<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヒネぽん酢ときゅうり味噌

d0020789_6173226.jpg
















この間行った病院の待合で週刊誌をパラパラしてると
人気のお店の店長さん達がお奨めを一品づつ披露してて、
中にとっても簡単で面白いものが。
きゅうりに味噌を擦り込んで暫く置いておくだけというもの。

d0020789_622868.jpg
この間「鯖の味噌煮」をしたときの赤味噌が合いそうだと思い早速まねっこ。
30分くらい置いて切ってみた。
味噌のしょっぱさが表面だけなのでいい塩梅。ポリポリと美味しい。
一日置けばお漬物みたいになるそうです。
今までみりんとお酒を味噌に混ぜて一日おいて味噌漬けを
作ってましたが、これはお酒の肴に、箸休めにちょうどいい。
つか、超カンタンで私向きだ。(笑)
何者かも聞かずに家族もポリポリ。聞いて欲しいんだけどなぁ。


d0020789_632113.jpg
この間行ったかしわ屋さんにあったヒネ鶏(親鶏)。
お料理上手なdinoさんがこのヒネ鶏を使って色んなレシピを披露されてるんですが
ぶよぶよブロイラーと違いとっても硬い。身も小さい。
HALも歳を重ねればぶよぶよから小さいお婆さんになるのかしら?と思いつつ、
しかし、ひきしまった鋼鉄の肉は噛み応え十分で美味しい。
軽く山椒塩したヒネ鶏をグリルで焼き、葱、玉葱、茗荷をたっぷり載せてポン酢で。
またこのアッサリ感もいいですね。



d0020789_6351821.jpg
















菜っ葉の炊いたん。
載せるようなものでもないですね。(笑)
長いこと白菜(しろな)を使ってなかったような。
ただの菜っ葉を炊いただけなのにホッとするのは家族も同様でしょう。
白菜から水分が沢山でるので少しの水と出し醤油で、
フタをしてあっという間に完成。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-27 06:59 | *野菜レシピ

鶏と豚と金時人参と。

最近、記事をアップしててもいきなり接続が切れることが度々で
この2、3日は頻繁に起きてメールチェックすらままならない。
ケーブル会社に電話したところ、どうもケーブルモデムに不具合があるらしい。
と、書いててもいつ切れるかもわかんない。
来週早々に交換にきてくれるらしい。
ケーブル経由でwowowにも加入してるのに少なくても此処3ヶ月は見れてない。
料金はきっちり引き落とされてるのになあ。
まあ、3ヶ月も放置してる我々もどうかと思うが。(笑)


d0020789_1045256.jpg
いちはやく金時人参が出回ってました。
なんでか金時人参が好きなのですよね。
幼い日の郷愁と言おうか、私達が子供の頃は西洋人参なんてなかったような。
金時人参と言えば、紅白のなます。お正月やら法事には必ず出たものです。
法事はおめでたいのか?と考えたりもするけど、精進料理なのでしょうね。
千切りを作ることに快感を覚える人間なのでいつも山盛りできてしまう。
いいんです。次の日も美味しいから。


d0020789_1014159.jpg
病院に行った帰りに久しぶりに近所のかしわ屋さんへ。
まあ、ここのおじさんは薀蓄披露するのが好きで色々教えてくれる。

「肝のいいのがあるけど、お姉ちゃんいらんか?」
「ヒネとワカがあるけど、肝はヒネに限る。」
「これが肝臓、これが心臓、これが腎臓。きれいに掃除しといたるな。」
「この腎臓は生でパクっと食ったら身体にええからな。」

一人喋り続けるのであります。しかも、私を店内奥の鶏をさばく所まで連れて行く。
おじちゃ~ん、怖いっちゅうねん。解体現場なんぞ見たくないって・・
生姜と酒、砂糖、醤油で甘辛く煮てみた。スーパーで売ってる物とは一線を画す新鮮さ。
うま~うま~と末娘がご飯の前にかなりつまみ食いをしてしまった。


d0020789_10222343.jpg
これもおじさんお奨めの砂肝。
「お姉ちゃん、塩で焼くと旨いからな。」
「実山椒炒って山椒塩作ってるから、それで食べようと。」
「おお、そら旨い!」
私も負けずに薀蓄披露。(笑)
この間作った粗めに挽いた山椒塩で。旨~い!
青い実山椒はまだまだ冷凍庫にストックがいっぱい。
来年のシーズンまでは十分持ちこたえそうです。本日の画像、フォーカス入りだ。


