タグ:魚めにゅう ( 71 ) タグの人気記事

水茄子のカレーとエコイカリング。

今日の大阪は涼しいです。
ここのところの蒸し暑さは如何許り。
各地で災害もあり、不安定な日々ですね。


d0020789_10555719.jpg

先日漬けた赤紫蘇の塩漬けが早速食べれるようになりました。
茎まで真っ赤に染まり、割と短期で漬け上がりますね。
おにぎりに巻くと本当に美味しい。
そんなに簡単に成功すると知っていればもっと沢山漬けたのに。(笑
また来年、いい赤紫蘇が手に入ったら頑張ります。
以前買った市販のより美味しいです。何も足してないせいかもしれませんね。
これはまた梅に漬けた紫蘇とは別物。

近所の菜園の方からお漬物用にと大きく生り過ぎた胡瓜を糠漬けに。
やっと糠臭さも抜け、塩分の調整をしてきましたが、何とか及第点な塩梅です。
茗荷も美味しく漬かって、これだけで大阪の暑さを凌げそうです。



d0020789_11104116.jpg

水茄子が沢山届きました。食べきれないのでご近所にもお裾分け。


d0020789_11121297.jpg

















糠床がやっと美味しくなったので水茄子の糠漬け。
色止めに焼ミョウバンを少々加えました。
お約束でヘタを切り落とし切り目を入れ、あとは手で裂いていただきます。


d0020789_1114066.jpg

















水茄子のかんたん辛子漬け。
バリエーションを持たせようとして無理からの辛子漬け。(笑
以前にも載せたことがあると思いますが、適宜に切った水茄子に塩少々して
暫く置いておきます。
辛子をお酒少々で伸ばし、醤油を加えて水分を絞った水茄子と合わせるだけ。
水茄子は水分が沢山出るので軽く絞ってからいただきます。
翌日から食べられます。



d0020789_11513914.jpg
















生協で届いたスルメイカでイカリングを作りました。


d0020789_11524942.jpg
















酒をふって暫く置いた後、キッチンペーパーで水分を吸い取ります。
ハーブソルト、胡椒、イタリアンパセリ、荒挽きガーリックをふり強力粉をまぶし
鍋にオリーブオイルを1センチほど温め、両面がきつね色になるまで揚げます。
揚げるというか、焼くというか?
何でも強力粉で出来てしまいますね~
油を節約して、強力粉でさらに油をカット!これでお腹の脂肪もカット?!
(なら嬉しいけど・・)



d0020789_11594842.jpg

















で、そのスルメイカのエンペラやゲソ部分をワインで蒸し、
蒸し汁ごと使い、水茄子、ズッキーニ、パプリカを入れてカレーを作りました。
仕上げにココナッツミルク。
ココナッツミルクとパプリカが入るだけで夏カレーぽいですよね。


d0020789_1233778.jpg
















合わせたサラダは青紫蘇のコールスロー。
キャベツは太めの千切り、赤玉葱のスライス(水にさらしません。)、
人参の千切りを塩少々で揉み、レモン汁(ない時は酢)、胡椒、きび砂糖少々
オリーブオイルを入れて混ぜ合わせ、ボールにお皿を載せて重石をし
冷蔵庫で暫く冷やします。
青紫蘇は先でも後でもいいと思いますが、この日は最後に混ぜ合わせました。
レモンと青紫蘇の香りが豊かでキャベツがモリモリ食べれます。


さて、何とか先日から飽和状態の食材をほとんど使えたかな。
[PR]
by hal_84 | 2009-07-21 12:58

ゲイカツ。

私の一番上の兄は今年60歳になります。
歳も離れているし、父が早くに亡くなったので親代わりでもありました。
唯一関西圏に住む肉親です。
その兄が検査入院をして、1週間ほどで帰るからなんて言っていたら
2週間が3週間になり、ようやっと昨日退院。
入院時より検査の数値が悪くなってなかなか帰してもらえず、
しかも、身体のあちこちに不具合がでてきてしまったようです。

