タグ:魚めにゅう ( 71 ) タグの人気記事

アボガドのお刺身とアサリとキャベツの蒸し煮

この2、3日涼しい朝夕ですね。久しぶりに熟睡した感じです。
でも、ご飯作りが億劫なのは何なんでしょう。
朝浸け込んでおいたアボガドを切りながら、これとビールでいいのに・・
な~んて思いながら、過ぎ行く夏の夕暮れであります。


d0020789_956619.jpg















「アボガドのお刺身」 BESTサラダより。
醤油100ccお酒200ccを合わせたものに皮を剥いだアボガドを浸けます。
半日から一日でいいと思います。ワサビをつけていただきます。
うちのアボガドはたいがい冷蔵で生協からくるので未だ固いのです。
冷蔵のものをまた室温で置いておいてもいいものかと思ったりするので
固めのアボガドで作りましたが、ねっとりしかかったアボガドで作ると
かなり美味しいものになるでしょう。
いつものワサビ醤油で食べるアボガドとは少し趣が変わります。



d0020789_104540.jpg















この間レンジでとうもろこしを加熱した記事を載せたとき、chikoさん
皮のままレンジにかける裏ワザをコメントしてくれたので、生協からきた
まるまる太ったとうもろこし3本を皮のままレンジに放り込んでみました。
加熱が終わったらそのまま冷めるまでおいておきます。
新しく買い換えたオーブンレンジは以前のと使い勝手が違うので正確な時間が
わからないのですが、ラップの時より長めに加熱するほうがいいでしょうね。
今度は皮のままラップでチンを試してみたいと思います。
どの方法が一番美味しいかな。



d0020789_101816100.jpg
「アサリとキャベツの蒸し煮」
きれいに擦り洗いをしたアサリを鍋底に並べてお酒をふり、ガラスープか
コンソメ(顆粒、もしくは砕いたもの)を入れます。
ザク切りにしたキャベツをその上に載せ、ナンプラー、胡麻油を回しかけフタをして
少しキャベツが歯ざわりを残す程度に蒸し煮します。(7、8~10分位かな?)
盛り付けたあとに胡椒をガリガリ。

これ随分前のNHKの本に載っていたのですが、ぱんださんから教えてもらった
ブロッコリーとアサリの蒸し煮とcincoさんのオイル煮が合わさったような感じです。
美味しい料理というものはどこか繋がっているものですね。
とっても簡単で、(←これ重要!) 美味しかったです。
[PR]
by hal_84 | 2007-09-11 11:52

鯵とズッキーニの南蛮漬け風

朝のはよから携帯が鳴って元同僚のHさんから。
「○○っちゃ~ん!PCでCDRが開けんから家に来て見てみて。」
外国の知人が送ってきてくれた画像を早く見たいのだそうだ。
聞けば奥さんに教えを乞いたいが忙しいので後回しにされてるという。
そのうち奥さんが見てくれるであろうのに、せっかちな性格なのだ。
今したいと思ったら居ても立ってもいられない。
そんな話を子供にして夕方Hさんとこに行くからと伝えると、
「オカンと同じ性格やな~」という。
そう言えば、何かトラブルとPCエキスパートの長女に早く見て!と
相手が何をしてようとおかまいなしなところは同じだなと苦笑い。

無事にCDRは開いて外国の美しい風景も堪能した頃、奥さんが帰宅。
「すみませんね~」と恐縮される。「ほら、僕と○○っちゃんは気が合うんだよ。」
な~んて、やっぱり同類と思われてる。(笑
で、ベラベラ喋り続けて気がつけば9時!うちのツバメのヒナが餓死する!

