<   2006年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

山椒の実の醤油煮

d0020789_8352159.jpg季節は巡り、また何だかんだと仕込まねばならない時期になってきました。
去年の今頃もこの山椒の実をアップしましたっけ。山椒の実は醤油で煮て密閉ビンなどに入れ冷蔵庫に保存しておくと、1年でも2年でも美味しく食べれます。あつあつご飯に最高。色々とトッピングも楽しめます。毎年ささやかですが、あちこちにお裾分け。

d0020789_8464817.jpg10年前位に名人から教わった炊き方は感に頼るとこが多いのですが、年々この弟子も感が冴えてきて今年はまずまずの炊き上がり。
←のように枝から離すのはサクランボのように軸がついててもぜんぜんOKです。
今年は3キロ注文してたので夜なべ仕事に地味~に枝から実をむしりとる作業で疲れ果ててしまいました。(笑)

d0020789_8592519.jpg
















完成図。 以下レシピです。
*材料
青山椒の実500g、酒大さじ2、三温糖大さじ1、醤油
*作り方
①山椒の実は枝から離し、数回水をかえて洗います。水切りをしっかりして。
②きっちりフタのできる鍋に酒を入れ煮切り、一旦火を止めて①の山椒の実を加えます。
③山椒の実の量の半分弱の醤油を入れ、フタをし30分以上弱火で煮ていきます。
④水分が少なくなってきたら三温糖を加え、ひと煮立ちさせて出来上がり。

アバウトですが、焦がさないよう水分量に気をつけていたら失敗のない事と思います。



d0020789_926036.jpg

おまけ。
去年恐ろしく忙しかった頃、再び糠床をダメにしてしまいました。
そろそろ夏野菜の美味しい時期に入るので酒屋さんで精米後の糠をもらってきました。
簡単糠床作りはHALサイトこちらからどうぞ。

今年は粒は大きいけど鳥取砂丘のらっきょうが手に入りました。
洗うのは主人。切り落とすのは長女。食べたい人が手伝うという不文律は今年も健在。
らっきょうの漬け方はHALサイトこちらからどうぞ。
といいながら、今年は教わって違う漬け方をしました。美味しく出来上がったら後日アップ。
って、一年後の話しになりそうですね。(^^



d0020789_10222417.jpgおまけ2。
体育祭の練習で疲れ果て、ボロ雑巾のように転がって寝てる末娘にくっついて寝てるチビすけ。チビチビコンビ。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-31 10:30 | *山椒&山椒系レシピ

ねこ騒動 顛末

仮初のネコブログみたいになってきたぞ。(笑)
朝、病院に連れて行こうとしたら、玄関の外でばーちゃん猫とかーちゃん猫が
今にも飛び掛りそうな勢いで私を狙ってる。一髪触発。 → 一触即発。
すんごい身の危険を感じて主人の名前を絶叫した。
主人じゃなくて近所の人があちこちから飛び出してきた。(汗)

「すみませーーーん!お騒がせしておりますーーー!」平身低頭。

結膜炎だそうで、外的なひっかき傷によるもの。少し風邪もひいてるようだ。
先生も助手の人もなんなく触っている。
「あの、どうやったら猫は馴れますか?」と聞くと、「この子は2、3日で馴れますよ。」
私の顔を見るとフゥーーーとふいてたのは仔猫も怖かったせいらしい。
2週間分の薬を貰ってきました。今も我が家の玄関先に2匹の猫が固唾を飲んでる。
親猫たちに罪はない。しかし、どのみち数ヶ月で親離れするのだ。
と、自分に言い聞かせつつ。

d0020789_15262180.jpg

薬塗ってもらったら、自分でこすらなくなった。

d0020789_15281955.jpg

昨日から我が家は負傷者ばかり。(笑)

d0020789_1529154.jpg

すっかり落ち着いてきました。リボンはリード代わり。まだ行動範囲を制限中。


疲れてしまった・・・(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-05-28 15:56 | *藍のこと