入院してすぐに陣中見舞いに行った時よりかなり痩せてしまいました。
味も何もない精進料理のような食事に閉口し、それでも食べないといけないと
20日間ほど忍耐の日々だったようです。
もちろんお酒も飲めなかったし、デトックスになりえたかもしれませんね。


d0020789_8314750.jpg













d0020789_832176.jpg














トンカツ食べたいなんて言うので、ついて行ったら昼時なので長蛇の列。
なら食道園へ行こう!って、どうもこの修行僧は肉系で精神安定を図りたそう。

しかし、それも今日だけで明日からはまた精進料理に戻るのだそうで、
お酒も当分飲まないと言ってました。
齢60にして命の洗濯を決断したもようです。
この不出来な妹弟を育てるのは並大抵じゃなかったはず。(笑
元気で歳を重ねていってもらいたいものです。




d0020789_99494.jpg

















鯨カツ。ゲイカツ。イッコーさんのコンカツみたいやわ。(笑

兄にお小遣いをもらったので(何でやねん)、トロでも奮発しようと思って
魚売り場を覗くと、珍しく鯨肉がありました。
HAL世代は給食に鯨肉がでたことがあるでしょう。
家でも鯨ベーコンやサラシ鯨の酢味噌なんて日常茶飯事でした。

お酒を振って塩コショウでフライにしました。
懐かしい味です。
ヘルメストンカツソースで。



d0020789_920555.jpg

















一昨日作った大分産の豆鯵の南蛮漬け。

ひとつ発見。
新生姜をお酢に浸けるとピンク色になると先日書きましたが、
赤玉葱もお酢に浸けるとピンク色に発色しました。

豆鯵は体長4~5センチほど。
お腹を出さず、そのまま揚げれます。



d0020789_9262990.jpg














ご近所の菜園をやっておられる方から取れたてのインゲンをいただきました。
旬のインゲンはスジもなくて柔らかいですね。



d0020789_9284348.jpg













15日目のマロ。
ティッシュの箱と格闘していると思ってたら、身体を突っ込んで
寝てしまいました。やっぱり猫はみんな同じ習性ですね。
[PR]
by hal_84 | 2009-07-05 11:04

焼き蟹とクレソンの塩もみ


d0020789_9324888.jpg
(↑焼き上がり後)

昨日スーパーでズワイガニが1杯298円でした。
安いね~まだ泡ブクブクしてる!と見知らぬおばあちゃんと盛り上がる。

こんなときは「焼き蟹」!

3杯分の足をキッチンバサミでチョキチョキするのですが、足を切っても
動いてるわけで、殺生しながら寒いものが走ります。わりとヘタレ。(笑

オーブンを300度でガンガン余熱。水をはった天板に網をセットして
蟹を並べ、その後15分位で焼き上げます。
身もきっちり詰まっていてお得感満載。(笑


d0020789_9504262.jpg















多すぎて完食ならず。残りは今日のお弁当に胡瓜もみと一緒に和えて。


d0020789_9581279.jpg
















胴体の方は蟹味噌ごと春雨とスープにして。
春雨がエキスを吸ってとっても美味しい。
三つ葉かなんかあったらビジュアル的にマシだったのに・・(笑



d0020789_102641.jpg
















クレソンとラディッシュの塩もみ。

そろそろ家族がサラダ攻撃に飽きてきたようなので目先を変えて。
クレソンとラディッシュに塩少々まぶして少し置き、絞ってお醤油かけただけ。
クレソンの苦味が緩和されて、クレソンが苦手なのも食べてました。
お漬物みたいなものですね。
[PR]
by hal_84 | 2009-07-03 12:44