d0020789_10294522.jpg
これは日曜日にお鍋をしたときのもの。鮭白子のポン酢がけ。
HALの明太子お師匠はんrakuajiさんが白子焼きにチャレンジされてて
俄然私も食べたくなってアンコウと共に鍋にインしたものです。旨い!
お鍋じゃなく湯引きしてポン酢かけても同様に美味しいです。


d0020789_10334762.jpg
豚三枚肉のマーマレード煮。
これは私のキッチンサイトがまだ繁盛してた時、ヅカ命の親友チョコやんが
伝授してくれたもの。

豚肉1キロ、香味野菜、にんにく2欠け、生姜2欠け、醤油200cc、酒200cc、
オレンジマーマレード100~150g(市販のビンは大体150g~200gだと思います。)
親友チャコやんはマーマレードも同比にしてるけど、これはちょと甘い。
甘いのが好きだからチョコやんなのですが。。。

①豚肉はブロックならどこでもお好きな部位で。スペアリブでもOK。
②適宜に切った豚肉を油少々をひいた鍋で表面を焼きつけます。
③三枚肉なんかは脂が沢山でるのでキッチンペーパーで吸い取ります。
④ネギ、にんにく、生姜、玉葱など香りのものを入れ、上記の調味料を加え
ことこと水分が少なくなるまで煮ていきます。最後、豚肉を取り出し、煮汁を煮詰めて
お皿に盛ったお肉にかけてもOK。白髪ネギやお好みの野菜とどうぞ。

とっても簡単だけど、とっても美味しい。
愚サイトのことを書きましたが長女が頼みもしないのに「こんなひどいサイトはない。」と
(大きなお世話やん・・)ただ今勉強とアルバイトの合間に全てHTMLで構築中。
「誤字脱字、画像の悪さ。ひとつのレシピ書き換えるだけで大変やわ。」
だから!オカン、君に一回でもお願いしたことありました?(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-10-24 12:34 | *お肉レシピ

インカのめざめとブリスケのカレー

朝晩は過ごしやすいのに昼間の暑さは如何なものでしょう。
ここ数日ムシムシして、やっぱりクーラーの世話になるという。
皆さんの地域もそうでしょうか?
まだまだ半袖生活が続いておりますよ。


d0020789_6244351.jpg
普通のカレーなんですが、生協から「インカのめざめ」なるジャガイモが届きました。
ネットで検索すると、「じゃがいもの原産地・南米アンデスではお祭りの日に食べられるというお芋で、驚くほど鮮やかな黄色と、コロコロと小粒な姿、栗かサツマイモを思わせるホクホク感でたいへん人気のある希少種です。」とあります。
しかし、なんちゅうネーミングセンス。(笑)

皮を剥いたときの画像をとるべきだったなと後で思ったわけですが、驚くほど黄色で、
このジャガイモは美味しくさせるためにわざわざ小粒に栽培されるようです。
ジャガイモなのにベータカロチンが豊富らしい。
「ブリスケ」というのは牛スネ肉のことでブロ友未平さんがそう呼ぶのです。
先にスネ肉を焼いてから丸のままのインカと4つ割りにした玉葱を1キロ、トマト缶を入れ、
そのトマト缶のジュースのみの水分で圧力鍋で5分加熱。

「インカのめざめとブリスケのカレーよ。」というと、
「何がめざめるねん?」とは末娘の弁。
いや、君に早く人生に目覚めてほしいねん。オカンは・・



目覚めてほしいのはもう一人いるわけで、
最近、ゴミ箱にダイブするのがライフワークなバカチン猫。
d0020789_6412429.jpg
姿が見えないので何処にいったのやらと思っていたら、

ゴミ箱で寝んなよ!


