<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

青梗菜とアボガドタルタルソース。

18歳の末娘は麻疹の予防接種を3月までにしないといけなかったのですが
ずっと後送りにしていたら、1月末の大学への提出用紙にも麻疹に関しての
項目もあり、慌てて予約し、病院で待ち合わせて何とか間に合いました。

18歳なのに保護者同伴なのだそうです。
しかも母子手帳もいるそうで、十何年ぶりに引っ張り出しました。
先生いわく、大阪の予防接種率はかなり低いのだとか。
以前、大学で麻疹が流行り大変な事態になってるニュースがありましたね。
親も小さい頃は心配で、せっせと受けるものは全て受けさせるのでしょうが
この期に及んでは、すっかり安心して忘れているのかもしれません。


d0020789_740255.jpg
簡単青梗菜炒め。
先月だったか青梗菜(チンゲンサイ)の産地を訪ねるというのを
トミーズのケンちゃんがやっていて、その農家のお母さんが
ささっと作っていた簡単おいしい料理法です。

d0020789_721350.jpg
青梗菜のカブのほうをバラバラにしないで根元がついたまま
6等分くらいのくし型に切ります。

先ず、豚肉を炒め(今日は皮付き三枚肉を少々厚めに切っています。)、
焼き色がついたら軽く塩胡椒して豆板醤を加え満遍なく炒めます。

そこにくし型に切ったカブのほうから炒め合わせ、柔らかい部分は後で。
最後はお酒少々でのばしたテンメンジャンで仕上げます。
(実際にはお酒でのばさずダイレクトに入れていました。)
一気に仕上げてシャキ感を残すほうが美味しいですね。

青梗菜が安いとき、仕事で遅くなったとき、もう何度か食卓に上りました。
かぶをくし型に切るっていうのが楽しい調理法ですね。


d0020789_7103644.jpg
アジフライのアボガドタルタルソース
アジフライと言えば、いつもタルタルソースですが、この日はアボガド入り。

玉葱、ゆで卵、黄パプリカのみじん切り、きゅうりのピクルスが切れていたので
ケイパーの酢漬けをみじんにして加えました。
アボガドは1センチ角位に切り、色止めにレモン汁をかけておきます。
マヨネーズ、豆乳少々(牛乳)、塩胡椒少々。

我が家にはマヨラーのアボガド嫌いもいるのですが、美味しかったようです。
この日のアジフライは生協できた冷凍を揚げただけ。
節操のないタルタルソースてんこ盛りに画像を見てから大笑いです。
[PR]
by hal_84 | 2009-01-30 13:41

遅まきの大根漬け。

新年のご挨拶をしようと思いつつ、またこんなに空いてしまいました。
非常召集がかかり、実家からとんぼ返り、お正月の3日から仕事をしていました。
タイトなスケジュールに一人倒れ、二人倒れ、私も今週は風邪をこじらせ
伏せってしまいましたが、なんとか復活です。

その風邪を末娘にうつしたようで、学年末試験を目前に大ブーイングであります。
とはいえ、来月は卒業式。
お弁当もいらなくなり、朝の仕事がひとつ減ったものの何だか寂しいものです。


d0020789_9202885.jpg
この寒いうちに大根漬けをしておかないとと20本ほど干していました。
大根の葉の根元と根元をくくって2本づつ物干し竿に下げていたのですが、
ベランダに出た主人が、「葉の根元を切り落として干さないと葉が成長しようと
大根の水分をとってしまう。」と言うのです。

なるほど山の子。子供の頃からお母さんの仕事を見ていたのでしょう。
薀蓄だけは山ほど言ってくれるけど、じゃあ、どうすればいいの?と聞くと
珍しく、重い腰を上げて干し直してくれたのが、この画像です。

竿にヒモをわっかにして左右2本かけます。
一番下はそこに大根を渡します。2本目からはそのヒモを交差させて大根を
はさみ、順に積上げていくだけです。こんな説明でわかるでしょうか?
簡単で省スペース大根干しになりました。
毎年やってるのにね、見て見ぬ振りしてたわけです。(笑

d0020789_9594040.jpg
10日ほど干すと随分柔らかくなりました。
これをまな板の上で2本づつ手のひらを使ってゴロゴロさせると
大根のシワがとれてきれいな表面になります。
これは、お師匠さんのcincoさんより習いました。

d0020789_103380.jpg













家の精米機で出た糠を煎り、大根の重さ5%の粗塩、三温糖(ザラメ)、昆布、
鷹の爪、色づけのくちなしの実(真ん中に見えているもの)を合わせておきます。
残念ながら今年は柿の皮を干す余裕すらなかったので入っていません。
味にどういう差がでるのでしょうね。

d0020789_10112392.jpg
漬物樽の底に合わせた糠をたっぷり入れます。
大根を樽に沿ってまるく入れながら、一段ごとに合わせ糠を降りかけます。
隙間には干した大根葉を入れて均一にします。

d0020789_10145371.jpg













最後に残った合わせ糠をたっぷりのせて中蓋をし、重石をのせて約1ヶ月。
毎年出来上がりがこわごわです。去年のように美味しく漬かることを祈りつつ。
[PR]
by hal_84 | 2009-01-25 15:08