タグ:豆腐・玉子系レシピ ( 12 ) タグの人気記事

手作り豆腐とイカのとん平焼き。

去年、ときどき野菜を送っていただく農園の方がズッキーニの種を同梱してくださり
我が家のプランターに蒔いたのですが、どうも発育が悪い。
ご近所の菜園をやっておられる方に聞いてみたところ、プランターじゃ無理かな~
というお言葉。だよね~。(笑) 本気で畑を探そうかなあ。



d0020789_10474324.jpg
久しぶりにウーウェンパンでお豆腐を作ってみました。
この日はスジャータの有機豆乳(成分無調整)1000mlに大さじ1のにがりを加えて
ウーウェンパンのスチームトレイに容器ごと載せ10分くらい蒸したでしょうか。
その後、15分位そのまま置き、荒熱がとれたところで冷蔵庫へ。
↑なるべく泡は立てないように。(笑

d0020789_10481975.jpg
この間、こんなものを発見しました。水茄子専用醤油??(笑)
お豆腐にもかけても美味しいというので早速。

d0020789_115318100.jpg
まったりとした味わいは男前を超えますね。(笑
一時豆腐作りにはまって色々試してみました。寒天で固めるバージョンとか。
レンジでもラップをフワッとかけて加熱すれば同様にできますが、
蒸し器で状態を見ながら蒸すのが一番確かかな?



d0020789_10502331.jpg
この間ti-koさんがお野菜を送ってくれたときに一緒に入れてくれたのが
このカクキューのもろ味噌。カクキューの赤だしは天下一品ですが、
こんな形状のもろ味噌はこちらでは見かけたことがないですね。

d0020789_10504999.jpg
夕方、菜園をやっておられる近所の方から採れたての大きな胡瓜をいただき早速。
甘くなく辛くなく美味しいもろ味噌です。
茄子も大きなのがゴロンと入っていて楽しいです。
(まあしかし、何という無理からの盛り付けよ。笑)



d0020789_10511472.jpg
イカのとん平焼き。
とん平焼きなる食べ物はご存知でしょうか?
お好み焼き屋さんなんかにいくと、豚ロースを鉄板で焼いて玉子に包んで
お好み焼きソースがかかって出てきます。大阪ではポピュラーな食べ物です。

イカの厚いのを(ムラサキイカとか)飾り包丁を入れてから短冊に切ります。
片栗粉をまぶし、ごま油で炒め、軽く塩胡椒をします。
火が通ったら溶いた玉子を流し入れ、軽く混ぜ合わせて出来上がり。
お好み焼きソースやトンカツソースをかけ、青ネギを散らしていただきます。
(お好みでマヨネーズも。)

簡単だけど、めちゃ美味しい。ビールもご飯もすすむくん。
[PR]
by hal_84 | 2009-06-12 12:15

簡単クリームシチューとおでん豆腐。

我が家の18歳がよく使う言葉に「テラウザ!」というのがあります。
飲み会から帰った母はよくこの言葉の応酬を受けます。
ヨッパの母はメガ、ギガを超えてテラ級にウザイらしい。(あかんやん・・)

WBCの某対戦を見ながら、「よっしゃ~!フルボッコにしてやれ~!」
また、今日の阪神の試合を見ながら、藤川選手が起用されなかった事を思い出し、
「今度は原ジャイアンツをフルボッコにしてやれ~!」と息巻いてます。
文字通りフルパワーでぼっこぼこの意味ですね。
(ちなみに阪神ファンでもなく、父親は熱烈巨人ファン。)

どうも日本語がかなり乱れておりますが、最近の若者達は造語作りの名人
でもありますね。(笑


d0020789_033743.jpg
以前、ミネストローネを作ったときに娘が「あ~幸せ。」と言いました。
温かいスープは幸福の味がするとその記事にコメントもいただきました。