ヤンソン氏の誘惑 VS 帆立のグラタン。

d0020789_11295223.jpg














マロ6日目。
ご飯の時間は仲良く並んで食べてます。
何故か爪とぎに載ってるアイ。

でもまだアイはマロを追いかけて猫パンチいれます。
すっかりマロは怯えて萎縮気味。




d0020789_11343311.jpg













以前作ったアンチョビがまだ沢山あって、左側は手付かず。
作りすぎてしまいましたね。夏までには使い切らないとね。
アンチョビの作り方はこちらから。

何か変わったアンチョビレシピはないか検索してたら
コウケンテツさんの「ヤンソン氏の誘惑」なるレシピに
行き当たりました。


d0020789_1137954.jpg
















「ヤンソン氏の誘惑」
名前の由来は19世紀に実在したと言われる菜食主義のエリク・ヤンソンという
宗教家があまりにもおいしそうな見た目と匂いに勝てずついに口にしてしまったと
される事からこの名前が付いたと言われている。(Wikipediaより)

そんなに美味しいのなら作ってみよう!


*材料(2人分)
じゃがいも ・・・ 3個 バター ・・・ 適量
玉ねぎ ・・・ 1個
アンチョビ ・・・ 6~7切れ
生クリーム、牛乳 ・・・ 各1/2カップ

*作り方
①じゃがいもは皮をむいて細切りにし、水にさらしてアクを抜きます。
玉ねぎは薄切りにします。
アンチョビは刻みます。生クリームと牛乳は混ぜておきます。

②フライパンにバターをたっぷり(20gくらいかな)熱し、
玉ねぎをしんなりとするまで炒めます。

③深さのある耐熱容器にバターを薄く塗り、水けをしっかりきったじゃがいも、
アンチョビ、玉ねぎの順に重ねていきます。
一番上にじゃがいもがくるように配分します。
生クリーム&牛乳の半量を注ぎ、好みの量のバターをのせて、
200℃に予熱したオーブンに入れて35分~45分焼きます。

④じゃがいもにこんがり焼き色がついてきたら、残りの生クリーム
と牛乳を注ぎ、さらに5分ほど焼いて完成。


う~ん、誘惑されるほどでもないけど。きっと腕が悪いのか?




d0020789_1150732.jpg
















昨日作った海老ホタテ&ズッキーニ、ジャガイモ、玉葱入りグラタン。
この間、兄のところで貝柱を沢山もらったので再び。生協の海老もプラス。

作り方はこの間とほぼ同じ。今度は全ての具材を厚めのスライスに。
こちらは誘惑されて再び作りました。



d0020789_11585933.jpg
















これは変哲もないいつも食べているサラダ。
左のHALのライフナビというところに掲げている「サラダッコ」というマシンで
玉葱のスライス、人参の千切りがあっという間にできます。
ズッキーニ、大根もとにかく千切りにして食べています。

これはぱんださんに教えてもらったのですが、手動ながら洗うのも簡単なので
毎日、ボール2つ分の生野菜を作る我が家ではかなり重宝してます。
[PR]
by hal_84 | 2009-06-26 12:51

猫たちと花らっきょう。

d0020789_8475061.jpg














5日目。
おお、奇跡の猫団子!と思いきや、お姉ちゃんがアイの上に
載せたもよう。アイが起きたら怖いやん、大胆な・・


d0020789_8505812.jpg













おお、奇跡の平和な食事風景!と思いきや、アイは食べるのに
必死でマロの存在に気がついてないのです。
食べ終わったらマロの存在に気づき、「シャーー!」と雌叫び。
アイのあまりのボケっぷりに一同唖然。

マロのいる床の辺りがボロボロになってるのが分かりますか?
ここは歴代の犬やアイが水を何度もひっくり返してきた軌跡です。


d0020789_912922.jpg













本棚の隙間に潜り込もうとするので、お姉ちゃんが本を出して
マロスペースをこしらえたところ。アイから隠れる所が出来上がり。


d0020789_953459.jpg














そのお姉ちゃんによじ登って肩に乗るのが習慣になりました。
下で睨みをきかせてるアイをじっと見ています。ここも避難場所。


すごいことにアイは5、6発連打してマロを叩きました。
すわっ!、お姉ちゃんがマロをかばって手でブロックすると、
お姉ちゃんの手にアイパンチが!でも、爪は立ててなかったようです。

