<   2005年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

手羽先と里芋の煮物

d0020789_2039150.gif
手羽先と里芋は相性がいいので定番おかずかもしれませんね。
手羽肉から旨みがうんと出るので割と失敗知らずなところもある煮物でもあります。
今日は買い込んで飽和状態になってる大豆のパッ缶と人参もついでに入れました。
この人参、生協で来たものですが金時かと思うほど赤い。

赤い人参と、このところの寒さは何か今年も押し詰まってきたぞみたいな感があります。
若い頃は、この押し迫る感が好きでしたが、最近はクリスマスもお正月もパスしたい。
歳を重ねどうも性格がのんびりとしてきたようで、気合不足も甚だしい昨今であります。

今さらですが、
作り方:
里芋は皮を剥き塩でもんでぬめりをとって洗い流します。
手羽先は内側に骨にそって切れ目を入れ鍋に油をひき両面を焼きます。
里芋を加え出し汁をひたひたにはり、煮込んでいきます。
アクをすくいます。ふつふつと里芋から出る泡状はきりがないので
残しておいても大丈夫です。(火を止めると消えます。)
このぬめりが肝臓にいいらしいです。(先日も学習しましたね、酒飲みは里芋食うべし。)
お酒少々、醤油、砂糖、みりんを入れて味を整えます。
里芋に箸が通ったらできあがり。
*少し甘辛いほうが手羽先が入っているのでいいかもしれません。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-31 23:38 | *野菜レシピ

お漬物あれこれ

d0020789_2371922.gif
今日は所用で一日出かけていて疲れてしまいました。
胃袋のほうも疲れているのか主人がお茶漬けでいいからと言うので冷蔵庫のお漬物を
総動員したら絵面が面白そうなので撮ってみました。

*茄子の辛子漬け:
これは我ながら美味しかったです。レシピいる?(笑)
*高菜漬けの油炒め:
お土産でもらったものですが、いつもこうしてしまいます。レシピはこちら
*胡瓜のQちゃんもどき:
これは開発途上。味改変の余地あり。
*茗荷の甘酢漬け:
普通に甘酢を作り鷹の爪を入れて数日おきました。焼き魚に添えてもいいかもです。
つうことは、らっきょう酢とか寿司酢に鷹の爪入れても同じになるかな?

*****************************************************
すみません。(^ー^)ゞ
レシピいる?とか聞かれたら「いる」と応えて下さるのが優しい皆様ですね。
では以下、作り方。

材料:
茄子、塩 
[辛子漬けベースの割合]粉辛子1、醤油1、みりん1、酢0.5、砂糖0.5
この割合で粉辛子を溶くように混ぜ合わせます。(こんな書き方でわかるかな?)
実際すごいアバウトな計り方をする人間ゆえ、味見した時点で足りないものがあったら
足してください。
作り方:
茄子は縦割りに8等分して3センチ位に切り揃えます。
(半月切りとかでもOKと思いますが。)辛いので小さいほうが食べやすいです。
①をボールに入れて塩をふりボールをかえして塩を均一にし馴染ませます。
1時間くらい置いてから茄子を手でギュッと搾り水気をとります。
ビニール袋などに②の茄子と辛子漬けベースを入れ均等になるようにビニール袋ごと
そっともみ合わせます。
*すぐにでも食べれますが、茄子から水分がでて粉辛子の粉っぽさがなくなり
よく馴染むまで袋の口を閉めて冷蔵庫に入れておきます。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-30 23:45 | *漬物・保存食

水茄子のグリーンカレー

d0020789_1642842.gif
秋茄子まつりとかいうのをやっていて、そこに水茄子が鎮座していた。
水茄子に秋物があるのかっ?!と、ちいと叫んでみたい気もして、違うお店には
○○産の米茄子とPOPが立っているにも拘わらず、どうみても、これ水茄子じゃんと
再び叫びたくなり、(オバサンはうるさいわねぇ・・・)
と言いながらも、いっぱい買い込んだ訣ですが、先般買っておいていたグリンカレーキットも
あるので、お昼ごはんに水茄子を沢山入れて作ってみました。
ココナッツミルクもナンプラーもなんとか蜜柑のドライ葉っぱもちゃんとセットされていて
小学生にも作れる手軽さ。(グリンカレー食べれる小学生はそうそういないだろうけど。)

でもセットされてる葉っぱが、避けて食べるのが面倒なくらいに沢山入ってる。
しかも子供たちは激辛に恐れをなして昨日のお好み焼きの続きをしてる・・(笑)