美味しいだけでなく身体が温かいものや煮込んだ野菜を喜んでいるような気もします。
最近、ぱんださんお奨めの本を読みながらそんな事を改めて考えたりしました。

前置きが長いですが、これは以前にも載せた簡単クリームシチュー。
具材は冷蔵庫にあるもので。

小さく切った鶏肉、玉葱を炒め、小さく切ったキャベツ、人参、キノコ等を加えて
水をはり、コンソメで煮込んでいきます。この日は冷凍のコーンも入れました。
野菜が煮えたら生クリームを加え、コーンスターチ少々(小麦粉)でとろみをつけます。
仕上げに塩コショウで味を整えます。

ジャガイモや豆類を加えても美味しいですね。
本当に優しい味に仕上がるので、市販のルウが使えなくなるほどです。



d0020789_0521437.jpg
これは昨日作ったいつものおでん。
まだ具材が残ってるのに入れ切りません。皆さんも同じかな?
(ブログ用にいつもより整頓されて並んでいます。笑)

d0020789_0564100.jpg
で、今日は入れる予定だった木綿豆腐を足して。
煮込んだお豆腐をアツアツのお汁いっぱいに浮かべて鰹節、青葱、七味唐辛子で。
これ本当に病みつきになるくらいに美味しい。もちろん熱燗必須であります。
[PR]
by hal_84 | 2009-03-29 01:26

カルピスバターで簡単焼き菓子。

d0020789_7132658.jpg














随分前に買ったカルピスバター。
コブさんやsakuraさんのブログでも拝見し、はたまたichijoさんの出版化された
小説「ネイムレス・キャット」
(右のライフログにもあります。)にも登場した
名だたるシェフが絶賛したという幻のバター。
普通にHAL最寄り小さなスーパーの一画にぽつねんと置いてありました。(笑

せっかくだから、そのものが味わえる様なものを作ってカルピスバターデビュー
しようと目論んでいたら、大事にし過ぎて賞味期限があと2ヶ月くらい。
我が家の消費率からいうとさっさと使い始めなきゃということで、土屋さんから
メルマガで届いた「本当に簡単な焼き菓子」を作ってみました。

d0020789_714368.jpg
材料:(直径7、8センチのココット2個分位)
玉子2個、きび砂糖80g、バター50g、粉砂糖適宜、スライスアーモンド
(我が家にはサラダ用に生アーモンドが常備してあるので、それを刻みました。)

①オーブンは160℃に予熱しておきます。
ボウルに玉子を入れてほぐし、砂糖を加えて泡だて器で混ぜます。
②バターを鍋に入れ、ごく弱火にかけて溶かします。
バターが溶けたら、少しずつボウルに入れ、よく混ぜます。
③この玉子液をココットの8分目まで入れます。
アーモンドスライスを載せ、粉砂糖をたっぷりと振りかけ、160℃のオーブンで
30分ほど焼いて完成。あつあつのうちに食べます。

d0020789_715676.jpg
焼きたてはココットの器にこんもり膨らんでいますが、冷めてくるとしぼみます。
結構たくさん刻みアーモンドをかけましたが、これがアクセントになりました。

d0020789_71473.jpg
おまけ。
カルピスバター醤油焼きとうもろこし。(笑

末娘の焼きとうもろこしが食べたいというリクエストに答えて。
こうなるとカルピスバターだかなんだかよく分らなくなります。(笑
バターを切る時に少し食べてみたら、香りも味も別ものですね。
今度は何か美味しい料理で使ってみたいですね。
[PR]
by hal_84 | 2008-09-08 07:48

山椒塩のローストビーフ。

雨ばっかり降ってると思ったら入梅したところがあるんですね。
季節の移ろいを感じてなかったというより、夏が来る前に梅雨があること
すっかり忘れてました。(笑

大阪はようやく晴れ間が見えてきました。


d0020789_784577.jpg
山椒塩のローストビーフ。
こんなときに限ってカメラワークの悪さよ。(TT)
どうも接写モードにすると色が飛んでしまうようです。
必死で加工したにも係らず、悲しいくらい不味そうに映ってます。(笑