あんまりアイが威嚇したりパンチを繰り出すので、今度はマロが
「シャーー!」とアイを威嚇。それを見てアイがまた猫パンチ。
「あんたがシャーーってするの教えたんやろ?!」と、
お姉ちゃんに説教されるアイでありました。攻防はいつまで続くやら。




d0020789_9183669.jpg
















これ何かわかりますか?
去年の秋も備前にいったのですが、ちょうど仕事が忙しくなって
その記事をぜんぜんアップできませんでした。

これはその時買った「わさび入れ」。
子供がただの粘土細工みたいやんっていうんだけど、なかなか面白いですよね。


d0020789_1110186.jpg
















こんな風に使います。
ぜんぜん優雅な盛り付けじゃないのは勘弁してもらって。



d0020789_1102686.jpg
















この間漬けた「ハチミツレモンらっきょう」。
花らっきょうなのでもう十分に漬かっています。
ハチミツで漬けたせいで、全く甘ったるくありません。
粒胡椒がかつてない不思議なフレーバーになっています。
これはらっきょうピクルスですね。

それから、この間漬け始めに味の確認をしたところ塩気が
少し欲しい感じだったので、お塩少々を足しておきました。
これで味のメリハリができましたね。
今日、保存ビンからレモンを取り出しておきました。


d0020789_1105696.jpg
















この間作った、「らっきょうの塩漬け」も上げてみました。
これも可愛い花らっきょうです。


d0020789_1056985.jpg
















少し塩抜きをして鰹節にお醤油たらして。
めちゃ旨!最強のお酒の肴!(笑
[PR]
by hal_84 | 2009-06-25 11:14

手作り豆腐とイカのとん平焼き。

去年、ときどき野菜を送っていただく農園の方がズッキーニの種を同梱してくださり
我が家のプランターに蒔いたのですが、どうも発育が悪い。
ご近所の菜園をやっておられる方に聞いてみたところ、プランターじゃ無理かな~
というお言葉。だよね~。(笑) 本気で畑を探そうかなあ。



d0020789_10474324.jpg
久しぶりにウーウェンパンでお豆腐を作ってみました。
この日はスジャータの有機豆乳(成分無調整)1000mlに大さじ1のにがりを加えて
ウーウェンパンのスチームトレイに容器ごと載せ10分くらい蒸したでしょうか。
その後、15分位そのまま置き、荒熱がとれたところで冷蔵庫へ。
↑なるべく泡は立てないように。(笑

d0020789_10481975.jpg
この間、こんなものを発見しました。水茄子専用醤油??(笑)
お豆腐にもかけても美味しいというので早速。

d0020789_115318100.jpg
まったりとした味わいは男前を超えますね。(笑
一時豆腐作りにはまって色々試してみました。寒天で固めるバージョンとか。
レンジでもラップをフワッとかけて加熱すれば同様にできますが、
蒸し器で状態を見ながら蒸すのが一番確かかな?



d0020789_10502331.jpg
この間ti-koさんがお野菜を送ってくれたときに一緒に入れてくれたのが
このカクキューのもろ味噌。カクキューの赤だしは天下一品ですが、
こんな形状のもろ味噌はこちらでは見かけたことがないですね。

d0020789_10504999.jpg
夕方、菜園をやっておられる近所の方から採れたての大きな胡瓜をいただき早速。
甘くなく辛くなく美味しいもろ味噌です。
茄子も大きなのがゴロンと入っていて楽しいです。
(まあしかし、何という無理からの盛り付けよ。笑)



d0020789_10511472.jpg
イカのとん平焼き。
とん平焼きなる食べ物はご存知でしょうか?
お好み焼き屋さんなんかにいくと、豚ロースを鉄板で焼いて玉子に包んで
お好み焼きソースがかかって出てきます。大阪ではポピュラーな食べ物です。

