<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真竹の炒め物とオムライス。

暑いですね~というのが挨拶になってきましたね。
毎朝5時頃に起きるのですが、既にその時点で29度になってました。
暑くて目が覚めるという塩梅で目覚まし時計いらずなこの頃であります。

鬼門の歯医者通いもようやく終盤を迎え、根っこの治療というのは文字通り
根気のいる作業で、コートを羽織っていた時分から既に夏を迎えてしまいました。
その間の待合の楽しみにNANAを読んでいたわけですが、この期に及んで
何と15巻がない!(T T)
端折って16巻を読むと、その15巻で何が起こったのかとやきもき。
待合の本棚から15巻を持って帰った人、早く返してください。
早くしないと鬼門通いが終わってしまうぅ。。。(笑


d0020789_010255.jpg
真竹のナンプラー炒め。
大量の真竹を消費するために毎日せっせと筍料理を作っています。
それも飽きてきた今日この頃。
冷凍庫の鶏ミンチも危ういので少し目先の変わったものにしてみました。

鶏ミンチに塩コショウ、土生姜とにんにくの摩り下ろし、胡麻油を
揉みこんでおきます。
①の鶏ミンチをフライパンで炒め、茹でてアクを抜いた真竹を炒め合わせます。
炒まったら、酒、ナンプラー、きび砂糖少々で仕上げます。

これいつかetokoさんに教わった高山なおみさんの豚の生姜焼きにヒントを
得ています。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもなりました。



d0020789_085026.jpg
ヘルメスソースで作ったオムライス。
休みに末娘がオムライスが食べたいと言うので冷蔵庫のありあわせで作りました。
スライスした玉葱をよく炒め、完熟して柔らかくなってしまったトマトを
おろし器でおろし(皮はおろし器の上に残ります。)、ヘルメストンカツソースを
適宜入れ、水少々とブイヨンでソースを作りました。
味を見て塩コショウを足します。白しめじも入ってます。(ぶなぴーという愛称らしい。)
ヘルメストンカツソースはフルーティなので、これだけで美味しいソースに
仕上がりました。

中のご飯は玉葱、鶏肉、パプリカと炒めて軽く塩コショウしただけのもの。
その上にのせる卵は1人分2個を撹拌してバターでふわふわっと半熟に
仕上げています。

「お昼はオムライスでいいから。」なんて手軽に言ってくれるけど
見た目以上に作業工程が多いんだから。食べるだけの人は幸せだっ ! (笑
[PR]
by hal_84 | 2007-06-28 12:44

奄美ふたたび。

梅雨らしい日々になっていますね。
これで水不足も少しは解消されるでしょうか。

先般の大学見学ツアーの帰り、自転車のハンドルにかけてたお土産の紙袋が
走ってるときに破れてしまい、道路に散乱してしまいました。
私よりも道行く人達が慌てたようで大騒ぎになり、一体何が起こったのかと
思ってる内に意識もなく自転車ごと倒れていました。
もう呆然で、痛いやらカッコ悪いやら。
最近、ご近所のおばちゃんが自転車で初めてこけて、それもこけるシュチュエーション
でもないのにと自分の老媼ぶりを嘆いておりましたが、まさしく運動神経にズレが
生じているようであります。


d0020789_8412875.jpg
昨年、鹿児島の豚味噌で作るゴーヤの奄美料理を載せた事があります。
豚味噌はどこでも置いてるものではないので鯛味噌で作ってみました。

ゴーヤは白いワタをスプーンできれいに取り去り、スライスし、塩をしておきます。
沸騰したお湯にそれごと投入し、再度沸騰したらすぐにザルにあげ冷水にとり
水気を絞ります。パプリカとゴーヤをサラダ油(胡麻油)で炒め、包丁で軽く叩いた
蒸し大豆を加え、塩コショウ。仕上げにお酒少々でのばした鯛味噌を回しかけ
ひと炒めで出来上がり。(赤パプリカも加えたらもっと情熱画像になるかも。)
簡単だけど、コクがでてゴーヤの苦さも適当に逃してくれます。