牛モモ肉のブロックに山椒塩を揉み込んで、オーブン余熱して250度で15分。
焼けたらアルミホイルで包み、暫くおいてからスライスします。
もうこれはシンプルにレモン絞っていただくだけでいいと思います。
青紫蘇にくるんで食べても美味しい。
いつもの塩コショウバージョンより遥かに美味しかったです。

ちなみに普通のローストビーフも塩コショウして同様にオーブンで焼きます。



d0020789_6411156.jpg
厚揚げとキノコのピリ辛ソース和え。
我が家の定番になったいつものメニューです。

厚揚げをオーブントースターやグリルでこんがり焼きます
この日は白いシメジのブナピーがとても安かったので使いましたが、
エリンギやエノキ茸を合わせても美味しいです。
キノコはフライパンに油を入れずに炒めます。
キノコは生でも食べれるので、火を通しすぎないのがいいですね。

ナンプラー、酒、豆板醤、キビ砂糖ひとつまみを合わせレンジでチン。
(アルコールを飛ばす程度だから1~2分でいいと思います。)
今日はナンプラーの代わりにいしるを使ってみました。
焼いた厚揚げを一口大に切り、キノコと共にこのピリ辛ソースでザックリ和えます。
お酒の肴にもちろんですが、ご飯にのっけて食べると美味しいです。



d0020789_6412328.jpg
かぼちゃの炊いたん。
かぼちゃと一緒に炊いたいりこが、メインになりそうなくらい大きいです。
とっても美味しいいりこだったんですが、長年お付き合いしてた自然食品店が
閉店することになり、最後の一袋になってしまいました。
不況になると買い控えが真っ先に影響するのがこういうお店かもしれませんね。
我が家のアレルギー児もとってもお世話になりました。
心していただきます。(^^
[PR]
by hal_84 | 2008-05-29 12:26

沖縄はうまい!

d0020789_1533283.jpg














この間、沖縄の叔母から恒例の沖縄マンゴーが送られてきました。
今年は天候が不順なので収穫の時期がずれてるなんて事を言ってました。

d0020789_15462423.jpg














いつもながら美味しいです。


で、礼の電話をしたのですが、この時既に母はヨッパでございまして、
電話の内容をよく覚えておりません。

d0020789_155047.jpg















その数日後、箱に沖縄の物産がギッシリ詰められて送られてきました。

「うわ~オモチャ箱みたい。」
「さんぴん茶も入ってる!」

「それ、オカンが電話で叔母ちゃんに送れって言うたやん。」
「ちんすこうも入ってる。」
「あ、それ私が送って~てオカンの電話の後ろで言うてん。」
「親子でたかってどうするん。」
「てか、何で覚えてへんの?おかしいやん。」

という問答はさておいて・・

d0020789_15581465.jpg
















沖縄ではジャスミンティーのことを「さんぴん茶」といいます。
中国の「香片(シャンピエン)」が語源のようです。
私は昔からジャスミンティーが好きで、ペットボトルでもよく買います。

d0020789_1602438.jpg














これは花びらがかすかにしか見えませんが、
運が良ければ急須の底にジャスミンの花が可憐に咲きます。
ちょっと感動もの。

kasumixさんがよくジャスミン割りの記事を載せてくれるので私も早速。

d0020789_1635858.jpg















ちと濃いめの沖縄さんぴん茶を「ちゅら島泡盛」で割る。至極。(笑
ちゅらさんは25度なので記憶がなくなる心配はありません。

d0020789_1684566.jpg














ゴーヤの梅おかか和え。
ワタをとって薄くスライスしたゴーヤに塩をし、そのまま熱湯で30秒位茹でて
梅をトントンと叩き、おかかと出し醤油で和えただけ。
苦味はほとんどありません。梅とよく合います。

d0020789_16272219.jpg















麩チャンプルー。
悲しいくらい不味そうに撮れてる・・(笑
ポーク缶とあり合わせの野菜と沖縄のチャンプルー用の麩で作りました。
レシピは麩の袋に書いてありました。

実は初めて食べました。不思議な食べ物です。
[PR]
by hal_84 | 2007-08-03 16:36

真竹の炒め物とオムライス。

暑いですね~というのが挨拶になってきましたね。
毎朝5時頃に起きるのですが、既にその時点で29度になってました。
暑くて目が覚めるという塩梅で目覚まし時計いらずなこの頃であります。