仔猫

d0020789_735861.jpg

シャムみたいな色の母ーちゃん猫が5匹の仔猫を産んだ。
野良だから他所んちの庭で子育てをしていたら、うるさいと家主に仔猫を捨てられた。
歯もないばーちゃん猫が3匹の仔猫を産んだ。
シャム母ーちゃんはいなくなった自分の子供だと思い首根っこをくわえては移動し続けた。
私は最近飼い猫を交通事故で亡くした近所の猫好きさんに可愛い仔猫がいるよと教えた。
2匹はひきとられた。一匹残ったチビちゃんは首根っこをくわえられ続け片目が見えない。
土曜なのに、夜になっても学校から帰らない長女を心配して外に出ると、ばーちゃん猫と
母ーちゃん猫が2匹で片目のつぶれた仔猫を遊ばせていた。
茹でた大豆を猫達にやると、真っ先に仔猫が食べにきた。
母ーちゃん猫にやろうとすると手をひっかかれた。
9時過ぎて長女が帰ってきた。そして私は捕獲大作戦にでた。
猫好きの長女は軍手をして子猫を掴み、亡犬ソラの移動ゲージに難なく押し込めた。
明日、病院に連れていって目を診てもらおう。
そのあとのことは、また明日考えよう。今も仔猫を探して母ーちゃん猫が外で啼いてる。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-28 00:03 | *藍のこと

切り干し大根もこれでお終い。

末娘、先日早くも試験があり今は体育祭に向けて朝練、午後からもずっとダンスの練習で
7時に出て7時に帰るということを繰り返している。そこに美術部でもある役割も加わってる。
娘の通う高校は体育祭も文化祭もまさに「お祭り騒ぎ」で、縦割り教育をしているので八縦のダンスが披露されるという凄まじいもの。あの高校の体育祭、文化祭は面白いと評判になるくらい伝統的にハイテンション、ハイコミュニケーション。
新しい環境も相まって、さすがにお疲れのようで居間に転がって爆睡してることもしばしば。

珍しく、「もうほんまにしんどいねん、もういっぱいいっぱいやわ。」とゴチてる。
愚痴など言わぬ子なので、相当疲れてるなあと察するものの、母はご飯を作るしかない。
疲れて食欲がないらしく、遅くに帰ってきた他の家族と珍しく10時半に食卓を囲みました。

d0020789_7515233.jpg














去年から今年にかけて切干をよく作りました。
これは千切りではなく、ピューラーで剥いで干した割り干し風。また寒い時期まで自家製
切干は一旦お休み。塩を使ってないいい煮干が手に入ったのでcincoさんを真似て取り出さずそのまま煮干もご馳走に。田舎のどんこと厚揚げを加えました。
よく洗ってから水で戻した切干は漬け汁ごと加えます。煮干は頭とお腹をとって。


*****

sakuraっちからバトンいただきました。
およ?何のバトン?自己紹介バトンかな。

①回す人を最初に書いておく。
  もし、持っていってくださる方がいらっしゃったらお願い致します。

②お名前は?
  あはは。HALです。またの名を飯島直子。(おもいっきしウソです・・)

③おいくつですか?
  みなさんの想像どおりの歳です。

④ご職業は?
 水商売みたいなもんですな。日々生産し、日々流れていくという意味の。

⑤ご趣味は?
  多趣味の飽き性。
  油絵、洋裁、編み物、パッチワーク、トールペインティング、一眼レフ、もろもろ。
  全て過去の遺物。さて、今度は何をしようかな? 

⑥好きな異性のタイプは?
  一生懸命な人。実のある人。男前なら尚更よし。(笑)

⑦特技は?
  うう・・なんだろ?
  グラスビール3秒一気飲み。マッハささがき。(他にないんかい?)

⑧持っている資格は?
  いろんな事やりながら、公に認められてるものないかも。
  コンピューター情報処理技能検定2級くらい。

⑨悩みがありますか?
  誰でもあるよね。人間は考える一本の葦ですから。

⑩お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
  好きな食べ物→魚介類、お蕎麦、納豆、オクラ、アボガド、玄米、等等。
  嫌いな食べ物→ファーストフードのハンバーガー、コーヒー、小麦粉系のお菓子パン類。

⑪貴方が愛する人へ一言
  死なないていどに頑張ってください。(笑)

⑫回す人3人を指名すると同時にその人の紹介を簡単にお願いします。
  ①でも書きましたが、どなたいらっしゃったらお持ちくださいませ。(^^ 
   
[PR]
by hal_84 | 2006-05-27 11:03 | *野菜レシピ

サラダをふたつ。

夜になると発熱するという悪しきパターンからようやく抜けでたようです。
今朝のように途端に冷え込むと寒暖の差に身体がついていけないのでしょうね。
といいつつ、この季節に風邪をひいたのも久しぶりかもしれません。
ゴロゴロとお布団の中で、お昼のソープドラマを見るのもなかなか楽しいものです。(笑)

d0020789_823698.jpg

「グリーンアスパラのマスタードサラダ」
生協からすごい量のグリンアスパラが届いていて、いつも何ゆえにこんなに沢山頼んだ
のかしら?と自分でわからないことがしばしば。ほんまに超アバウト人間であります。
グリンアスパラといえば、ケンタロウさんのアレを作らなきゃ♪ 以下レシピです。