画像でかいです。新しいカメラと格闘してサイズ設定がワケわからんです。
HALも老媼であります・・


d0020789_859686.jpg
普通のお味噌汁です。(笑
生のアオサが売られていました。
私の生まれ育った大分では乾物のアオサをよく使います。
生はまたひと味もふた味も違いますね。末娘が美味しい!とうなりました。
もう彼女を基点としてご飯作ります・・


d0020789_945585.jpg
アップに耐えれない盛り付けです。(笑
田舎から真竹が届きました。真竹は今頃がシーズンとなります。

ichijoさんのレシピより「筍の炒め煮」

アク抜きをした真竹を胡麻油で炒めます。
(我が家ではマルホンの香りが勝たないのを使っています。)
通常の筍なら一口大の乱切りにします。(ichijoレシピ記述。)
戻して洗った刻み昆布を入れ醤油、みりん、酒で調味します。
冷凍しておいた青実山椒、鷹の爪も加えています。最後に鰹節を加えて。
昆布と鰹節からダシがいっぱいでるので薄味に仕立てます。
ぴりりと美味しい炒め煮に仕上がりました。

d0020789_9395956.jpg←これが真竹です。













彼のレシピを読んでて久しぶりに大笑いしました。こちらからどうぞ。

世間にはお料理上手な方が沢山います。
リンクさせていただいてる方だけでもプロのような仕事っぷりに惚れ惚れします。
私は手抜き足抜きな輩ですが、ichijoさんの記述のようにアバウトなレシピは
チャレンジされる方の創作力に頼って楽しいですよね。
ichijo&halの「そこんとこ考えて作ってください!」レシピ本作りたいです。
スポンサー募ります。(笑
[PR]
by hal_84 | 2007-06-24 10:41

酷暑の京都奈良バスツアー

昨日は末娘の高校から同志社大学京田辺キャンパスへの見学ツアーでした。
昨年の龍谷大学瀬田キャンパスといい、もうちょっと現実味のある所へ行ってくれい!
というお母様方のご要望でしたが、ほぼ無視して企画係りは進行します。
い~え、龍谷でも同志社でも我が高校の先輩達はちゃんと在籍しています。(笑


d0020789_21534932.jpg
目に写るのは広い空と樹木の自然だけです。山一個分が全て同志社大学です。

d0020789_21554424.jpg
同大学の学生ガイドさんが広いキャンパス内を案内してくれました。
真面目で、それなのにウイットに富んでいて素敵な女の子ふたり。
創立者、新島讓の魂があちこちに息づいていて本当の意味での学び舎だと
感じました。そう思うと、先般の不祥事で傷ついた学生も多かったことでしょう。


と、受験するかしないかは知らねども、ご一行様は一路奈良ロイヤルホテルで昼食。

ビールがでない。ビールがでない。ビールがでない。ビールが・・・・・・・・・・・・∞

で、ビールもない昼食を堪能した後は、いざ!「あじさいの寺、矢田寺」へ!

しかも、

ピーカン!

写真は涼しげに写っておりますが、目も眩む超真夏日の午後2時であります。
なのに添乗員さんはこの200段の石段を登れとな?本気で言うとるんですか?

d0020789_21592643.jpg

d0020789_5555384.jpg


強い日差しでうまく撮れていませんが、群生する矢田寺の紫陽花。
8000株、60種類もの紫陽花が植えられています。

d0020789_222247.jpg

d0020789_1113028.jpg

d0020789_112956.jpg

d0020789_1124918.jpg

d0020789_1132642.jpg

d0020789_5512230.jpg

d0020789_5515629.jpg

ぜんぜん美しさが伝わらないところが素晴らしい。(笑)

紫陽花も暑さでおじぎしてました。
小雨くらいのほうが風情があって良かったでしょうね。
紫陽花の印象よりも石段で大汗かいた矢田寺という思い出になるでしょう。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-22 12:14