鬼門の歯医者通いもようやく終盤を迎え、根っこの治療というのは文字通り
根気のいる作業で、コートを羽織っていた時分から既に夏を迎えてしまいました。
その間の待合の楽しみにNANAを読んでいたわけですが、この期に及んで
何と15巻がない!(T T)
端折って16巻を読むと、その15巻で何が起こったのかとやきもき。
待合の本棚から15巻を持って帰った人、早く返してください。
早くしないと鬼門通いが終わってしまうぅ。。。(笑


d0020789_010255.jpg
真竹のナンプラー炒め。
大量の真竹を消費するために毎日せっせと筍料理を作っています。
それも飽きてきた今日この頃。
冷凍庫の鶏ミンチも危ういので少し目先の変わったものにしてみました。

鶏ミンチに塩コショウ、土生姜とにんにくの摩り下ろし、胡麻油を
揉みこんでおきます。
①の鶏ミンチをフライパンで炒め、茹でてアクを抜いた真竹を炒め合わせます。
炒まったら、酒、ナンプラー、きび砂糖少々で仕上げます。

これいつかetokoさんに教わった高山なおみさんの豚の生姜焼きにヒントを
得ています。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもなりました。



d0020789_085026.jpg
ヘルメスソースで作ったオムライス。
休みに末娘がオムライスが食べたいと言うので冷蔵庫のありあわせで作りました。
スライスした玉葱をよく炒め、完熟して柔らかくなってしまったトマトを
おろし器でおろし(皮はおろし器の上に残ります。)、ヘルメストンカツソースを
適宜入れ、水少々とブイヨンでソースを作りました。
味を見て塩コショウを足します。白しめじも入ってます。(ぶなぴーという愛称らしい。)
ヘルメストンカツソースはフルーティなので、これだけで美味しいソースに
仕上がりました。

中のご飯は玉葱、鶏肉、パプリカと炒めて軽く塩コショウしただけのもの。
その上にのせる卵は1人分2個を撹拌してバターでふわふわっと半熟に
仕上げています。

「お昼はオムライスでいいから。」なんて手軽に言ってくれるけど
見た目以上に作業工程が多いんだから。食べるだけの人は幸せだっ ! (笑
[PR]
by hal_84 | 2007-06-28 12:44

厚揚げとキノコのピリ辛ソース和え

d0020789_8451233.jpg

























色が地味目なので、色んな角度から・・


d0020789_11201665.jpg
















小皿に取り分けたのも写してみよう・・


d0020789_1128179.jpg
















どうも盛り付けのセンスが悪いな・・


久しぶりに駅前のお豆腐屋さんへ。
お豆腐屋さんで買い物をすると、それだけでご馳走を買った気分になる。
インスピレーションも働く。
お豆腐屋さん傍の八百屋さんでキノコも沢山買った。
これをコラボさせるあれこれを自転車を走らせながら考えてみたりする。

インターバルが長い!
だって画像がこれしかないから・・(笑)

テンコ盛りで買った厚揚げをオーブントースターでこんがり焼く。
エノキ茸は石づちを切り離し、エリンギは縦に何等分かしてフライパンで
油を引かず火を通す。
キノコは生でも食べれるんだから火を通しすぎない。
焼いた厚揚げを一口大に切り揃え合わせる。
ナンプラー(ニョクマム)、酒、豆板醤、キビ砂糖ひとつまみを合わせレンジでチン。
アルコールを飛ばす程度だから1~2分でいいと思う。

それをダダっとかけて和える。

「うま~い!!」

自画自賛だけど、美味しいです。(見た目より。)
香ばしい厚揚げとピリ唐ソースが絶妙。
と、声を大にしていうほどの料理じゃないけど。(笑)
いっぱい作ったのに即完売。お酒の肴に、子供たちはご飯にのっけて。
[PR]
by hal_84 | 2006-11-18 10:34 | *豆腐・卵系レシピ