*材料
グリンアスパラ2束、ベーコン、にんにく2片、オリーブ油
a:白ワイン大さじ2、マヨネーズ大さじ1、酢大さじ1、粒マスタード小さじ2、塩2ツマミ、砂糖1ツマミ
*作り方
アスパラは下のほうを1センチ位切り落とし、アスパラの真ん中から下までピューラーで
皮を剥き、縦半分に切ります。ケンタロウさんののレシピでは長いまま使い、盛り付けもアスパラを並べてお洒落に仕上げてますが、我が家に届いたのは市販のものよりかなり長め。私は半分に切り、下の部分だけ縦半分に切り揃えました。(この方が食べやすいのは食べやすい。)
ベーコン1センチ、にんにくをみじん切りにしておきます。
フライパンにオリーブオイルを温め、ベーコン、にんにくを中火で炒めます。
にんにくがいい色になったら塩をふりアスパラ投入。
こげ目がついてきたら[a]を加え、(あらかじめ混ぜ合わせておくほうが便利です。)
強火で全体にからめて出来上がり。

アスパラは生のまま炒めるので上記の皮むき、縦半分に切るという作業がいるのですが
これがシャキシャキしててとっても美味しい。盛り付けたあと胡椒をガリガリしてもOKです。



d0020789_97362.jpg

「野菜のコロコロサラダ」
これは同じ日に作ったものじゃないのですが、末娘がポテトサラダが食べたいというので。
この日、ジャガイモが2個しかなかったので、薄く皮を剥いたかぼちゃ1/4個と共にさいの目に切り揃え、レンジで加熱しました。
アボガド、胡瓜も角切り、スライスした新玉葱とプチトマトをまるのまま加え、オリーブオイル、シークワーサー、マスタード各少々、塩コショウ、ノンオイルマヨネーズで和えました。
この日のかぼちゃはとっても甘くて美味しかったです。やはり、かぼちゃは潰さず、形まんまのほうが素材の味が引き立って美味しいですね。それと、鮭の水煮缶が半缶ほど入っています。私、ツナが苦手なんですよね。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-25 11:04 | *野菜レシピ

豆腐ハンバーグとニラの醤油和え

d0020789_16433076.jpg「ばーさんがじーさんに作る食卓」でお馴染みのcincoさんがアップされていた豆腐ハンバーグ。イタリアンに仕上げておられて、さすがの一品。只今、我が家はお肉系排除の方向に進んでいる訣で、これは是非作らねば。のっけから本レシピとは遠い代物が出来上がってしまいました。

材料:木綿豆腐2丁、玉葱1個、牛肉約120g(少しなので北見牛をふんぱつ。)卵1個、人参(付け合せ野菜の残り。)、塩コショウ、片栗粉少々。
豆腐は茹でてザルにあげ重しをして水を切ります。あとは野菜をみじん切りにして混ぜ込むだけなのですが、記事にあるsesentaさんがおっしゃってた「がんもどき」になりそうな予感がひしひし。あまりにデリケートな生地にいっそ油で揚げてしまおうかと思ったほど。(笑)

d0020789_1713414.jpgしかし、初志貫徹。ベジタリアンへの道は険しく遠い。
ほとんどがお豆腐なので強い火でも焦げることはありません。いつものハンバーグと同じ焼き方で。上の画像は子供達が食べたトマトとヘルメスソース、赤ワインで仕上げたソース。←の画像はポン酢にみりん少々を加えてレンジで加熱し大根おろしでいただいた母バージョン。玉葱の甘みが効いてとっても美味しかったです。ハンバーグひとつに牛肉が10g弱。残ったものは今朝みんなのお弁当に入りました。


d0020789_17134691.jpgこれはいつもの「ニラの醤油和え」。いつも行くラーメン屋さんのテーブルに常備されてて、家人が気に入り作り始めたのがきっかけですが、レシピはないのでイメージで作っています。ニラを4~5センチに切り、軽く塩をしてしんなりさせます。水分を絞り、自家製青森にんにく醤油と、そのニンニク一片をみじん切りにして胡麻、豆板醤少々で和えるだけ。

d0020789_17215293.jpg徳島ラーメンをいただいたので、いつもラーメン屋さんでやるようにのっけて食べました。
もやしと青葱もいっぱい入れて。そういえば、最近学習したことですが、もやしはお湯で茹でないで、洗ったあと鍋に直に入れてフタをして蒸し煮するだけ。途中上下ひっくり返せば均一に。シャキシャキ加減を自分で見つければ簡単便利。あ、知ってました?
[PR]
by hal_84 | 2006-05-23 17:34 | *野菜レシピ