でも茄子って不思議ね。お味噌汁に入ってるのが嫌だという人が多いのに
ミネストローネやグリンカレーにはすごく相性がよくて必須アイテムかのような。
茄子の起源はインドだったかな?それならグリンカレーに入れるのは合点が
いくけれど、ヨーロッパではポピュラーじゃないのに、でもイタリアでは消費されてて・・
混線したきたぞ。身体を冷やすといわれるのは万国共通のようではあります。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-29 16:38 | *野菜レシピ

大阪お好み焼き事情

d0020789_22524899.gif
大阪人は「お好み焼き」にうるさい。しかも確固たるポリシーをみんな持ってる。
「お好み焼き」に関しては総カリスマシェフ状態である。(笑)
私は遅れてきた大阪人なので、方々で薀蓄を聞かされても「たかがお好み焼きじゃん」と
高をくくってた節もある。「今日の夕飯はお好み焼きにしよう。」と友人がいうと
何故にお好み焼きが夕飯になるのか?飯作りの姿勢まで疑ってしまったものです。(笑)

これは食文化の違いでもあるでしょう。
が、お好み焼きを「されどお好み焼き」にまで高めたのは大阪人の揺るぎない拘りの
精神であるに違いない。と、前フリはこのへんで・・

大阪の街はお好み焼き屋だらけです。でも全てが美味しいとは限らない。
HALご近所でも雑誌に取り上げられるほど美味しい行列のできるお店がありますが
こんな美味しいお好み焼き屋さんは稀だといっても過言ではないでしょう。
で、大阪人はいうのです。「やっぱ、家で作るお好み焼きが最高やわーーー♪」

d0020789_23185138.gifお好み焼きがTVの料理番組で取り上げられることも多い。
大阪のタレントさんが寄ると薀蓄話は数限りないですが、必ず皆さんが言うには「天かす」と「山芋」が必須ということですね。某有名店の大将も同じことを言っておられました。
「天かす」が無ければお好み焼きを焼かないとまで断言していましたね。

私は広島にも住んでいたので、お好み焼きにはそばうどんを載せるのが慣例になってますが、大阪ではこれを「モダン焼き」と呼びます。
そばモダン・エビ入りお好み焼きを今日も焼きながら「やっぱり家で焼くお好み焼きが最高ね~」とつぶやくのでありました。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-28 23:40

黒酢豚

d0020789_22125758.gif
今日、気合入れました。(笑)
以前に香酢を使うレシピを検索してて出会った酢豚なのですが、マジ美味しいです。
(画像が悪いので伝わりにくいかと思いますが・・)
酢豚は甘いのが定番みたいなとこがあって、ビール飲みながらつまむ分にはいいのですが
これがなかなかご飯のおかずになりにくい。パイナップルとか入ってると泣きが入ります。
(全国パイナップルファンの皆様ごめんね。)
ご飯に合って、肴にもなって、かつヘルシーでウマイと唸らせる酢豚です。
すごい自分で褒め称えてるようですが、これは元祖レシピが存在するのでその料理家の
方に敬意を表してですよ~(笑) 

でも私流にアレンジはいってますので苦情はHALまで。
以下レシピ。

材料:
豚肉(もも肉かヒレ肉)、山芋、玉葱、付け合せ用白髪葱
*合わせ酢(約4人分):生姜と長ネギのみじん切り、黒酢大さじ4(香酢でも国産でも)
醤油大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ2(甘目が好きな方は多めに。用意できれば黒砂糖)
塩少々、水大さじ2、片栗粉大さじ1
*豚を揚げる衣:水、片栗粉、油少々(とろっとした感じで)

作り方:
豚肉は一口大に切り、酒、醤油を入れて馴染ませます。
山芋は乱切り、玉葱は根っこの部分を切り離さず4~6等分(大きさによって変えてください。)
山芋、玉葱の順に入れ素揚げします。
①の豚を衣をつけてカリッと揚げます。
フライパンor中華鍋に油をひき、合わせ酢を入れて、ソースがプチプチしてきたら
素揚げした山芋、玉葱③の豚を入れ混ぜ合わせます。
器に盛り白髪葱を添えて出来上がり。

元々はお肉だけのレシピだったように思います。
山芋のほっこりとした美味しさがお肉によく合います。
パイナッポーはやはり入れないほうが賢明でしょうね。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-27 23:46 | *お肉レシピ

するめいかのバリエ

我が家の「空」の訃報に際し、皆さんから暖かいお言葉をいただき感謝申し上げます。
皆さんの心にも幾許かの負担をかけてしまったのではないかと心苦しく思っております。
無作法をお許しいただき、またいつもの賄いブログに戻りますので宜しくお願い致します。