温泉玉子 其の二の巻

なかなか更新できずに日々ドロのようにお布団に倒れこんでおりますが
それでも来てくださる皆さんに感謝申し上げる次第です。

一昨日のことなんですが、会社からの帰り道、夜の8時半頃だったでしょうか。
外灯がほとんどない一本道を自転車で走ってると向こうから自転車らしき影が
近づいてきます。すれ違い様に目をやると長い髪の小学5、6年の女の子でした。
その女の子が私の方を振り向いた瞬間、暗闇に女の子の顔だけが青白く浮き上がり
私は全身凍りつきました。 きた~!久々にきたぞ~~!と悪寒をふりほどき、
走り去る女の子の背後を目で追うと・・・

なんと!自転車にのって携帯を開いてたようで、その画面が暗い中で
女の子の顔だけを照らしてたのでした。 ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ
ほんまに怖かったんよ・・



お待たせしました。温泉玉子第2弾!です。(誰も待ってへんて・・
カップ麺のカップで温泉玉子を作った訣ですが、あれがあったな~と思い出し。

d0020789_11124382.jpg













これ中国とかでお粥をケイタリングするときのステンレスボトル。
どこのお家にでもあるステンレスの水筒のようなものです。その口が広いバージョン。


d0020789_11175940.jpg














玉子3個、熱湯を入れてフタをして20分。
保温性が高いので20分は置き過ぎな感じです。15分で十分でしたね。
白身も結構しっかりめ。残ってたソーメンつゆをかけました。
ということで、ステンレスの水筒でも温泉玉子はできる!の巻でした。


d0020789_1232998.jpg













ヤゲン軟骨の山椒塩焼き。
ヤゲン軟骨は鶏一羽に一個しかとれない貴重なものらしいです。
フライパンに胡麻油少々でじっくり焼き山椒塩で仕上げました。


d0020789_1291065.jpg













小松菜と信州ぼってり揚げの塩炒め。
生協で届いた小松菜がおそろしく細かったので炒めました。
温めたフライパンに胡麻油と塩を先に入れるのがミソです。
そこに適宜に切った小松菜とぼってり揚げを投入してささっと炒めるだけ。
もうワザもくそもないな・・(笑)


d0020789_12154147.jpg













水茄子と紐唐辛子の煮びたし。
盛り付け画像がピンボケのため浸し中の画像。
コンビニで半額になってたそうめんつゆに揚げたものを放り込んだだけ。
(何でこの半額に弱いんだろうか・・)
あのホンジャマカさんのCMがあまりに美味しそうだったので真似てみました。
いや~近年にないくらいうま~い。
市販のつゆもなかなかのものです。

実は週の初めに右指を負傷しまして、病院で包帯を巻かれたものだから
長女が前半主婦しておりました。
本人もそうそう帰宅が早くないものだから、コンビニのメンチカツなんぞを
家族は食べさせられて、ひどい食卓でしたね。
まあ、母が台所に復帰しても↑のように炒めるだけなんですが・・(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-09-10 16:49 | *豆腐・卵系レシピ

カップ麺のカップで作る温泉たまご。

d0020789_1822456.jpg
カップに熱湯入れて密閉。15分待つ。



d0020789_1833895.jpg
ラーメンを待ってたわけではなく。



d0020789_1844772.jpg
温泉玉子を作っていたのでした。

教えてもらってわざわざカップ麺を買いに行き、チャレンジ。
おお、うま~い!なるほど、ちゃんと温泉玉子です。
5層鍋やクルちゃんで作るやり方もあるけど、カンタ~ンなのが嬉しいやね。
といいつつ、作ってるの忘れて1時間くらい放置の画像です。ナンクルナイサ。
15分といわず、自分の放置加減を見つけるといいかもしれません。
冷蔵庫の玉子は冷えているので15分は1玉で作るときが適当かもです。
画像は潰れ加減ですが、玉子をパカっと割る要領でコロンとでてきます。
皆さまのチャレンジお待ちしてます。