オリーブの木

日曜日、用事があって車に乗り込むといきなり鼻がグズグズしてきた。
クシャミが止まらない。花粉症の再来かな?と思ってると、今度は汗が滲んできた。
半袖の左腕が折からの直射で焦げそうだ。
クシャミを連発しながら、「暑い暑い」と喚いていると、「喚くほど暑くないぞ」と家人がいう。
特に足元が火をつけたように異常に熱い。 「ごめん、ヒーター入れてた。」
朝早く出勤するとき寒いのでヒーター入れるのがどうも日課になってるようだ。(笑)

鼻のグズグズと闘いながらも用事を済ませた頃、最悪の体調になっていた。
ひどい吐き気と身体の熱さで二進も三進もいかない。
この日は長女の21歳の誕生日で、5月生まれをまとめて祝う日でもあり、ささやかな
ご馳走を作ろうと思ってたのに、気はせくものの身体がいうことをきかない。
途中、ケーキだけは買い長女に夕飯の用意を頼むと、そのまま寝込んでしまった。


風邪だったのか、熱中症だったのか分からないけど、試験中のチビと午前の授業だけ
の長女が帰ってくる頃には何とか元気になった。よくよくひ弱だなあと思う今日この頃・・
もしかして、更年期とか?うん、ありえない話ではないなあ。 (今は元気ですよ^^v)


d0020789_9261794.jpg

夜、寝込んでしまってる間にご近所のおばちゃまが届けてくれたオリーブの木。(左)
毎年、見事にオリーブの実を結実させてるyukidarumakoさんや近くの園芸店の奥さんに
聞くと、オリーブの木は違う品種を2本植えないと受粉しないのだそうです。
我が家のオリーブの木の品種をメモしてくれて今度大きい物があったら買ってきてあげると
言ってくれていた。日曜日、電車を乗り継ぎ、重い思いをして我が家まで運んでくれたもの。
先般の「なんちゃってタイカレー」くらいではお返しができない。

d0020789_15585076.jpg

すでに可愛い蕾がついている。これはオリーブの大敵から保護するためにベランダへ。
さて、我が家のオリーブが結実するのはいったい何年先になるのかな?
[PR]
by hal_84 | 2006-05-22 17:33 | *オリーブ

あなたのお値段鑑定します。

敬愛する一合さんちで拾ったんですが、ご本人また飽くなきロードに旅だったようで
留守中にカキコしておきましょうか。

自分を評価してくれるそうですが、自分の値段なんちゅうものは自分で分かってる訣で
やったことのない方は試しにどうぞ。(^^

http://hirakuna.jp/nedan/

私の鑑定結果は。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-20 22:26 | *是好日

キャベツ一玉半消費の軌跡。 

d0020789_943234.jpg
藤井恵さんのレシピから「キャベツたっぷりギョーザ」です。
キャベツだけではなく大葉(青紫蘇)もいっぱい入ってます。30個に30枚。1個に1枚!
今日は60個作る予定なので我が家の庭の大葉だけでは足りません。早く大きくな~れ。

*レシピ(30個あたり)
豚ひき肉150g
(下味用調味料:生姜汁大さじ1、醤油・酒各大さじ1/2、ガラスープ少々+ぬるま湯大さじ2)
キャベツ1/4個、大葉30枚、塩小さじ1/2、ギョーザの皮30枚

_豚ひき肉に上記の調味料で下味をつけてよく混ぜ1時間おきます。
(といいながら時間が押すので先にこの作業をして混ぜ込む迄の時間しかおいてません。)
キャベツと大葉はみじん切りにして塩をふってしばらくおき、しんなりしたら水気を絞ります。
_①のひき肉と野菜に片栗粉大さじ1、胡麻油大さじ1/2、胡椒少々を合わせて
よく練り混ぜ、ギョーザの皮に包み込んでいきます。フライパンにサラダ油を熱し、底に
焼き色がついたら水カップ1/2を注ぎ水気がなくなるまで蒸し焼きします。