本日の小ネタ集でした。。。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-21 15:06 | *藍のこと

嗚呼、大失敗!「栗おこわ」の巻き

d0020789_661942.jpg

義兄から栗が届いたので、同梱の干し椎茸と共に恒例の栗おこわを作りました。

しかし、何かが違う。おかしい・・味が薄い・・6合も炊いたのに・・(笑)
銀杏まで奮発したのに。
消費の速度が遅すぎる。栗好きも御代わりしないぞ。(爆)
と、いうことで。

          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓

d0020789_5462593.jpg
残ったものをおにぎりにして、出し醤油をぬって焼いてみました。
うま~い!中はもちもち。表面はカリカリ。あっという間に完売。
よかった・・(汗)
しかし、家族の味覚とは確かなもので、旨いものは放って置いてもすぐなくなり、
オカ~ン、ゆめゆめ手を抜くなかれ。

正調「栗おこわの美味しいレシピ」は去年作ったこちらの画像からどうぞ。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-19 06:48 | *ご飯ものレシピ

超簡単。まちがいのない鯖の味噌煮。

涼しくなってまいりましたね。
といいつつ、まだ大阪昼間は汗ばむ陽気です。
ようやっと仕事上に助っ人がやってきて、長らくの脳内マヒも終息に近づきつつあり
ほっと一息の秋の夜長でございます。(つか、夜中ですがな。)

d0020789_3324488.jpg
鯖の味噌煮というのは簡単なようで難しい。
いつも可もなく不可もなく作ってたわけですが、HAL夫が珍しく「うまい!」
唸ったので、載せる価値ありかと思いピンボケですが披露致します。

それもそのはず、ウマイものはいつも他所から仕入れるわけで、
いつもメルマガを送ってくれるall about から敬愛する土屋さんの必殺テクより。

鯖の味噌煮は鯖が重ならないことが大事だそうで、このレシピはフライパンを使います。
HALんち、でっかいティファールのフライパンで、大きな切り身が6切れ並びました。

【鯖一尾(切り身で4切れの場合)に対して】
先ずフライパンに酒を200ccを煮切ってアルコールをとばします。
火を弱火にして赤味噌大さじ3、きび砂糖大さじ3を溶かします。
(土屋さんは赤味噌3:きび砂糖2の割合でしたが同比でもいいかと。)
※八丁味噌じゃなく、うまい赤味噌が決め手のようです。
鯖の切り身と薄切り生姜もいれてフタをして6~7分煮込みます。
6分程してスプーンで煮汁を鯖に回しかけ、またフタをして4分ほど煮込みます。

たった10分でおそろしく旨い鯖の味噌煮の完成。白髪ネギをあしらって。
煮汁が少ないので残ったものを再び温めると水分不足になりますが、
またお酒を足して煮切れば全然OKです。
鯖の味噌煮って難しいのよね~とお嘆きの貴兄に。試す価値あり。
人のレシピだと強気やな。(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-10-15 03:59 | *魚レシピ

海老と舞茸のアーリオオーリオ

d0020789_14565298.jpg
たまたま落合シェフのサイトを見かけて、アリオリの基本というのが載ってました。
まあ、我々とそう変わらないのですが、参考までに引用させていただくと、以下のとおり。

【アーリオオーリオソースの作り方】
1..ニンニクは手でつぶして皮をむいておく。2..フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、強火にかける。3..プチプチと音がして泡が出はじめたら火をごくごく弱火にし、ニンニクが焦げないようにひっくり返しながら香りを出す。途中で唐辛子と好みで刻んだパセリを加える。4..香りが出たら、茹で汁大さじ3を加えて混ぜ、水分が足りなければさらに足す。トロンとするまでフライパンをゆすりながらよく混ぜる。これでアーリオオーリオソースが完成。

【アーリオオーリオスパゲティの作り方】
1..温かいソースに茹でたスパゲティを加え、さらに弱火のままフライパンをゆすりながらよく混ぜ合わせ茹で汁を加える。2..仕上げのオリーブオイルを加えてひと混ぜする。

海老と舞茸を加えて作ったわけですが、どうみても見た目は焼きそばだあね。
舞茸の色素に染まったもよう。美味しかったです。落合シェフごちそうさまでした。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-09 15:11 | *パスタ・麺類

チャンジョリム(牛肉の醤油煮)再び

d0020789_8322546.jpg
未平量生「チャンジョリム」改訂版。
勝手に改訂したぞ。(笑) 牛ブロックを見かける度に、もう一度作らないとと思ってて、
何ゆえかと分析するに簡単でダイナミックなのが自分の性分に合ってるからだと納得。
ピンが甘いのとただただ醤油色なので美味しさが伝わらないかもしれない。

