問に感じた夏の宵。
[PR]
by hal_84 | 2006-07-23 23:23 | *魚レシピ

もう今日はのっけただけ。

私の風邪がうつったのでしょう。
昨日、末娘が昼から帰ってきて熱だして寝てるからとご近所のおばさまから
携帯に電話があって夕方あわてて帰ってきました。
近くの他人という言葉がありますが、ほんとに有難いものです。
娘も風邪で病院にかかるのは小学校以来だったのですが、
もらった薬が小学生の時と同じシロップとオレンジ味の粉薬で笑ってしまいました。
一日休んで熱もすっかりひいて、熱さまシートをオデコに貼り付けてる姿を見ると
やっぱり小学生の頃と何ら変りないのでした。(笑)

d0020789_22315987.jpg
















食欲もでてきたようなので、特製親子丼、芽カブのっけ。
「おか~ん、普通お粥やろ。」 「そうでした・・・」 (笑)


d0020789_2259479.jpg
















スーチカ仕込んでて、もう10日~2週間くらい経つでしょうか。
そろそろ消費せねば危ない。これは酒の肴に。


d0020789_2355871.jpg
















こんなこともしてみましたが、微妙・・・ビジュアル的にはOK。(笑)
多分、長く喉をやられていたので味覚が混乱していると思われます。

さて、そろそろ通常モードに戻って美味しいものを作らねば。(^^
[PR]
by hal_84 | 2006-07-12 23:17 | *魚レシピ

イサキのアクアパッツア

以前にも何度か載せたアクアパッツアですが、どうしてもイサキで作ってみたくて、
しかし、大阪にあっては高級魚。家族分となると、なかなか手がでません。
今日は比較的リズナブルな値段。これは是非作らなくては!と再々登場です。
最初に作った「鯛のアクアパッツア」はこちら

アクアパッツアのアクアは文字通り、水です。スープを使わず、水で煮込む料理。
魚介の旨みが濃縮されて、素材の味が引き立ちます。我が家では子供は煮魚が好き、
主人は焼き魚がと、ばらばらなのですが、これは皆が納得。
材料はいったん揃えておけば、白身の魚と貝類が手に入れば簡単にできます。
姿そのままでも、切り身でも。濃厚なスープはパンにつけて食べると美味しいらしい。
(最近、パンを食さないので仮定ですが・・・笑)
子供はスープをパスタに絡めると美味しいと言ってました。

d0020789_8253747.jpg

材料:
白身の魚、アサリ(ハマグリ、ムール貝があれば更にイタリアン。)
オリーブ(青いのでも黒いのでも。)、ドライトマト(プチトマトでもOK。可愛くなります。)
ケイパー(スモークサーモンなどにトッピングしてある青い蕾の粒。)1人当たり5~6個。
にんにく、オリーブオイル、塩コショウ、パセリ(刻んで最後に。今日はまんまの飾り。)

作り方:
魚に塩コショウをして、フライパンに油を熱し、両面を焼きます。
①で出たフライパンの油をいったん捨て(キッチンペーパーで吸い取るといいでしょう。)、新たに油を加え、みじん切りのニンニクを炒めます。
(魚はフライパンに入れたままで。)
ニンニクに色がついてきたら残りの材料をすべて入れ、ひたひたの水を注いでアクを
取りながら8~10分ほど煮込みます。私は家族分すべてを中華鍋で一度に作ったので
この時間かかりましたが、少量の場合は煮込む時間を加減してください。

手順さえ踏めば、どなたでも簡単にできる美味しくて失敗なしの魚料理です。

遅くに主人とのんびり食べてたら、背後からアイさんがよじ登ってきて肩にのり、
回り込んで私の唇をカプッ!痛っ!魚のいい匂いがしたんでしょうね。さすが、猫・・
[PR]
by hal_84 | 2006-06-27 01:39 | *魚レシピ

赤魚のバター醤油焼き

d0020789_14335019.jpgいつも思うんですが。
赤魚という魚は「赤魚」というのが正式名称なんでしょうか?冷凍ものは淡白に見えて意外と特有のクセがあり、これが結構苦手だったりして。
この間の「イカバター醤油」と同じ作り方をしたら美味しかったです。

①切り身にした赤魚をサラダ油で両面焼きます。
②醤油をふり、さらに両面を焼きます。③お酒少々をふり、アルコールがとんだところにバター投入。全体に馴染んだら出来上がり。 う(◎o◎)まっ~



d0020789_1444592.jpg「長芋の筑前煮」
あ、これ母仕様の分なので鶏肉入ってません。(^^
とにかく最近長芋が異様な安さ。おかしいな~中国産なんだろか?調子こいて買い続けると、さすがに飽きてきました。この人参、フルーツキャロットといってあまりの美味しさに毎々生協で注文しています。スティックでも人参ジュースでも生で食べると甘くて格別な味です。



d0020789_22215831.jpgおまけ。
プラビンに入って売られてる硬~いゲソあるでしょ?何故かあれが好きな家人。好き嫌い多いくせに、こんなジャンクなものが好きなんですよね。自分で買ってきてはビール飲んでる。これを酒につけてふやかして粉ふってから、その浸けてたお酒で衣を作り、天ぷらにしました。本人が食べる前に子供が全部食べちゃった。ワハハ。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-10 15:34 | *魚レシピ