人との相性というのは不思議なもので、理屈ではないのですよね。
自分がいつも素のままでいられて、どんな話にもお互い食いつけるような
屈託のない自然さが肩こらずにいられると言うところでしょうか。



d0020789_1052429.jpg
なんだかズッキーニが非常にお買い得な今日この頃。
最近は日本でもあちこちで栽培されてるんですね。
そのズッキーニを使って南蛮漬け風に。

d0020789_9241478.jpg
今日の鯵は大きいので三枚におろして三等分に削ぎ切りしました。
酒をふって片栗粉を塗して揚げたところにズッキーニ、玉葱、パプリカを
細切りにしたものをたっぷり載せ、柚子胡椒ポン酢にみりんを足したものを
レンジで1~2分加熱し回しかけます。ラップで押し蓋をして冷蔵庫へ。

いつか生協で買った京都の柚子胡椒ポン酢を載せたことがありましたが、
今度はまんま生協仕様のものが届きました。これ多分ヒットしたのでしょうね。
私の手抜き南蛮漬けのタレにも美味しくマッチングしました。
ズッキーニも生でこんなに美味しく食べれるなんてね。



d0020789_9294531.jpg















おまけ画像。
最近、猫のアイはとにかく無理矢理末娘のヒザにのって寝ようとします。
いや、小さい頃も証拠写真がある。

で、見るとふたりで爆睡してるんですが、これにジェラシーを感じるのか
長女も主人もやたらチョッカイをかけてアイを連れ去ろうとするのです。
ほんまに猫の取り合いをしてどうするの?君たち~
[PR]
by hal_84 | 2007-09-08 09:43

鯵と水茄子と本のお話。

お盆の間少し留守をしていましたが、暑かったですね。
大阪も40度地点があったとかTVで言っていました。
関東の方では地震もあったようで例年をはるかに超す回数だとか。
この夏を一体乗り切れるのでしょうか。

もれることなく私も夏バテです。
その割には痩せることもなく、さんぴん茶を一日2リットルも飲みほし
お腹のあたりがうちの猫のように日に日に丸みを帯びてきました。
どうしたもんだか。



d0020789_2315361.jpg久しぶりにCDを買いました。
ふらっと寄ったCD屋さんにたくさん平積みしてました。
徳永さんのカバーアルバム3枚目だそうです。
ぜんぜんファンでもなく、若かりし日の徳永さんもあまり知らないのですが、私が20代の頃の歌からドリカム、ELTまで女性シンガーの歌がカバーされてます。

ボーナストラックにちあきなおみさんの喝采も入ってます。私の声なんかよりはるかに女性的で、さりげない歌い方がなかなかステキです。アレンジもとってもいい。
やさしいキスをして~なんて聞いていると泣きが入ります。
でも、このジャケットはいただけません。彼はもっと若くてハンサムだ。(笑


d0020789_2329557.jpg目を患って長いこと本が読めず、読みかけだった「天の夜曲」をようやく読み終わり。
宮本輝氏の「流転の海」シリーズの第4部です。
流転の海は20年前に刊行され、その間4冊が世にでました。
5年に1冊という長丁場で、生涯をかけた代表作になりますね。
私が宮本輝氏と出会ったのは10年前位になるでしょうか。
出会った一年位で彼の既刊を読破してしまった位に大好きな作家です。

流転のシリーズは長いので一言で語ることはできませんが、主人公の松阪熊吾はいつも多くの生きた言葉をもって流転の人生に立ち向かって行きます。シリーズは6部完結らしいので、お歳を召したファンの方から残り時間が少ないので早く完結させてくださいと手紙がきて、宮本氏は何とか長生きしてくださいと返事を出したそうです。


...............................................................................................................................................


最近、ぜんぜん料理ネタの出てこないキッチンブログでございますな。
あなた料理してるの?なんて聞かないでね。

d0020789_094837.jpg
久しぶりの鯵の南蛮漬け。
小鯵を片栗粉でサクッと揚げて、好きな野菜のスライスをのっけて、
ポン酢にみりん少々を加え、レンジで1分~2分加熱。それを回しかけて冷蔵庫へ。