イカの厚いのを(ムラサキイカとか)飾り包丁を入れてから短冊に切ります。
片栗粉をまぶし、ごま油で炒め、軽く塩胡椒をします。
火が通ったら溶いた玉子を流し入れ、軽く混ぜ合わせて出来上がり。
お好み焼きソースやトンカツソースをかけ、青ネギを散らしていただきます。
(お好みでマヨネーズも。)

簡単だけど、めちゃ美味しい。ビールもご飯もすすむくん。
[PR]
by hal_84 | 2009-06-12 12:15

鯖の味噌煮とカレイのタルタルソース。

西日本、雨という予報ながら、今はけっこうな快晴です。

ここ暫く体調が悪かった時から猫のアイが隣で寝るようになりました。
暗闇で薄目を開けて私を見ています。
見張られているのか、看病されてるのか?
朝、私が目を覚ますと、すわっ自分も起きて、「ニャーゴニャーゴ」と煩い。
他所の猫ちゃんのことは分らないけど、うちのアイは本当によく喋ります。
普通に歩きながらも「プルップル~」言ってますものね。

この間も、内線鳴らしても起きてこない末娘を階下から名前を呼ぶと、脱兎の如く
階段を駆け上がり、「にゃ~にゃ~にゃ~にゃ~!!」と起きるまで呼んでいます。
寝ぼけまなこに抱えられ降りてきたわけですが、これをアイの仕事として常習化
させるにはもう少し訓練が必要かな?
猫って気ままだしね~
でも、群れたがる限りなく犬に近い猫って子供が言ってました。(笑



d0020789_9234244.jpg
フライパンで作る鯖の味噌煮。
3年前位にも一度載せましたが、久しぶりに作りました。
実はその後、再び作った鯖の味噌煮を食べた夜に我が家はノロウイルスにより
壊滅状態に。
鯖とは何の関係もないのですが、トイレで格闘した末娘は鯖の味噌煮がトラウマに。
再び鯖の味噌煮が食べれる様になる迄、何と3年近くの歳月がかかりました・・(笑
尾篭な話でごめんなさい。(^^;

*切り身4切れの場合
①先ずフライパンに酒を200ccを煮切ってアルコールをとばします。
②火を弱火にして赤味噌大さじ3、きび砂糖大さじ2~3を溶かします。
③鯖の切り身と薄切り生姜もいれてフタをして6~7分煮込みます。
④煮込んだらスプーンで煮汁を鯖に回しかけ、またフタをして4分ほど煮込み完成。
(鯖は必ず重ならないように並べます。)

たった10分で激旨鯖の味噌煮の出来上がり。白髪ネギを添えてどうぞ。
(男の料理の土屋氏のレシピより)



d0020789_924090.jpg
カレイフライのタルタルソース。
あきれるくらい四六時中出てくるタルタルソース。
カレイのスキンレスの切り身が売られていたので、これをフラにしてタルタルソースで。

*今日のタルタルソース
きゅうりのピクルス、赤玉葱のみじん切り、アボガド、赤パプリカ、ゆで卵、
レモン汁少々、塩胡椒、マヨネーズ。
[PR]
by hal_84 | 2009-06-03 10:08

「松前漬け」と「どて煮。」

やっとお休みです。
少し家の中をかたしてから、のんびり遊びに行きたいですね。


d0020789_985657.jpg
少し暖かくなって一気にシークワーサーの蕾たちが開花しました。
白い花をマクロで撮るとハレーション起こして難しいですね。
20枚くらい撮った中の唯一判別できる写真。(笑

d0020789_12194722.jpg

d0020789_12305885.jpg
今年のオリーブの木は早い時期から蕾を沢山つけています。
去年はもう少し遅くて、梅雨の走りの大雨を何度も受けて花を散らしましたが
今年は期待が持てそうです。あとはモンスター芋虫の被害に合わないように。

d0020789_994528.jpg
今年は枇杷も豊作のようで、植物が元気な年に当たったでしょうか?
毎年同じことを書いてるけれど、この枇杷の木は16年前に小学生だった長女が
自分の食べた枇杷の種を植えたもの。もう2m以上にもなりました。
この前、邪魔になるからお嫁に行くとき持っていき~なんて言ったのを枇杷が
聞いて焦って沢山実をつけたかな。
一生ここにある気がすると言ったのは長女です。(笑