やみつきタレ?と紫陽花たち。

なんだか今年は植物が元気なので撮るのも楽しいです。


d0020789_15233093.jpg
これ四季咲きの苺なんですが、毎日1つづつ赤くなります。
赤いけどかなりすっぱい。朝水やりの時ついでに食べると一気に目が覚めます。
ナメさんが来たら嫌なので吊るしてあります。

d0020789_15274043.jpg
セージ。
今年は花も葉っぱもすごく大きいのです。
これはほっといても必ず毎年花を咲かせてくれる優等生です。

d0020789_15294458.jpg
この間実家に帰った時にあまりに立ち姿が綺麗だったので子供が写したもの。
コントラストがなかなかいいですよね。

d0020789_1533592.jpg
墨田の花火。
今年、うちの墨田の花火はガク紫陽花の勢いに負けてしまったのか蕾つかず。

d0020789_1535452.jpg
今年は恐ろしいほど花をつけた我が家のガク紫陽花。
近所の人が今年はすごいね~と声をかけていきます。

d0020789_1612650.jpg
これは主人と共に私のところへお嫁にきたサボテンです。
(何ゆえに独りサボテンを愛でていたのか皆目わかりませんが。)
なので25歳くらいにはなっているでしょう。
一度だけ花を咲かせたのを見たことがあります。貴重なショットです。(笑
おばあさんがコサージュつけてるみたいに見えて可憐です。
今度はいつお目にかかれるでしょうか。

d0020789_1662029.jpg
昨年植えた青紫蘇からタネがこぼれたようです。
知らない間にあちこちに青紫蘇が芽をだしていました。大きくなるのが楽しみです。



何の料理ネタもアップしてない今日この頃。
そう言えば長く牛角にも行ってないな~なんてことを思いつつ。
こんなものを発見しました。かなりにんにく効いてます。
d0020789_16324739.jpg
胡麻油と胡麻を足すのだそうです。ついでにレモンも足しました。
味が濃いので少し控えめに使うほうがいいようです。

毎日わしわしキャベツ食べてますが、たまにはガツン系の味もいいです。
でも、やみつきにまではならないだろうな・・
[PR]
by hal_84 | 2007-06-17 16:49

末娘のPC。

去年、末娘は高校の入学祝いに兄に白いノートパソコンを買ってもらったんですが
この春に壊れてしまいました。
保証期間はギリギリ残ってたので無償修理なのですが、マザーボードを交換しても
常時起動できないという現象は改善されません。再び修理へ。
そしてまたマザーボード交換。そしてまた同じ現象。
仕事中に繋がらないサポートに何度電話したことでしょう。
さすがに3度目は、「マザーボード交換するだけじゃなくちゃんと見てくださいよ!」と
母は怒鳴ってしまいました。(ウソです。やさしく怒りました。)

昨日留守電が入っていて、「新しい商品と交換させていただきたいのですが・・・」
他のPCにデータを移してあるので全然問題ないと本人は言ってますが
ただ、末娘のPCは「小雪」という名前がついてるので、小雪がいなくなると思うと
寂しいらしいです。(アホか・・)

「PCってこんなに簡単に壊れるものなん?」by末娘
「壊れへんと新しいの売れないやん。」by母
「ていうか、他に問題があるような気がする。」by姉

そして姉が差し出したUSBメモリにとある画像が。









d0020789_8312764.jpg

d0020789_832085.jpg

d0020789_8322684.jpg




「いっつもアイの寝床になってたし。」by姉



抜け毛の季節だしね。
PCは精密機械だっていうことを忘れてる。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-17 11:10

梅仕事とらっきょう漬け。

梅雨入りと共に田舎から梅が送られてきました。
今年は例年より大きめです。ダンボールに2箱届きました。
平日に届くと二進も三進もいかないのであります。
いつも梅が来るのを楽しみにしてくれてる近所のおばちゃんに即刻引渡しです。

「時間ないやろ?洗っておいとくから持っといで。」と、優しいお言葉。
ついでに漬ける瓶も渡して消毒してもらった・・・(いいのか?賄い人?)


d0020789_618844.jpg
アク抜きのために一晩水に浸けます。
↑ご覧のように少し茶色くなりますが心配ありません。
あまり完熟してたり、傷があったりすると水分を沢山含んで破れたりすることもあり、
カビの原因になるので取り除きます。

d0020789_6214949.jpg
容器は熱湯消毒や天日に干します。
その後、我が家は35度の焼酎で更にアルコール消毒します。
減塩する場合は水のあがりをよくするために瓶肌に焼酎をふき掛けます。
梅酢があがってくると焼酎と梅がハモってワインのような香りがしてきます。