なんと片栗粉と重曹を間違えて揚げてしまった。
なかなか揚がらないな~と思いつつ、ひとつつまんでみると激苦!頭パニック。
油を替え、片栗粉をまぶして残りの半量で何とかしのぎました。
それでも余ったんだから、うちは10人家族か?と主人が言うのもさもありなん。


d0020789_1034486.jpg
「水茄子の刺身サラダ」
お盆の間にサラダの本を買ったので毎日色々試しています。
水茄子は包丁を嫌うので頭2センチ位包丁を入れ、後は手で八つ割りに裂きます。
塩、黒胡椒、すり胡麻、胡麻油を合わせます。冷蔵庫で冷やしていただきます。
ビールがうま~い! 火を使わないってステキやわ。
[PR]
by hal_84 | 2007-08-18 00:37

梅を干しました。

私のいる大阪は風が強かっただけで雨も降らず、朝から台風一過のカンカン照り。
九州のほうは被害がでたようです。私の故郷も避難勧告がでてました。
九州というのは必ず台風が上陸したり通過したりする訳ですが、大事にならないよう
祈るばかりです。

さて、このカンカン照りを見過ごす手はないので、先般漬けた梅を朝の早くから
干す段取りをしました。早起きのお向かいのチビちゃんが我が家の壁に止まっている
セミを取ろうとして網を振り回す。「これ~!梅干ひっくりかえすなよ~」と大騒ぎ。
今度は初めて見る梅干を触りたくて仕方がない。(笑

d0020789_819937.jpg
気がつかなかったけど、網戸の向こうにアイの姿が。(笑
お母はん何してるんやろ?と大阪弁で思ったかどうかはわからないけど。

d0020789_8234967.jpg
今年の梅は粒が大きいですね。皮も柔らかい。
毎年同じ木から採るのに天候とかが左右するのでしょうか。

これを夜露にも当てて三日三晩干します。梅酢も瓶にラップをかけて殺菌します。
南部の梅干農家の方が言っておられたのですが、向こうでは三日と言わず五日位
干すのだそうです。干しあがったあと梅酢に戻します。

d0020789_10144732.jpg
こちらは赤紫蘇を入れずに漬けたもの。一週間くらい干します。
これを焼酎を吹きかけた瓶に梅酢を入れないで梅だけ戻します。
以前にも載せましたが、旨みの凝縮した美味しい梅干になります。
赤紫蘇を入れないのに不思議に赤くなるんですよ。




d0020789_9103943.jpg
胡瓜のきゅーちゃん漬け第二段。
きゅーちゃんは少しづつ縮んでいくので少し斜め切りにしてみました。
15本1.5キロで作るとガラスのボールにこのくらい出来ます。
ti-koさんのお母さんが教えてくださったきゅーちやん漬けの作り方はこちらから。


d0020789_9113414.jpg
大分の叔母がチリメンとカエリチリメンを沢山送ってきてくれました。
別府湾でとれたものです。
そのカエリチリメンを御節の田作りを作る要領で佃煮にしました。
フライパンでカエリチリメンを弱火で煎って水分をとばします。
醤油、みりん、砂糖、酒を合わせて強火にかけ少し煮詰まったら
①のカエリチリメン、煎りゴマを入れてからめせます。
大きなお皿にひろげて冷ましたら出来上がり。あっ、鷹の爪も少々。
[PR]
by hal_84 | 2007-08-03 09:42

タコとイカ。

子供が夏休みに入り、講習には行ってるものの日常のバタバタがなくなると私も
一気に夏休み気分になってます。もう朝からダラダラ~いいのか悪いのか。



d0020789_623488.jpg















会社から少し離れると繁華街があるのですが、新しい建物と昔ながらのお店が
ごちゃ混ぜになっていて大阪は結構こういう所多いかな。
新世界(串カツで有名なところ)の辺りも不思議の空間だしね。