d0020789_18121078.jpg
久々に小林かっちゃん先生仕様の肉ジャガ。
すき焼きの要領で先にお肉を炒めて砂糖醤油で味をつけ、他の野菜を放り込みます。
やっぱりこのやり方が一番美味しい。(#  ̄ー ̄)〇"グッ



d0020789_1815483.jpg
おまけ。
好評につき(?)どうしようもないアイの画像。
末娘の通学バッグに潜り込むの図。


d0020789_18173089.jpg
末娘、「もう、アイうざーーい!」とバッグのファスナー閉めるものの本人頓着なし・・
つか、君、その顔不敵すぎやわ。
この目つきは母猫に似ています。
そういえば、アイのかーちゃん、早々にアイの弟やら妹を産んだもよう。
おい、もう連れてくるなよ・・
[PR]
by hal_84 | 2006-09-05 18:26 | *豆腐・卵系レシピ

そこに愛はあるのかい?

昨日は末娘の高校に入学して初めての三者面談でした。
担任の先生は女性で、昨年着任されたそうで私と同じ位のお歳。
娘の学年順位を告げられ、二年生になってからの文系理系の選択を聞かれ、
あっという間に終わってしまった。こんな事務的な先生も珍しいかも。
自主自由の校風ではあるけれど、文武両道の学校でもある。
先般の大盛り上がりの体育祭で浮かれ、浮かれたまんまの人間も多いと、
鼻の先で言われた。もんきり口調で、愛想もくそもない。何か不燃した思いが残る。
浮上したまんまの子がいるなら足掴んで引き戻す手伝いをしてくださいませ。
ほんまに人事みたいな。いや、そういう表現しかできない人かもしれない。
この母を察してか、「先生いっつもあんなんやん。気にすることない。」と、末娘。
ふーむ。

娘の高校は駅前にあるのでにぎやかだ。ふたりで無印に寄りいっぱい買い物をした。
娘は大きな可愛いバッグを買った。母も欲しい、きっとお姉ちゃんも欲しがるぞ。(笑)


今日は飲み会やら何やらで二人だけの夕飯。
何が食べたい?と聞くと、「麻婆豆腐とかぼちゃの炊いたの!」と即答した。
無類の麻婆豆腐好きなのに、他の家族があまり好きじゃないので
なかなか食卓にあがることがない。娘にしたら好機到来なんでしょう。

d0020789_8263111.jpg














予想通り、地味~な絵面でございます。(笑)
やっぱり麻婆豆腐は美味しい。ご飯にのっけると最高ですよね。
今日はお土産にもらった花山椒も入れました。
レシピはHALサイトこちらから。


d0020789_8332786.jpg
















ただのカボチャの炊いたん。(笑)
芋好き、カボチャ好きの娘に愛を込めて。黒いのはジャンボ煮干。
またこれが旨そうに食うんです。ほんまに好きやな、君。


d0020789_8392210.jpg















珍しく生のキクラゲが生協で届いてたので「八宝菜」も作りました。
生のキクラゲはやっぱり食感がぜんぜん違いますね。
今日は冷蔵庫にある白菜、青梗菜、エリンギ、人参、もやし、玉葱を使って。
多分、ご家庭によって素材や味付けは沢山のバリエーションがあるでしょうね。
今更ながらのレシピですが、我が家では大体こんな感じです。

作り方:
①中華鍋に油を熱し、潰した生姜、にんにくを炒め、香りがでてきたら、塩コショウを
した豚肉を炒めます。火の通りにくい野菜から順次くわえながら炒めていきます。
②お湯、ガラスープ、酒、塩、コショウ、オイスターソース少々で味をつけ、煮立ったら
水溶き片栗粉でトロミをつけて、出来上がり。
[PR]
by hal_84 | 2006-06-16 11:06 | *豆腐・卵系レシピ