赤紫蘇が出回ってきたら塩で揉んでアク抜きをし、これを梅に入れ夏の土用に
三日三晩干して梅酢に戻すわけですが、去年は少し違う漬け方をしました。

d0020789_6314856.jpg
これは赤紫蘇を入れません。
三日三晩カリカリに干した後、梅酢に戻さずそのまま保存するのです。
塩がふいてるっていう感じですね。
不思議に白梅は赤くなり、梅の旨みが濃縮した感じでしょっぱさもまろやかです。
あんまり美味しいのでいつもの梅干は誰も食べなくなったほどです。
こんなに愛された梅干は私の20数年の梅仕事史上初でございます。(笑
是非お試しくださいませ。


****************************

d0020789_6435471.jpg
先々週、らっきょうも漬けました。
米酢、砂糖、塩、みりん少々を一度煮立させて冷まし、
洗ってから熱湯に一度浸け、よく水気を切って冷めたららっきょうを入れるだけです。
昔は塩漬けからしたものですが、この方がカリカリとした食感が長く残りますね。

d0020789_6492220.jpg
今年は生協から届いた黒いキビ砂糖を使ったので漬け酢が真っ黒。
でも、甘さはかなり控えめにしてあります。(鷹の爪は倍増・・
黒キビのせいかまろやかな味に仕上がり、コク(?)のようなものが出ています。

d0020789_16155821.jpg
今年は少し味わいの違うらっきょうが出来上がりました。黒いけど。。。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-16 10:37

アイコレクション。

子供が勝手に私のデスクトップに猫フォルダを作っていくんですね。
「アイにゃんとお友達」とか、「キモにゃんの広場」とか。
まあこれはブログのネタにしろということでしょう。
子供たちの画像フォルダから。

d0020789_154946.jpg
この間、アイはお姉ちゃんに帽子を作ってもらいました。

d0020789_7505798.jpg
猫耳が収納できる形になっています。(笑
ヒモがついててアゴの下でリボン結び。まあ、猫には迷惑な話だな~

d0020789_1562759.jpg
これはベビードールがよく被っているようなフレアな帽子。
布を一枚ずつ重ねて薔薇のコサージュ付き。

d0020789_7492369.jpg
猫耳がでるように両サイドに穴を開けてあります。(爆

d0020789_7495615.jpg
娘たちに遊ばれてお疲れのご様子で、帽子被らされても抵抗してませんね。
つか、憂いすらありますね。つか、可愛い系似合わんね~~アイ。
娘たちは、「アイぶさいく~~」と盛り上がっていました。

d0020789_7513029.jpg
娘が体育祭で使った手首のフサフサをアイの顔にはめ込み、きゃ~きゃ~
大騒ぎしてました、確か・・・。   つか、君も抵抗しろ!

d0020789_7485043.jpg
そして、猫は疲れ果て。。。

d0020789_7482014.jpg
アイさんよ~やっぱり何もないほうがよろしおすな。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-09 10:00

新生姜の甘酢漬けとハーブソルト

あちこちで紫陽花が鮮やかに咲いていますね。
我が家の紫陽花も今年はたくさん花を咲かせてくれました。

d0020789_5441384.jpg
携帯代替機で撮ったから綺麗に写ってないけど今年は青色もしっかり出てる。

d0020789_5454815.jpg
シャープに加工しても限界があるな・・・(笑



d0020789_614319.jpg
新生姜が出回っています。今年も甘酢に漬けました。
新生姜は綺麗に洗い水分を拭き取り、表面の皮を薄く剥きます。
薄くスライスして、酢、砂糖、塩、みりんを一度煮立させて冷ましたものに漬けます。
(スライスした生姜を一度熱湯にくぐらすというやり方もあります。)
私はジップロップに入れましたが、ビンやシール容器でもどうぞ。

d0020789_603534.jpg
冷蔵庫で保存しますが、翌日から食べることができます。
今年は梅酢も少し加えてみました。生姜のピリ感がいい箸休めになります。




d0020789_692979.jpg


























ぱんださんから戴いたハーブソルト。
旨みと優しい塩加減が絶妙で、どんな料理にも合います。
どこでも売ってるものではないようなのですが、見かけたらお奨めです。

d0020789_6151450.jpg
生鮭を焼くときに使ったり、パスタに使ったりしましたがとても好評でした。
これはヘルシー志向のお塩ですが、妙な勘が働いてお肉にこそ合わせて
みたかったんですよね。

d0020789_6191065.jpg
オージービーフにエノキ茸と小松菜の茎部分を巻いて焼き、ハーブソルトだけの
調味なんですが、素材の味を生かしたままの優しい仕上がりになります。
末娘が旨い!と唸りました。
ぱんださんがスイスの病院でも使われていると仰ってました。納得です。

