タグ:ご飯ものめにゅう ( 27 ) タグの人気記事

松山揚げの枝豆ご飯。


d0020789_823336.jpg















猫会議かと思いきや寝てるマロを見ているという珍しい2ショット。
アイはマロの監視にお疲れのようで、寝ている時間が多くなりました。
5.5キロあった体重が5キロに減りました。
猫も人間と同じで子育ては疲れるもの。
アイさん心中お察し申し上げます。



d0020789_8304139.jpg















ブーゲンビリアの花が少し咲いてきました。
放っておいても季節になればちゃんと枝を広げてくれますね。

ブーゲンビリアの赤い部分は実は花ではないそう。
花は退化してないのだそうです。
そこから出ている白い雌しべのようなのも実はガクなのだそうです。

開花前、ご近所さんから「ブーゲンビリアはどう?」とよく聞かれました。
うちのベランダ越しから覗く花を皆楽しみにしてくれているのを知りました。
なので、今日からめっちゃ外に向けてお披露目しています。(笑




d0020789_8442798.jpg














塩ゴーヤの梅かつお。

この間、ゴーヤの胡麻油風味というのを載せました。
それの続きで。
スライスしたゴーヤは軽く塩をしてビニール袋やジップロップで
一晩寝かせます。
梅干と鰹節を叩いて、水気を絞ったゴーヤと和えるだけ。




d0020789_8584751.jpg














何の変哲もないポテトサラダですが、ジャガイモ以外は
火を通さずに作ったほうが絶対身体にいいよね~という訳で
玉葱スライス、人参と胡瓜は薄くスライスして塩少々で揉み、
生のコーン、レタス、酢漬けのケイパーと合わせました。

亜麻仁油、レモン汁、塩コショウ、マヨネーズ少々で和え。
最強かも?!(笑




d0020789_9101997.jpg















愛媛の名産「松山揚げ」をご存知でしょうか?
以前にも載せたことがありますが、生協である度に注文してます。
大阪でも近鉄系のスーパーなんかに置いてあるようになりました。

    

d0020789_9141063.jpg













生協から届いた北海道産の枝豆と松山揚げで枝豆ご飯。
昆布を入れ、鰹出汁、薄口醤油、塩、みりん少々で調味。
(この日はもち米も少し加えています。)

松山揚げは軽いので一番上に膜をはったように炊き上がりますが
混ぜればほぐれます。
しっかりした出汁と松山揚げがとってもいい味に仕上げてくれます。
これは他の薄揚げには真似が出来ないんですよね。
シンプルながら美味しいご馳走になりました。




d0020789_9223678.jpg















以前、ぱんださんが強力粉は油をあまり吸わないと書かれていた
のを思い出し、鶏肉に酒をふり、ギャバンの荒引きガーリック、
生姜、塩コショウで味付けして揚げてみました。
画像のように、あまりギラギラしてませんね。
フライドチキンのような仕上がりに。美味しかったです!
まあ、唐揚げを食べること自体がヘルシーじゃないけどね。(笑
[PR]
by hal_84 | 2009-07-09 11:14

真竹の中華おこわと水茄子の浅漬け。

いつも5時にアラームかけてるんですが、アラームが鳴る前に目が覚めます。
しかも、4時とか4時半とかに目が覚めてしまうようになり、お昼ご飯を食べてからの
眠いこと眠いこと。土曜日曜も同じ。すごい年寄り化してきてますね。(笑

なのにその頃、子供が「おやすみ~」なんて自分の部屋へ寝にいくものだから、
「今日、学校お休みなん?」とわざと言ったりしてね。
再び起こすわけですが、3時間足らずで起きれるわけもなく、私の罵詈雑言は
起きてくるまで延々と続きます。ちょっとブログには書けません。(笑




d0020789_954134.jpg














子供が言うには昨日の夜は2回も猫団子になったそうです。
もっぱらマロが寝てるアイにくっついていきます。
アイの尻尾を掴んで寝てるんですが、アイは尻尾を
触られるのがとにかく嫌い。すごいぞマロ。


d0020789_9565191.jpg















アイはお尻大きいからね。安定感たっぷり。
もう全然アイは怒りません。


d0020789_9594543.jpg















ションボリ顔も少し逞しくなってきました。


d0020789_1004728.jpg













マロ12日目。
500gだった体重が615g。背も4センチ伸びました。
片手にちょこんと載っていたのにはみ出します。



昨日は真竹で中華おこわを作りました。

d0020789_1083784.jpg













生姜みじん切り
玉葱みじん切り(白ネギのみじん切りでも)