屋根に何かのってるぞと思って見ていたら、、

d0020789_6175460.jpg

















たこ!
妙にリアルというか、低い屋根に度肝抜く巨大なタコのオブジェ(?)
たこ焼き屋さんなのか、たこ料理の店なのか、よく分からねど何とも不思議。
古い屋根が潰れそうな勢いでタコが鎮座してる。




d0020789_6271723.jpg















青紫蘇が元気です。とってもとっても直に生えてきて今年はフル稼働してます。


d0020789_6293691.jpg















何故か紫蘇ばかり食べるバッタと競争しながら人間もいただいてます。


d0020789_6332172.jpg














生協からスルメイカが届いたので恒例のイカソーメン。


d0020789_6345785.jpg















ささやかな贅沢だなあと頬張り。


d0020789_6415110.jpg


















そして、これまた恒例のイカの塩辛。
作り方は以前のこちらから。

最近、パウダー状の沖縄のミネラル塩ばかり使っています。
ミネラル含有率世界一でギネスにも認定されたという塩ですね。
これは塩が勝たないでまろやかに仕上げてくれます。
血圧高めの人にも優しいらしいです。
[PR]
by hal_84 | 2007-07-27 12:59

末娘の体育祭と鯵の南蛮漬け

「おかん、体育祭見にきてや!」と末娘の言う。
「月末やから忙しいかも。」
「えぇ~~~~~~~~ 」
職場の人に言うと、「来ていらん言うのが普通やのになあ。」と。
さもありなん。
伝統的に体育祭に命かけてるようで、文字通りお祭りごとなのでしょう。

体育祭の目玉は1年生から3年生まで縦割りのチームを作り
8縦のチームがそれぞれのダンスパフォーマンスを披露するというもの。
3年生は3年生になった4月からその準備に入り
振り付け、楽曲の編集、衣装の構想までフル回転。
そうこうしているうちに試験があり、その試験の最終日の放課後から
本番前日まで朝晩の練習が始まるのであります。
さすがに予行が終わった日、うちの娘はボロボロになっていました。

雨で順延になったため、ひと段落の仕事も昼までに終え、
長女と合流して観戦することができました。
平日にもかかわらず、何と生徒の数と同じくらいの親達が見に来てる。
卒業した先輩達もたくさん来てる。
高校の体育祭としては前代未聞かもしれません。

d0020789_6573728.jpg
パフォーマンスが始まる前にチームリーダーがマイクで皆に呼びかけます。
「みんな、ついてきてくれてありがとう!」
「きついこともいっぱい言ったけどごめんな!」
「初めての1年生も頑張ってくれてめっちゃ嬉しかった!」

絶叫しながら泣きながら。
100人以上の人間を統率するのは至難の技だったことでしょう。

娘のチームは蜂をイメージしたコスチュームなんですが、
今年は母に泣きつくこともなく自分で縫い、ミシンかけは姉に手伝ってもらい
いつの間にか完成させていました。
最終の部門ごとの発表で娘のチームはパフォーマンス部門で準優勝。

最後の閉会で先生の言葉。
「みんな!楽しい体育祭を見せてくれてありがとう!!」
よく学びよく遊び。先生も生徒も熱いのが面白い。

d0020789_6411083.jpg
(今さらモザイクかけんでも・・何度もブログ登場の人。)
衣装を体操服に着替えるために30分休憩があり、姉が見つけて記念写真。

↑最近、携帯カメラの調子が悪いと思っていたらこの有様。(T-T)
フリーズおこすは電源おちるは。このあと母の携帯は入院しました。
いっそ機種変更しようと思ったら今の携帯より画素数の多いのがないのです。
しかも、ワンセグ6万円とな。最近の携帯事情を知ってびっくり。
撮りためた画像もなくなったので、またボチボチ頑張ります。


d0020789_826685.jpg
この間作った南蛮漬けの画像はPCに保存してたのでアップしておこう。
久しぶりに小鯵をおろしました。
まだ新玉葱が出回っているので南蛮漬けにすると美味しいですね。
柚子ポン酢にみりんを足してレンジにかけます。
ポン酢がまろやかになっていい具合になります。
それをかけてラップで押し蓋をし冷蔵庫で暫く寝かせます。

と、書きながらHAL家では寝かせる間もなく食卓にのぼりますが。(笑)
手抜きから生まれた南蛮漬けですが、私が自作するより評判が宜しいようで
我が家の南蛮漬けはいつもこのやり方です。
[PR]
by hal_84 | 2007-06-03 09:49