d0020789_9424739.jpg
松前漬け。
子供の頃、母がよく作ってくれたお正月めにゅう。
水屋の戸を開けると小ぶりの瓶に松前漬けが入っていたのを思い出します。
味の素さんによると、剣先イカで作るのを一番するめ、スルメイカで作るのを
二番するめと言うのだそうです。これは二番するめ。
今は簡単便利に昆布もイカも細く切って売られているのですね。

d0020789_9525781.jpg














細切り昆布と干しイカは水で戻しザルに受け、水分をギュッと絞ります。
お酒2に対し醤油1の割合で鍋に入れ、沸騰したら火から下ろして冷まします。
(少し甘めに作りたいときは味醂を加えるといいですね。)
そこに人参の細切りと戻した昆布とイカを加え、1~2日位冷蔵庫に寝かせて完成。

いつもの事ながらが、大きなボールに沢山できてしまいました。
そして、いつもの事ながらご近所にお裾分け。




d0020789_9591095.jpg

d0020789_10156.jpg
どて煮。
この間、どて焼きの記事を載せた時にti-koさんから教えていただきました。
スジ肉とコンニャク以外にも茹で玉子、里芋、人参を加えるというもの。
この日は新ジャガを使いました。

スジ肉は圧力鍋で5分ボイル。この位が柔らかくなり過ぎずにいい感じです。
仙台味噌、八丁味噌ブレンドで、酒、みりん、砂糖、お醤油で味付け。
煮るときに鷹の爪を加えて少しピリ辛になるようにしています。
そして、仕上げにピーナツバターを加えるというのがti-koさんレシピです。
コクがでて、味もマイルドになって、いつものどて焼きとはまた違う一品になりました。

d0020789_10124527.jpg













そして、次の日はどて煮どんぶり。旨い!
スジ肉のコラーゲンやら何やらで次の日はお汁が固まってしまいますが、適宜
お酒を足しやるとまたトロトロに復活します。
[PR]
by hal_84 | 2009-05-02 10:37

シークワーサーの蕾と旬ご飯。

ゴールデンウィークに入りましたが、こちらはさほどゴールデンでもなく
休日も少し仕事をせねばなりません。
まあ、あまり休みと本来のぐーたらぶりが顔を出しそうなので、ほどほどに
のんびりがいいかもしれません。



d0020789_937145.jpg


















3年前位にシークワーサーの苗を買いました。
30センチほどのものでしたが、お店の人に結実までにどの位かかるか
聞いたところ、7~8年位でしょうとのことでした。
それでも結構ぐんぐんと伸びるので成長は早いようです。
この3年の間に1m以上にもなりました。

隣に植えてあった柚子の木が去年病気で枯れてしまったので、
白いものがついてるのを何かの病気だと思っていたら、何と蕾でした。
20個ほどの可愛いのがついています。

以前、沖縄の叔母が沖縄でもシークワーサーの木が減ってるのよと
言っていましたが、この大阪で結実しますでしょうか?楽しみです。



d0020789_9503872.jpg
















筍と貝柱のご飯。
そろそろ筍も終わりでしょうか。
この日は干したイタヤ貝の貝柱を戻して一緒に炊いてみました。
干し物っていうのは旨味が凝縮されていい味をだしますね。
この間炊いた筍ご飯よりうんと美味しかったです。


d0020789_9564060.jpg
















「うるい」のごま和え。
多分、山菜のひとつと思われますが、クセがないので
さっと茹でるだけで簡単に食べれます。


d0020789_103818.jpg

















アサリの白ワイン蒸し。
これはとーちゃんのお酒の肴に。
温めたオリーブオイルににんにくを加え香りが出てきたら
こすり洗いしたアサリを加え、胡椒、ハーブソルトをふり、
白ワイン少々でフタをして蒸しました。