干し椎茸は戻してサイコロ状に、戻し汁はとっておきます
干し貝柱(干し海老)も戻して戻し汁をとっておきます

人参もサイコロ状、真竹も適宜に切っておきます

貝柱だけで作る予定が、この間見つけた冷凍室の一番下に眠る
チャイナベーコンを捨てようかどうしようかと悩んでいて、
結局ここに入れることにしました。脂の辺りを思い切り削いで。

先ず、中華鍋にごま油を入れ生姜、玉葱を炒めます。
次に他の具材を全て入れて炒め合わせ、椎茸、貝柱の戻し汁と
水、酒、醤油、砂糖、塩を加えます。


d0020789_10214023.jpg













先に洗ってザルにあげておいたもち米、うるち米(半々の分量)を
鍋に移し、水分がなくなるまで十分に含ませます。
蒸し器の湯気が立ったらふきん(クッキングシート)を広げ、中華鍋から
移し、フタをしてお米が透き通るまで柔らかく蒸しあげます。


d0020789_10384040.jpg
完成。
昨日は分量も適当にしたんだけど、何とか美味しくできました。
少し蒸しムラあるけど・・(^^;;



d0020789_10422258.jpg














この間から水茄子を糠に漬けるんだけど、いまいち美味しくないので
塩水に漬けて作ることに。

水茄子4本
水1200cc
塩大さじ6
焼きミョウバン大さじ2(色止め)

熱湯に塩を入れて溶かします。溶けたら火を止めて
焼きミョウバンを加え、冷めるまで置いておきます。
冷めたら水茄子を浸け、重石をします。(常温で)
1~2日で食べれます。


d0020789_1052938.jpg
















お約束で水茄子は頭のところに切り込みを入れて手で裂きます。
この間買った水茄子専用醤油をかけて。
美味しいね~茄子って、もうこれだけで生きていける。かも?
[PR]
by hal_84 | 2009-07-01 12:10

シークワーサーの蕾と旬ご飯。

ゴールデンウィークに入りましたが、こちらはさほどゴールデンでもなく
休日も少し仕事をせねばなりません。
まあ、あまり休みと本来のぐーたらぶりが顔を出しそうなので、ほどほどに
のんびりがいいかもしれません。



d0020789_937145.jpg


















3年前位にシークワーサーの苗を買いました。
30センチほどのものでしたが、お店の人に結実までにどの位かかるか
聞いたところ、7~8年位でしょうとのことでした。
それでも結構ぐんぐんと伸びるので成長は早いようです。
この3年の間に1m以上にもなりました。

隣に植えてあった柚子の木が去年病気で枯れてしまったので、
白いものがついてるのを何かの病気だと思っていたら、何と蕾でした。
20個ほどの可愛いのがついています。

以前、沖縄の叔母が沖縄でもシークワーサーの木が減ってるのよと
言っていましたが、この大阪で結実しますでしょうか?楽しみです。



d0020789_9503872.jpg
















筍と貝柱のご飯。
そろそろ筍も終わりでしょうか。
この日は干したイタヤ貝の貝柱を戻して一緒に炊いてみました。
干し物っていうのは旨味が凝縮されていい味をだしますね。
この間炊いた筍ご飯よりうんと美味しかったです。


d0020789_9564060.jpg
















「うるい」のごま和え。
多分、山菜のひとつと思われますが、クセがないので
さっと茹でるだけで簡単に食べれます。


d0020789_103818.jpg

















アサリの白ワイン蒸し。
これはとーちゃんのお酒の肴に。
温めたオリーブオイルににんにくを加え香りが出てきたら
こすり洗いしたアサリを加え、胡椒、ハーブソルトをふり、
白ワイン少々でフタをして蒸しました。


d0020789_1092834.jpg















ふきのとうとタラの芽の天麩羅。
慌てて撮ったので中途半端な画像なので小さく載せます。(笑
唯一、ふわっと花が咲いたように揚げれたもの。
でも、どうしてこの苦味はこんなに美味しいのでしょう。

d0020789_1094042.jpg















これは一緒に揚げたワカサギ。
お酒少々をふって姿のまんま揚げます。
[PR]
by hal_84 | 2009-04-29 13:02

筍ご飯とわらびの醤油漬け。

田舎から筍が送られてきたのですが、いつもなら少し長けた大き目のものが
届くのですが、今年はお店に売られてるような標準サイズ。
このほうが柔らかくて美味しいのですが、何だか様子が違うので聞いてみると
イノシシが掘り起こして食べてしまうので早めに送ったとのこと。
イノシシが出るなんて聞いたこともなかったし、義兄も初めての事なのだそう。
山に食べるものがなくなってしまったのでしょうかね。