画像がなんかショボショボだわ~美味しさが伝わらんやん。(笑)
携帯返ってくるまでデジカメにしよう・・・
[PR]
by hal_84 | 2007-06-08 16:27

他力本願。

念願のオリジナルスキン。

すごいねーーーーーーーー!

うちのお姉ちゃんは・・・・・・・・・(笑)

遅~い母の日のプレゼント。


料理ネタなし。。。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-05 22:58

末娘の体育祭と鯵の南蛮漬け

「おかん、体育祭見にきてや!」と末娘の言う。
「月末やから忙しいかも。」
「えぇ~~~~~~~~ 」
職場の人に言うと、「来ていらん言うのが普通やのになあ。」と。
さもありなん。
伝統的に体育祭に命かけてるようで、文字通りお祭りごとなのでしょう。

体育祭の目玉は1年生から3年生まで縦割りのチームを作り
8縦のチームがそれぞれのダンスパフォーマンスを披露するというもの。
3年生は3年生になった4月からその準備に入り
振り付け、楽曲の編集、衣装の構想までフル回転。
そうこうしているうちに試験があり、その試験の最終日の放課後から
本番前日まで朝晩の練習が始まるのであります。
さすがに予行が終わった日、うちの娘はボロボロになっていました。

雨で順延になったため、ひと段落の仕事も昼までに終え、
長女と合流して観戦することができました。
平日にもかかわらず、何と生徒の数と同じくらいの親達が見に来てる。
卒業した先輩達もたくさん来てる。
高校の体育祭としては前代未聞かもしれません。

d0020789_6573728.jpg
パフォーマンスが始まる前にチームリーダーがマイクで皆に呼びかけます。
「みんな、ついてきてくれてありがとう!」
「きついこともいっぱい言ったけどごめんな!」
「初めての1年生も頑張ってくれてめっちゃ嬉しかった!」

絶叫しながら泣きながら。
100人以上の人間を統率するのは至難の技だったことでしょう。

娘のチームは蜂をイメージしたコスチュームなんですが、
今年は母に泣きつくこともなく自分で縫い、ミシンかけは姉に手伝ってもらい
いつの間にか完成させていました。
最終の部門ごとの発表で娘のチームはパフォーマンス部門で準優勝。

最後の閉会で先生の言葉。
「みんな!楽しい体育祭を見せてくれてありがとう!!」
よく学びよく遊び。先生も生徒も熱いのが面白い。

d0020789_6411083.jpg
(今さらモザイクかけんでも・・何度もブログ登場の人。)
衣装を体操服に着替えるために30分休憩があり、姉が見つけて記念写真。

↑最近、携帯カメラの調子が悪いと思っていたらこの有様。(T-T)
フリーズおこすは電源おちるは。このあと母の携帯は入院しました。
いっそ機種変更しようと思ったら今の携帯より画素数の多いのがないのです。
しかも、ワンセグ6万円とな。最近の携帯事情を知ってびっくり。
撮りためた画像もなくなったので、またボチボチ頑張ります。


d0020789_826685.jpg
この間作った南蛮漬けの画像はPCに保存してたのでアップしておこう。
久しぶりに小鯵をおろしました。
まだ新玉葱が出回っているので南蛮漬けにすると美味しいですね。
柚子ポン酢にみりんを足してレンジにかけます。
ポン酢がまろやかになっていい具合になります。
それをかけてラップで押し蓋をし冷蔵庫で暫く寝かせます。

と、書きながらHAL家では寝かせる間もなく食卓にのぼりますが。(笑)
手抜きから生まれた南蛮漬けですが、私が自作するより評判が宜しいようで
我が家の南蛮漬けはいつもこのやり方です。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-03 09:49