と、書きつつ、ぜんぜんアバウトに作りましたが、我が家はもう少しお肉を減らしています。
にんにくもニラも入れないし、お肉も油も極力減らしたためサラリとした味わい。
ああ、好きな味かもと、俄かベジタリアンは結構食べてしまいました。( ̄~ ̄;) ウーン
私はnonchさんお奨めの酢とコショウのみをタップリつけて。


d0020789_9594297.jpg
で、相棒は春キャベツと新玉葱、フルーツキャロットのコールスローサラダ。
我が家の定番中の定番ですが、これも合わせ油を極力抑えています。庭のパセリもトッピング。

レシピはHALサイトこちらからどうぞ。





といいながら、忘れちゃならないのがギョーザ嫌いな男の存在であります。忘れたいけど・・
d0020789_1017513.jpg
どんなにヘルシーにしても、どんなに美味しくできても、君は何ゆえに頑固に貫くわけよ?
つうことで、「回鍋肉」いっときました。

豚バラ、薄切りでも厚切りでも。キャベツ、ピーマン、人参、玉葱(具材はお好みで。)
にんにく、生姜、胡麻油、酒、テンメンジャン、オイスターソース、豆板醤、醤油、塩コショウ。

_キャベツはざく切り、ピーマン、玉葱、人参は縦に切り、にんにく、生姜はみじん切り。
豚肉は食べやすい大きさに適宜に切ります。
_酒、テンメンジャン、オイスターソース、豆板醤、醤油、塩コショウを混ぜ合わせておきます。
_フライパンを熱してごま油をひき、にんにく、生姜を弱火で炒めます。
香りが出てきたら豚肉を加えて塩、こしょう各少々を振って強火で炒めていきます。
_お肉の色が変わったら、人参、ピーマン、キャベツを加え、炒めていきます。
②の調味料を加えて炒め合わせ、味が足りなければ、塩、コショウを足して出来上がり。

最近、夜エキブロ以前にもまして重たいですよね。画像アップしながら襲う眠気。(/0 ̄)
[PR]
by hal_84 | 2006-05-19 11:06 | *野菜レシピ

ロイホ話とおでん。

3連ちゃん爆睡モードでしたね。
3歳児みたいな時間に寝てる。いや、最近の3歳児のほうが宵っ張りかもしれない。
昨日、午後から高校の学級委員会があって、最初に出席せねばどんな役に当たるか分からないという友人の勧めで行ってきましたが、企画委員という短期決戦の係りに肖ることができやれやれ。試験監督とかもあって、皆さん仕事の合間の時間をやりくりして、内情を知ればPTAを運営する役員さんに頭が下がる思いですね。

と、委員会終わって、共に委員になった友人とロイホでお茶してると、驚くべき話が。
共通の保育所の末娘達の同級生が高校に行かず出産まじかだとか。
産む娘。許す母。色んなことを考えてしまいましたが、様々な15才の春があるものです。
母である彼女自身も30代でおばあちゃんになるのだ。
娘に「○○ちゃん、赤ちゃん生まれるらしい。びっくりしたな~」というと、
「ふーーん。」
「てか、どこからの情報源やねん。その方がびっくりやわ。」
「噂は千里を駆け巡るのである。」
「ほんまにオバチャンやな。」
「まあね・・・」

d0020789_23301675.jpg
おまけ。↑ロイホのレジで売ってた「ジジのストラップ」。ほうきに乗ってパン付き。
ストラップつけないほうがオシャレだと、常々子供に言ってるくせに買ってしまった。(笑)
(子供達が欲しい欲しいと懇願するけど、あげない。(* ̄ー ̄)vウフ。)


d0020789_6523199.jpg
何てことない、いつもの「おでん」ですが、先般、石切で買った巨大コンニャクの消費に。
揚げは信州の「ぼってり揚げ」。薄揚げと厚揚げの中間くらいで、最近はまってます。
まるごとの皮付き新ジャガは味が沁みないけど、いくら煮込んでも煮崩れしないので重宝。


d0020789_911583.jpg
これ、ビジュアル的にインパクトないな。(笑)
子供が行く居酒屋で、おでんの豆腐だけを頼むと(多分、木綿豆腐)、たっぷりの出し汁にかつお節と七味をかけてくれるのだそうです。これが事のほか旨い。我が家は黒七味をかけて。湯豆腐と違い、おでんの味が沁み込んで、ありそうでなかったシンプルなご馳走。
[PR]
by hal_84 | 2006-05-18 11:00 | *野菜レシピ