d0020789_9523449.jpg
筍を買うときは穂先が黄色いもののほうが柔らかいんですよ。これは緑色やん。(笑

d0020789_9525370.jpg
わらびは春先から長く収穫できます。
田舎の山の恐ろしいほどのわらびの群生を皆さんにもお見せしたいですね。

d0020789_11777.jpg
画像に撮ると筍がすごい大きく写ってる。(笑
白出汁とお酒で炊いています。
cincoさんのブログでご近所の方が山椒の新芽はご飯にのせて食べても美味しい
という記述があったので、いつもは飾りものの山椒の葉を食べるとクセもなく美味。
皆さんは山椒の葉を一緒に食べてました?
お醤油かけて山椒の葉ご飯なんていいかもですね。
我が家の朝倉山椒は摘み取るごとに元気になっていくような。

d0020789_1113036.jpg
いつも玄米と白ご飯の両方を炊くというややこしい家ですが、
ご飯の炊きかたを朝のTVで「お米マイスター」の方が伝授されていたので
この間から実践してみると、これが本当に見事に炊きあがります。
筍ご飯を超アップで撮影するとお米が一粒づつきれいな形をしているのが
分るでしょうか?お米が壊れてでん粉質が流れ出すのがベタツキの原因との事。
炊きあがりはお米が立っていて、パラパラとしゃもじでほぐれます。

また、この炊き方がすごく簡単で目からうろこ。
見られた方もいらっしゃるかもしれませんが、以下書いておきますね。

①大きなザルとボウルをセットして水をはっておきます。
②お米を入れて素早くかき混ぜ、また水を替えて洗います。4回程でいいでしょうね。
③ザルで水を切り、5分おきます。その後分量の水と炊飯器で炊く。


手の腹で研ぐように洗うとよく言いますが、これは一切研ぎません。
また、お湯で洗うのはNG。炊くときも必ず水から。
こんな簡単なのに炊き上がりが全然違うってすごいですよね。
伊達にマイスターの称号は持っていらっしゃらないと感心しました。

d0020789_954144.jpg
鰹節削っていつものかつお煮。
d0020789_9543650.jpg
手羽先と炊いてます。
バターしょうゆも作ったけど、画像ブレブレでNG。
まだ少しあるので何か楽しいレシピを考えます。

d0020789_954575.jpg
わらびの醤油漬け。
これは去年作ってはまりましたね。

わらびは重曹をふりかけてから熱湯をたっぷりかけてアクを抜きます。
(熱湯を沸かした鍋の中に入れてはいけません。)
冷めるまで置き、更にきれいな水に浸けて一晩おきます。

アクを抜いたわらびを沸騰したお湯に入れ、再び沸騰したらザルにあげます。
鰹出し少々を作り、酒、醤油を加えてひと煮立ちさせ、冷まします。
それに4~5センチ長さくらいに切り揃えたわらびを浸し、一晩置きます。

調味液の分量はアバウトなのですが、醤油2:出し汁1にお酒を少し足す位の
しょっぱさが味がぶれずに美味しく仕上がると思います。
甘めがいい方は市販の出し醤油やめんつゆにつけてもいいかもしれません。
[PR]
by hal_84 | 2009-04-18 11:50

大根漬け完成と青紫蘇てんこ盛り。

菜種梅雨のように雨が続きますね。
寒い寒い春です。

d0020789_64734.jpg
先日漬けた大根漬けが漬け上がりました。
くちなしの実で色付けしたわけですが、黄色がよく出ていたり薄いところがあったり
面白いものですね。
暖かかったり、寒かったりと気候が不安定だったんですが、なんとか漬け上がり
うまい!と主人にも及第点をもらいました。
自分が干したからね~なんて言うと旨いものはウマイなんてことをいいます。
すごい天邪鬼なので、これ不味いねなんていうと、いや旨いと必ず言います。(笑


d0020789_7223762.jpg
雛祭りの時のちらし寿司。
このとき、早く帰るはずが遅くなってしまったので、家にあるものだけで。
皆さん何を入れますでしょうか。
必ず入れる我が家の三種の神器は干し椎茸、かんぴょう、ささがき牛蒡です。