d0020789_1092834.jpg















ふきのとうとタラの芽の天麩羅。
慌てて撮ったので中途半端な画像なので小さく載せます。(笑
唯一、ふわっと花が咲いたように揚げれたもの。
でも、どうしてこの苦味はこんなに美味しいのでしょう。

d0020789_1094042.jpg















これは一緒に揚げたワカサギ。
お酒少々をふって姿のまんま揚げます。
[PR]
by hal_84 | 2009-04-29 13:02

大阪鶴橋市場のあれこれ。

先週の日曜日、ちょこっと鶴橋市場まで行ってきました。
夕方の4時くらいだったので、ミミガーはなかったけど、久しぶりに面白かったです。

毎日少しづつ更新しようとして、また週末に一気載せですね~
編集途中をアップしてしまい、見られた方がいらっしゃったらごめんなさい。


d0020789_74272.jpg
やっぱり日曜日は人が多い。
人と人がすれ違うのがやっとみたいな通りもあって、この暗さ、空気の滞留してる感。
いいよね。

d0020789_744627.jpg
チジミ屋さん。
片手でなにげ~な振りしてシャッター押してるのでブレブレですが。

d0020789_75392.jpg
買い物した魚屋さん。左下の辺に写ってる「なまこ」を買いました。
お兄さんが今捌いてくれてるところです。袋にいっぱい入ってて千円。
タラの白子もザルいっぱいで千円。衝撃のプライスやね。(笑


d0020789_7584938.jpg
















その「なまこ」を三杯酢にポン酢を少し足して浸け、大根おろしと共にいただきます。
本当にコリコリしてて新鮮で美味しかったですよ。



d0020789_811752.jpg

















アンコウとセリの鍋。
アンコウもてんこ盛りで千円。(何でも千円っていう単位が分かり易い。笑
切り身も分厚いし、アンキモもでかいし、お鍋半分がアンコウっていうのも贅沢。
セリは自生物の方を買いましたが、やっぱり味が濃い。



d0020789_8103994.jpg














菜っ葉キムチ。これが一番好きですね~

d0020789_10492224.jpg

















菜っ葉キムチの半分を豆腐、豆もやし、豚肉、白ネギと共に。
出し汁にコチュジャンを入れてるだけなのですが、美味しかったです。
友達のキムチ屋のお母ちゃんに教えてもらいました。
たまに辛~いのも刺激があっていいですね。あ、これキムチ鍋?(笑



d0020789_872458.jpg













大きなワタリガニも2杯で1000円。超お買い得です。

d0020789_882063.jpg
















セリ、春雨、白菜でコチュジャンベースのお鍋にしました。
カニのエキスが春雨をうんと美味しくしてくれます。



d0020789_810555.jpg















これはお土産の末娘の好きなチャンジャ。
ご飯にいっぱい載せて食べると最高です!



d0020789_8144850.jpg














胡麻の葉の醤油漬け。これは自家製です。
胡麻の葉は焼肉を包んで食べても美味しいですが、
醤油漬けにしてご飯を包むと美味しいですね。

スーパーで買うと結構高いですが、鶴橋では50枚位で200円。
自家製のニンニク醤油に鶴橋で買った種ごと荒引きにした唐辛子を加え
半日ほどジップロップなどに入れて置くともう食べれます。



d0020789_8191744.jpg













韓国海苔。
胡麻油に塩を入れて混ぜ、それを海苔に塗ります。
普通、ハケとか使うのかもしれませんが、家用なので手でOK。
塗ったら遠火で両面あぶります。
全形の海苔は手で適宜にバリバリ破ったほうが美味しいですね。

我が家では10枚分があっという間になくなるほど人気です。
25歳になる娘の幼馴染が子供のときにおばちゃんの家で食べた
海苔がすごく美味しかったと今でも記憶してるそう。
以前、日本の海苔で作ってみましたが、厚過ぎてやはりNG。
もし手に入れば家で焼いた韓国海苔はお奨めです。
[PR]
by hal_84 | 2009-04-25 10:28