ぶり大根。

週に一度の鬼門通い続いております。
やはり毎回ゆうに3時間は此処に居る訳で、すっかり顔馴染み。
どうも先生は私の口の中を大改造したいようで、
昔、他の歯医者の先生が触った歯の処置が気に入らないようで、
「何で此処はこうなってるんやろ?」と聞いたりしますが、
歯医者じゃないのでわかりません。

NANAは13巻まで読み進みました。あと4巻。
私が歯医者さんでNANAを読んでる間、家族は餓えています。


カンパチが好きで最近はこればっかり。
でも、ぶりアラは安いので見逃す手はないのですが、
よ~く考えると「ぶり大根」を美味しく仕上げてないから
食卓に上らないんじゃないかとつらつら考えました。
早く台所に立てた日に手間をひとつかけての「ぶり大根」。

d0020789_1795019.jpg
①先ず、大根はかつら剥きにして米のとぎ汁か糠で20~30分ほど茹でます。
茹でたら暫く置いて後よく洗って水に浸けておきます。

d0020789_17154326.jpg
②ぶりアラは大きければ切り揃え塩をふりボールを返し暫く置きます。
次に流水で血や余分なものをきれいに洗い流します。
たっぷりの熱湯を沸かし、ザルにとったぶりアラにかけます。
③鍋にぶりアラを並べ、水とお酒を半々くらいに入れ沸騰したら火を
少し弱めアクをとります。
アクがでなくなったら生姜と茹でた大根を加えます。
④5~10分ほど煮たら砂糖とみりんを加えて更に5分ほど煮ます。
次に醤油を加えて落し蓋をし、大根が柔らかくなったら出来上がり。

d0020789_17331278.jpg
薄味にしましたがコクがでました。
家族というのは正直で、無言でも完売した時は美味しい証。
更に母の精進は続くのでありました。

d0020789_17434653.jpg
かつら剥きにして沢山の大根の皮がでました。
これを3等分にして細切り、大根の葉は小口切り。
ついでに人参と茗荷も細切りにしてこの間のビール漬けに。
これはすぐ漬かるので一日もあれば完成します。
[PR]
by hal_84 | 2007-05-19 17:51

アサリとブロッコリーの蒸し焼き

午後から末娘の高校の学級委員会でした。
いつものように全体のお話のあと、各委員会があり、最後にクラスの
担任の先生と二人の委員との顔見せになるわけですが、
娘の新しい担任の先生は終始笑顔のフレンドリーな英語の先生。

でも、ひとつ気になることがあって、

「ねえ、先生カツゼツ悪いよね。時々何言ってるのかわかんない。」
「うん。そやから先生が訳を言うとき皆必死でノートとるねん。」
「英語で話すときもカツゼツ悪いん?」
「ううん。むしろ英語のほうが聞き取れる。」

英語のように日本語も話してしまうんでしょうか。(笑)

「毎年夏休みにアメリカの従兄弟の所に行くんです。」と言われるので
アメリカにお住まいなのですか?と聞くと「いえ、アメリカ人なんです。」と。
どう見ても100%日本人顔の先生。この会話も何だかチグハグで可笑しい。


d0020789_875748.jpg
「アサリとブロッコリーの蒸し焼き」
ぱんださんがアサリとブロッコリーの蒸したものを載せられていてまねっこ。
ぱんださんのヘルシー料理には華があるんですよね。
見た目が彩なだけではなく切り口が斬新だし、可愛い遊び心もあるし。
いろいろヒントをいただいています。

アサリは殻を擦りあわせて洗い、ブロッコリーは小房に切り揃えます。
フライパンにオリーブオイルを入れニンニクを炒めて香りをだします。
そこにアサリとブロッコリーを並べ、白ワインを少々で蓋をし蒸し焼きにします。
仕上に胡椒ガリガリ。塩気はアサリから出ますが足りないなら塩を少々。
アサリの旨みがブロッコリーに絡んでうまい!