鶏が先か卵が先かみたいな話ですが、寿司飯の上に刻み海苔、錦糸玉子と
いつも載せて、子供が海苔は一番上にくるのが普通でしょうというのですが、
どうも自分的にはそれが納得いかず、本当はどっちが先ですか??(笑

最近、青紫蘇てんこ盛りがマイブーム。
この日、青いものが他になかったのでお決まりのように青紫蘇てんこ盛り。


d0020789_7262439.jpg
牛肉のバター醤油炒め。
何年か前にtikitikiさんが椎名誠さんのレシピを紹介してたことがあります。
バターで炒めた牛肉と青紫蘇に醤油で味をつけるというシンプルなもの。

何度か作りましたが、青紫蘇は盛り付けた後に載せて絡ませながら食べるのが
青紫蘇がへたっとならず、また色もきれいでいいようです。
それと、バター醤油プラス軽い塩コショウが味がぶれずにお奨めです。
これもまた青紫蘇てんこ盛りでお願いします。
[PR]
by hal_84 | 2009-03-07 08:43

わらびの醤油漬け。

昨日今日とお天気ですが、週末お天気が悪く日曜日はひどい雨でしたね。
田舎からの荷物をダンボールのまま1日置いてたら筍の皮にまでカビが生え
この季節、食べるものにも気をつけないといけませんね。
テーブルに手をついたところにもカビが生えるなんて実験でやってましたよ。
梅雨明けはいつ頃になるのでしょうね。


d0020789_6503529.jpg
「わらびの醤油漬け」
田舎から送られてきたわらびですが、春に送ってくれたものより細いです。
主人が言うには、9月頃まで採れるそうですが、だんだん細くなるのだそう。

わらびは重曹をふりかけてから熱湯をたっぷりかけてアクを抜きます。
(熱湯を沸かした鍋の中に入れてはいけません。)
冷めるまで置き、更にきれいな水に浸けて一晩おきます。
結婚した頃、今は亡き義母がわらびを沢山送ってくれるのですが、
どうしたらいいのか分らなくて義母に電話で聞いたところ、灰をかけて
熱湯をかけると教えてもらいました。
当時、主人の生家ではまだ釜戸があったんですね。懐かしいです。

いつもワンパターンなので、今日は醤油漬けを作ってみました。
アクを抜いたわらびを沸騰したお湯に入れ、再び沸騰したらザルにあげます。
鰹出し少々を作り、酒、醤油を加えてひと煮立ちさせ、冷まします。
それに5センチ長さくらいに切り揃えたわらびを浸し、一晩置きます。
(先のふさの部分は状態が良くなかったので切り取りました。)

すっきりとした味わいで、煮たものとはまた全然違う美味しさでした。
お酒の肴にもいいですね。定番になりそうです。
調味液の分量はアバウトなのですが、醤油2:出し汁1にお酒を少し足す位の
しょっぱさが味がぶれずに美味しく仕上がると思います。
甘めがいい方は市販の出し醤油やめんつゆにつけてもいいかもしれません。


d0020789_6505628.jpg
d0020789_6511344.jpg

どっちの画像も入ってるものが同じという。(笑) 下画像は真竹のおこわ。
今年の真竹は代わり映えのない煮炊きで使い切りました。また来年まで。
[PR]
by hal_84 | 2008-06-25 11:42

ひよこ豆のドライカレー

今朝いちに緊急ミーティングがあって、昼前までかかったんですが
もう眠気との戦いであります。
今朝は無理にでも5時まで寝ようと思っていたら、枕元でカランカランうるさい。
猫のアイでした。もしかして、毎朝4時に私を起こしてるのは君かい?!



d0020789_774193.jpg
ひよこ豆のドライカレー

何度か載せました。
新玉ねぎを使ったので、ピリ甘な美味しいカレーになりました。

材料(1人分当たり):
合挽きミンチ肉100g、玉葱1/4個、ひよこ豆60g、にんにく1片、生姜半片、酒、
ウスターソース・カレーパウダー各大さじ1/2、オリーブオイル、砂糖ひとつまみ
(我が家ではヘルメスソース使用)