*今回の材料
牛ブロック600g、うずら卵2P、にんにく10個、伏見唐辛子2P、鷹の爪2本、焼酎、醤油、みりん

*作り方
ブロック肉はサイコロステーキより大きめに切り、いったん茹でこぼします。
鍋にお肉、茹でたうずら卵、にんにく、種をとった鷹の爪を入れ、焼酎、醤油、みりんを加えます。ひたひたより多めになるように。(水は加えません。)
沸騰したらアクをすくい、あとはコトコト弱火で煮ていきます。最後に唐辛子(伏見でも青唐でも)を加え柔らかくなったら出来上がり。

伏見の甘唐では辛さがでないため、鷹の爪を加えました。
このうずらがツルンとしてかなり美味しい。だだ辛いチャンジョリムが本来のようですが、
みりんを少し多めに加え万人向きに仕上げました。お酒じゃなくて焼酎にしたのは沖縄ラフティーにヒントを得て。ただただ醤油で煮るなんて面白い料理です。これが不思議に美味しいのだから。水を入れないので火を通せば数日保存可能なようです。



d0020789_858555.jpg
「きびなごの佃煮」
先般のかごっまの友人がお土産に「きびなごのいりこ」を持ってきてくれました。
これを本場ではどう使ってるのか知らないのですが、何にしようかな?と言うと末娘が
いつものでいいやんと言うので万年同じレシピ。

気長にフライパンで乾煎りし(極弱火)、鷹の爪、酒、みりん、醤油、お砂糖少々白胡麻を加え絡ませます。お正月の田作りみたいな感じですね。美味しいいりこが手に入ったときもこの要領で。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-09 09:21 | *お肉レシピ

オレステス

d0020789_925993.jpg観てきました、「オレステス」大阪初日。
大阪「梅田芸術劇場」の会員にも関わらずチケットを
取り忘れ、それほどに脳内が混迷してた訳です。
休みの日にヤフオクに張り付き一発落札で入手したもの。人はパンのみで生きられぬという命題により、山積みの仕事を放り出し、そそくさと会社を後にして開演7時ジャストに滑り込みました。


藤原竜也、中嶋朋子、北村有起哉、香寿たつき、
吉田鋼太郎、瑳川哲朗さん
というキャスティング。

もう散々観てきた蜷川舞台だけれど、ギリシャ悲劇は初めて。
父を殺した母を藤原たっちゃん演じるオレステスがアポロンの命により殺してしまい、
そこから悲劇が始まり、そしてまた神アポロンの啓示で悲劇が終息するというもの。
先にこのギリシャ悲劇を知っていなければ少々至難の舞台である。

冒頭から滝のような雨が降り注ぐ。濡れながら中島さんの科白から舞台が始まる。
蜷川さん、こんなド派手な演出が好きだ。
藤原たっちゃんはフンドシいっちょみたいないでたちで濡れた舞台を這いずり回るものだから腕からの流血がとまらない。
血を流しながらびしょびしょ。まさに悲劇。
大きな特徴は、コロスと呼ばれる集団。一つの役を演じる俳優団のことで、台詞も全員で合わせて言い、ほとんど舞台上にいて、様々なシーンに絡んでくる。
コロスは、主人公たちと観客との間の媒介者として提示され、演劇に固有の二重の表現を持たせる。古今の様式にのっとっているようだ。
そしてオレステスにおいても、舞台上のコロスとしての「女たち」は重要な役割を果たしている。詳細は端折るけれど、相変わらず藤原たっちゃんは見事に舞台の人だったし、
初めて観た中島さんは小さな華奢な色の白い人で悲劇の主人公の姉に相応しい。
カミカミの台詞も多かったが健闘を称えよう。