生協からいつものようにするめいかが届いていました。
ほぼこれはお刺身と塩辛になってしまうのですが、どうも酒呑みは塩分過多になりやすく
危険な年頃ですので少しヘルシーに仕上げてみました。

d0020789_2218721.gif「するめいかのマリネ」
材料:
するめいか、玉葱、人参、セロリ等
[マリネ液]酢、レモン汁を合わせたのと同量のオリーブ油(もしくはサラダ油)、塩、コショウ、砂糖少々
作り方:
玉葱、人参、セロリ等はスライスして水に放ったあと、ザルにあげ水切りをしておきます。
先ず、するめいかは足と胴体を抜くように離します。三角の耳の部分(正式な名前がわかりません。)を切り、一気に皮を剥がします。新鮮なものはきれいに剥がれますが、剥きにくいときはペーパータオルやフキンを使って剥いでいきます。胴は輪切り、足は1本づつ切ります。
②のいかを容器に入れ、塩少々と酒をふりラップをしてレンジに2~3分かけます。
①と③をマリネ液と共に合わせ、馴染ませるために少しおきます。(時間があれば1時間位。)
器に盛り、パセリを散らして出来上がり。
*画像のきゅうりはピクルスです。*鶏肉も同様にお酒をふってレンジにかければ素材としてすぐ使えます。旨みも逃げず、中までちゃんと蒸されています。


d0020789_22444989.gif「するめいかのワタソース炒め」
オーブンで焼いたり、ホイル焼きしたり色々試してみましたが、単純にフライパンで焼くのが一番美味しいようです。
材料:
するめいか、ネギ、生姜汁、酒、醤油、塩、コショウ、炒め油として胡麻油
作り方:
マリネと同様に胴体と足を離します。胴は筒切り、足も切りわけます。ワタは使います。
薄皮からワタをとりだしスプーンなどで潰します。ネギみじん切り、生姜汁、調味料をを合わせワタソースを作り、①と合わせます。
フライパンに胡麻油を入れ、②を炒めます。炒まって水分がとんだら出来上がり。

文字にすると長ったらしいですが、ふたつとも合わせるだけなので結構簡単です。
新鮮なするめいかが出回ったら恐る恐る試してみてください。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-26 23:44 | *魚レシピ

空のこと

d0020789_8455133.jpgうちのワンコ「空」が急死しました。
子供が明け方まで起きてて、それまではずっと側にいたらしく、私が起きるまでのほんの1時間か2時間の間だったようです。
昨夜は珍しく長いこと私に抱かれてウトウトして、子供が「空、幸せそうな顔して寝てる、やっぱりお母さんは空のお母さんでもあんねんなぁ。」と言ってたばかりです。

我が家の歴代3匹目のワンコとしてやってきて、今度の誕生日で10歳になるはずでした。
病気もせず、いつも走りまわって、お客さんが大好きで人なつこい子でした。
マルチーズにしては性格のおとなしい子でもありました。
犬の寿命からしてあと5年くらいかもしれない、大事にしてやろうねと話してた矢先です。

猫が死んだとき冷たく固くなった亡骸を片時も離さず一日抱っこして大泣きし、保育所にも
行けなかった末娘も今朝は涙をこらえ「空」を抱っこして頭を撫ぜてやり学校に行きました。

もっともっと大事にしてやったら良かったと悔いが残ります。
いつも家の中を賑やかにしてくれてありがとう。いつもひとりでお留守番ごくろうさま。
早い別れになったけど、いつまでも忘れないからね。

d0020789_957157.gif


More
[PR]
by hal_84 | 2005-10-25 10:14 | *空のこと

どれくらいの涙が残ってるだろう

PCに取り込んだ山崎まさやんを聞きながら賄い料理ネタをアップしようとして思わず
何度もリピートしてしまった。敬愛する和田先生も毎日しみじみしているそうです。
沖縄の空の下でも大阪の空の下でも山崎まさよしという人は人の心に呼応する人です。