作り方:
①玉葱は粗みじん、生姜・にんにくは包丁の腹でつぶしみじん切りに。
②フライパンにオリーブオイルを暖め、生姜・にんにくを炒めていきます。
③ニンニクが色づき香りがでてきたら、玉葱を投入します。
④玉葱が炒まって透明になったら合挽きミンチを入れ塩コショウをし強火で炒めます。
⑤お肉の色が変ったらひよこ豆を入れて炒め合わせ、酒、ソース、カレーパウダーを
加えよく馴染んだら完成。





d0020789_78812.jpg春から海草類が生で出回っていて嬉しいですね。何度か載せた芽株なんですが、自分的発見をしたので書いてみます。

といっても、大したことないですが。(笑








d0020789_782691.jpgいつも形のまんま熱湯に放り込んで茹でてました。そうすると細切りにする時、手元が芽株のぬるぬるで切り難いですよね。

それを生の状態で刻んでから茹でるといいというお話なんですが・・
あ、それって普通でした?(笑






d0020789_784024.jpgいかに細く切るかで食感が変わりますが、まあ、こんなもので・・

先般作った自家製ポン酢で。こちらも熟成して美味しくなりました。
[PR]
by hal_84 | 2008-05-23 12:45

チャイナベーコンの中華おこわ。

バレンタインでしたね。
高校生の末娘は紙袋に沢山のチョコを抱えて帰ってきました。
どれも可愛くラッピングされてて、手作りのものばかりです。
チョコは20個ほどあり、クラスの女の子の大半がくれたのだと思われます。
それを写メしてるので、「ブログに載せるん?」と聞くと、
「ううん、ホワイトデーのお返しのリスト作ってんねん。」
「まあしかし、みんなリキ入ってるな~」なんてことを言います。

昔から、何があっても我関せずの娘で、バレンタインに友達にチョコあげるなんて
つゆも考えなかったのでしょう。
しかも、ホワイトデーにって、このセブンティーンは中身はおっさんであります。



d0020789_9453599.jpgちょうど一年前くらいにチャイニーズベーコンを作りました。
以前の記事と作り方はこちらから。

雨や雪の日があったので、都合4日ほど、ベランダに吊るしておきました。
ベランダに洗濯物を取り込もうとした娘はこの謎の物体にかなり驚いたようです。(笑

ここのところの寒さでいい塩梅になってますね。

これをウーロン茶で30分ほど蒸すわけですが、それを使って今夜は中華おこわを。







d0020789_9534717.jpg




















用意するものは、干し椎茸を戻したもの(干し椎茸にひたひたの水を加え、ラップを落し蓋のようにしてレンジで5分加熱すると簡単に戻ります。)、玉葱と生姜のみじん切り、人参、筍、干し海老の戻したもの。椎茸と干し海老の戻し汁はとっておきます。

醤油、オイスターソース、酒、砂糖、コンソメかガラスープ、胡麻油、水(戻し汁を足して)、もち米を中華鍋で火にかけ混ぜ合わせ、水分がなくなったら蒸し器に移します。ときどき覗いて蒸し上がりを確認しました。


d0020789_1001681.jpg
いつも炊飯器で炊いていましたが、チャイナベーコンを蒸したついでに今日は蒸してみました。よく考えたら、炊飯器だと水加減に神経を使うので、蒸したほうが簡単ですよね。クッキングシートを使えば、後片付けも楽ですね。
簡単炊飯器おこわなんて言ってたけど、意外な盲点だったな・・(笑

d0020789_1045634.jpg
今日は甘栗なしのシンプルおこわです。チャイナベーコンを使いましたが、焼豚や
茹で豚でも。おっさん末娘にも大好評。



d0020789_1025528.jpg



















クイジナートで作ったかぼちゃの豆乳ポタージュ。

用意するもの:かぼちゃ、玉葱、豆乳、コンソメスープ、塩、バター
かぼちゃを数分レンジにかけ、皮を剥き、適当な大きさにスライスしておきます。
バターを入れた鍋にかぼちゃとスライスした玉葱を炒め合わせます。
豆乳を注ぎ、コンソメを入れかぼちゃと玉葱が柔らかくなるまで煮込みます。
仕上げに塩で味を整えます。
それをハンドブレンダーで撹拌して、濾して完成。
牛乳を豆乳に替えたら、何故か家族に不評。黙って食べなさい。(笑
[PR]
by hal_84 | 2008-02-15 10:50

サラダ巻とニラもやしの常夜鍋。

友人が亡くなった記事を書いてみたものの何だかウツになってしまって
非表示にしました。もし、見られた方がいらっしゃったらごめんなさい。
今日あたりはあっち側で笑っているかもしれません。