難しい舞台なので観客の反応もいまいちか?二度目のカーテンコールでやっと8割方
スタンディングオベーションとなった。一度だけの観劇で語るには難しい舞台でもある。



この日若き友人が鹿児島からやってきていて一緒に観劇。
彼女は来月お嫁に行く。独身最後の遠征で、二人でのんびり芝居を観たり
お酒を飲んだりするのもこれが最後かもしれない。
思えば、彼女がまだウラ若き二十代で出会い、様々な恋を経て三十路も半ばで
結婚に至るまで遠い大阪の地で私は見守ってきた。
今年の春に理想の人と出会ったと聞いて、「昔のようにキャピキャピしてないとダメよ。」と
言うと、「キャピキャピしてます!」というお返事。
このキャピキャピが大事なんだ。いや、キャピキャピさせてくれるお相手が素晴しい。
ともあれ、すごく嬉しい。だけど、すごく寂しい。
私は娘たちが嫁に行かず、ずっと傍にいてくれたらと思う人間だ。それと同じ感じ。
でもそうは行かない。母は老い、子供たちは巣立ち。(笑)



d0020789_13233612.jpg舞台が終わってから二人で梅田界隈のお店でお酒を飲み、寄宿先のホテルのバーへ。
すでに12時回ってただろうか。
カクテルを飲みながらとり止めもなく話をしていたら何とさっき迄観ていた舞台の某俳優さんが同じ舞台の女優さんを伴って現れた。
チェッカーズのあの娘と○○○○○ル~♪という歌がHAL頭駆け巡る。(爆)

このホテルは劇場と同じ建物の中にあり、役者さんたちは皆ここに泊まっていると思われます。
明日はマチネから公演があり、こんな遅くまでバーなんぞにいて大丈夫かしら?といらぬ心配をしながらも耳ダンボの我々は神経がこのお二人に注がれる。芸能人というのは面白い。こんな真夜中に茶髪にサングラスかけてれば半ば芸能人であることを示しているようだ。(笑)
ラストオーダーも飲み干し、気になる二人を残して(?)、ホテルの部屋へと。


d0020789_13471888.jpg
朝目覚めると快晴の空に虹が出ていた。
ここは29階なので雲が間じかに迫っているよう。
いつも缶詰のようなホテルに泊まるので久しぶりの豪華ツインは心身共に休めた感じ。
彼女の行きたがっていたLoftやお気に入りのブランド店を歩き回って一日を過ごし
来月の晴れの舞台での再会を約束して大阪駅をあとにした。
幸福の花嫁は元気に鹿児島へ。
お疲れ母さんは再び飢えている家族とヤンチャ猫の待つ我が家へと。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-08 14:50 | *エンタメ系(?)

トマトとアンチョビのパスタ

またも一週間のご無沙汰です。
キッチンネタも枯渇し、こりゃ閉鎖の危機ですぞ。

昨日のエピソードでも。
HAL職場には密かに水面下で「番長」と呼ばれる男子がいて、ガタイもいいが
男気があり、呼べばすっ飛んできてくれる頼もしさからついたあだ名と思われます。
土曜にも関わらず、7時になっても8時になっても仕事が終わらない。
おまけにトラブル発生。早く家に帰りたい私は思わず叫んだ。
「番長ーー!」
「はいーー!」
わはは。自分でも自覚しておるな。彼はちゃっちゃと皆に指揮し、私は全てを委ね
大急ぎで腹ペコが待つ家路へと。

人というのは、その仕事の持つ特異性によって能力の限界があると思う。
PCに張り付かせたらピカイチもいるだろうし、現場仕事で能力を発揮する人もいる。
接客のプロもいるだろうし、適材適所というのは言わずもがなだけれど、
仕事を任せるということ自体がとても大切なことのように思う。
本人が自覚し、任された仕事をやり遂げようとするところから
とてつもないエネルギーがあちこちから沸きでるものだ。
人事や人を差配することは難しいけれど、良きリーダーたらん人材を育成するのは
何よりも大事なことだなと思った宵でありました。頑張れ、番長。



d0020789_15542965.jpg















今日の昼メシ。
「トマトとアンチョビのパスタ」
パスタを茹で始める。トマトを湯剥きしてサイコロ状にザクザク。
アンチョビも刻む。
温めたフライパンにオリーブオイルとにんにくみじん。
香りがでてきたら強火にして刻んだアンチョビ、トマトの順に投入。
火が通ったら茹であがったパスタをからめる。

盛り付けてパセリ、パルメザンを散らして完成。
一人前トマト1個、アンチョビフィレ3~4枚くらいかな。
塩味が足りなかったらからめる時に足してください。

こんな簡単な10分くらいでできるパスタさえ面倒に感じるんだから
どうしようもないですな。この賄い人は・・・(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-10-01 16:38 | *パスタ・麺類