8月のクリスマス

ありふれた出来事がこんなにも愛しくなってる

わずかな時間でもただ君のそばにいたかった

あの夏を偲ぶように粉雪が舞い落ちる

鳴り止まぬ鐘のように

君と過ごした日々を優しく包んで欲しい

僕の記憶もいつか遠い空に還ってゆくのだろうか

過去からの便りのように粉雪は舞い降りて

ガラス越し冬の空

心に秘めた想い君に届けてほしい

どれくらいの涙が残ってるだろう

今は静かに目を閉じるだけで・・・

思い出を語るように粉雪が舞い落ちる

悲しみが暮れぬように微笑を絶やさぬように

日はめぐり振り返れば

確かに君がいたあの夏の日に

確かに僕がいた8月の空の下


秋というのは夏の喧騒を確かに終わらせて、
来る冬への確かな助走を感じさせる一番しみじみとした季節でしょうね。
子供のこと、自分の生き越し道への焦燥。
若き友へ贈る想い、大事なあの人への変わらない想い。
そんな一切合財を思い巡らす少しセンチな季節です。

確かなものなど何もないです。
だからこうして、毎日毎日書き連ね言葉の洪水の中で切磋琢磨したいのでしょうね。

あかん、少しヨッパかも。(笑) しみじみしみじみ。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-24 23:56 | *是好日

鶏もも肉の酢醤油煮

d0020789_6455937.gifやりましたね~、久々に大失敗。(久々でもないかな・・)
いつもの酢醤油煮はこちらなんですが、鎮江黒酢という中国の黒酢が消費できないまま冷蔵庫にあったのを使おうと冷蔵庫のポケットに並んでいるビンを取り出し、そのままお鍋にいれると何かおかしい。みょうにドロドロしている。ふとビンを見ると、オイスターソースではないですか。同じ大きさ、同じ茶色のビンだったので疑うこともなくいれてしまいました。

こういうとき知らないうちに叫んでいます。「うわぁぁぁぁぁぁxxxxxxxxxxxxx!!」
すわっ、何事かと皆が走ってきます。(そう広い家ではありませんが・・・)
実は1週間前右手を3センチもバックリ切ってしまい瀕死の重傷を負いました。
その数ヶ月前も左手の人差し指の先を爪ごと削ってしまうというアホぶりを発揮しています。
ただ酢とオイスターソースを入れ間違えただけだと分かると皆無言で去っていきました。
もうあまり私に関わりたくないようです。(笑)

お酒を入れ、黒酢を入れ、醤油を継ぎ足し、なんとか味の修復はしました。
完売したので不味くはなかったようですが、やっぱりオイスターソースよりお醤油味の
ほうがだんとつに美味しいという結論です。

私は粗忽者なので、このての怪我は結構あります。
あまりの恐怖に出刃包丁が怖くて二年くらい持てない時期もありました。
みなさん、こんな経験あります?ないだろうなぁ・・・
[PR]
by hal_84 | 2005-10-23 22:02 | *お肉レシピ

水菜とエリンギのアリオリ

d0020789_14534872.gif
正式名はアーリオオーリオなんとかペペロンチーノ。
昼前に若き料理人(違)ichijoさんのブログを見たらアップされてました。
彼は白菜で作っていたのですが、近所のおばさまから昨夜の青葱とともに水菜を
いただいたのを思い出し(ここ暫く人の情けで生きております。)早速お昼に作ってみました。
食べたいと思ったら頭の中パスタパスタパスタとなりますよね、不思議。(笑)
作りながらブラザートムさんの歌を思わず口ずさんでいましたが、何ていう歌だったかな?
「ありおり~~ありおり~~♪ららららっらららっららら~~♪」
(多分「あ」しか合ってないな。)

ある野菜で作ればいいので色んなパターンが楽しめますね。
お肉系もベーコンやらソーセージ、ichijoさんのように豚肉でもいいみたい。
魚系なら何が合うのかな?鮭とか簡単にツナ缶とかタコ、イカ・・・うーむ、あと勉強します。

先ず、オリーブオイルで包丁の腹で潰したニンニクと鷹の爪を炒めます。
以前にサイトのBBSで話題に上ったことがあるのですが、ニンニクを炒めるときは
フライパンにオリーブオイルとニンニクを先に入れてから火をつけるとニンニクを
焦がさずに香りが引き出せるということです。(弱火でじっくり炒めます。)
炒まったら鷹の爪をとりだし弱火でソーセージを入れ炒めていきます。
次にエリンギを加え火が通ったらパスタの茹で汁を入れます。
(パスタを茹でるのも同時進行しといてね。)
最後にパスタと水菜を加えソースにからませて出来上がり。黒コショウもお好みでどうぞ。

ボーノな味わいでしたが、少々塩味足りず、あとでガリガリ加えました。
もう少しパスタを茹でるときに塩を多めにしたらよかったようです。
[PR]
by hal_84 | 2005-10-22 15:38 | *パスタ・麺類