節分と言えば、大阪では恵方を向いて巻寿司丸かぶりと決まっています。
これは一本食べ終えるまで言葉を発してはいけないそうで、もうそんな元気が
ないので、我が家では普通に切って食べます。
娘の幼馴染が節分にお誕生日だったのですが、お母さんが巻寿司を巻いたことが
ないというので、急遽、巻寿司の巻き方教室になってしまいました。

d0020789_10414014.jpg
特に載せるほどの何のワザもありませんが。(笑
海苔は縦方向に上のほうを残して均一に酢飯を広げ、具を真ん中に。
子供達がサラダ巻がいいというので、野菜とカニカマ、出し巻きを用意しました。
なので、全然手間かかってませんね。有難いです。(笑
手前から巻いていき中央の具を少し押さえながら最後滑らすように巻き込みます。

d0020789_10535880.jpg
「あ、ほんま簡単やわ~」と本人満足してました。

d0020789_1058344.jpg
この端っこて美味しいですよね。



d0020789_1101789.jpg
ぜんぜん巻寿司に興味のない主人用に作った常夜鍋風。
出汁はガラスープにお酒。もやし、ニラ、豚バラ肉、豆腐だけのシンプル鍋です。

d0020789_118143.jpg
自家製ポン酢に柚子胡椒で食べました。
[PR]
by hal_84 | 2008-02-05 11:10

山芋鍋と黒豆おこわ

ようやく年賀状作りと大掃除が終わりました。
と言っても、ウエットモップで磨きたおしただけですが。(笑)

今年は過去最高くらいに喪中葉書が多かったですね。
自分もそういう歳になってきたわけですが、遠い友人のお父さんの訃報を見て
若かりし日のお顔を思い浮かべ、もうそんなお歳になってたんだと
歳月が途中で寸断されてることに気づきます。

明けて3日に、お世話になった和尚さんの訃報が届きました。
10月に彼岸花を見に行ったときお寺に立ち寄ったときはお元気でしたのに。
享年62歳という若すぎる死に、人に心を掛け奔走し、逝き急がれたのかもと
思ったりしました。
それでも涅槃のまだこちら側で、いつもの様に微笑まれてるような気もします。

人というのは変な意味でバランスよく出来ているなあと思います。
非の打ち所がない人だとか、あの人には苦労は一切ないだろうとか
人は傍目から見てそんな論客になったりしますが、それは先ずありえない。
人望があるとするなら、どこかで身をすり減らしているかもしれない。
事業に成功しても要らぬ輩が寄ってきたり、誹謗する人間がいるかもしれない。
友人は多いのに心を許せる大事な人ができないでいるかもしれない。
才能溢れる人なのにうまく社会に適合できないでいるかもしれない。

そんなアンバランスがバランスシートの上でプラマイつけて
なんと世の中はうまくできているのでしょう。
不条理が多いっていうことを前提として、まあ世の中そんなもんだと
笑ってしまうくらいの心の持ち様がちょうどいい塩梅かもしれない。

話がワープしましたね。(笑)
和尚さんの生き様を考えながらそんなことを思った夜更けでした。


d0020789_7125576.jpg
「山芋鍋」
以前、未平さんがどこかのダイニングで召し上がり感無量になったという記事を
載せたことがりました。大きな自然薯が手に入ったので再びトライ。
長芋と違い、摩り下ろすとかなりの粘り気があります。
美味しい鰹出汁を作り、煮立った中にスプーンですくっては落としていきます。
山芋だけでこんな弾力のあるおだんごができるんですね。
画像の鍋は実は小さな一人用の器です。はふはふしていただきました。


d0020789_8415470.jpg
「黒豆おこわ」
年末に田舎からもち米を送ってきたので、黒豆のドライ缶と合わせて。
このときは、もち米3合、お米半合、塩小さじ2/1、キビ砂糖小さじ2/1で
炊きました。これ黄金比率ですからね。(ウソです。) ごま塩かけて。
簡単なのに美味しかったです。


d0020789_8462240.jpg
いつものかぶらの酢の物なんですが、近鉄百貨店の地下で
珍しく赤かぶらを売ってました。
外は真っ赤だけど、皮を剥ぐと赤白まだらなんですね。
それをスライスして塩で揉むと、どんどん赤くなってきました。
で、次の日残ったものを見ると合え酢まで真っ赤。
まだまだ知らない食材が沢山あるのでしょうね。


今年も超手抜きでいかに簡単にご飯が作れるか模索しながら頑張ります!
[PR]
by hal_84 | 2008-01-08 09:42