d0020789_884144.jpg
いつも食べてる普通のサラダなんですが、
珍しく生のホワイトアスパラが売られていたのでオマケのアップ。
ホワイトアスパラってこんなに美味しかったのですね~
発芽時に遮光して栽培するわけですがグリーンに比べて少しホロ苦。
何で缶詰用ばっかりにされるんでしょうね。こんなに美味しいのに。
[PR]
by hal_84 | 2007-05-17 12:32

はりイカと格闘しました。

d0020789_16294571.jpg「ばーさんがじーさんに作る食卓」でお馴染みのお二人のブログが昨年の11月に本になっています。
Amazonで何かと同梱してもらおうと思って時を逸してしまってたのですが、普通に本屋さんに並んでいました。HAL界隈の小さな書店にもあることが実に感動的です。

私はcincoさんのあまり優秀ではない弟子のつもりでおりますが、こうやって手にとると身内のことのように嬉しいです。私の沢庵漬け仕事も切干大根作りもみんなcincoさんに習ってやってきました。
一部ブログのコメントが載っています。
何とdino嬢やクロエお姉さまのコメントあり!

で、最後にコメントを寄せた皆さんのお名前が列記されていて私も加えてくださっていますね。
ネームカードができてアクセスが見れるようになりましたが、お二人のブログから飛んできて覗いてくださる方がHALブログのダントツ一位です。
如何にお二人のブログが沢山の方に支持されているかがわかろうものですね。
これからも末永くお元気で美味しいお料理を披露していただきたいものです。


d0020789_1212531.jpg














cincoさんのお話の後に私のほにゃらら料理を披露するのが
大変恐縮な思いではありますが。(笑)
はりイカが売られていました。プリプリとした食感で、身の厚いイカです。
剣先イカのようなビジュアルの美しさはありません。。。

d0020789_12103070.jpg


















スミがかなり多いイカなんですが、取り出し失敗。
爪が真っ黒に染まってしまった。このあと久々に長く伸ばした爪を切るハメに。(笑)
左手にイカ持ちながら右手でシャッターを切る。かなり笑える。

d0020789_12151923.jpg















先ずはお刺身に。プリプリして美味しいです。
けれど・・・・・なんちゅうワイルドな盛り付けやねん・・・・・!

d0020789_12174652.jpg















ゲソのほうはオリーブオイルでにんにくを炒めて塩コショウだけ。
足もプリプリ。

d0020789_12194252.jpg















最後は何と言っても塩辛。
塩辛は本来スルメイカで作りますが、スルメイカと違ってワタは小さいです。
でもコリコリ感は素晴らしい!
足やらお刺身にできない部分を使っています。
塩で揉んでぬめりをとって洗い流してから水分を拭き取り、適宜に切ります。
私はいつも塩、酒、みりんでワタをのばしてイカを加えます。
一晩置いたほうが断然美味しくなります。
[PR]
by hal_84 | 2007-04-10 16:55 | *魚レシピ

ハタハタの卵は食べれるのか?

さてさて年末モード突入でございますよ。
昨日は忘年会でしたが、先般のノロウイルス攻撃により酒が飲めね~と
熱燗徳利の首つかんでぼやきながら旧友達と久しぶりにしんみり致しました。
素面で家路を辿るなんぞ滅多にないことですが、つか、いい歳して浴びるほど
飲むなっちゅうとこですが、先般兄弟で酒を酌み交わしたときに悟りました。
どう足掻いても酒飲みの家系ですわ。
オヤジみたいなよ~酒飲みなぞ~に~ならぬつもりがなっていた~♪
この千さんの名曲がHAL家兄弟のテーマソングでございます。

と、ゆうべ旨いものを激写したつもりが画像がありません。
あらら、やっぱり酩酊してたのでしょうか。携帯置き忘れ店員さんに追っかけられる始末。
言い訳なのか何なのか高いチーズケーキをお土産に帰るあたり
そこらのオヤジと変わらんなと一人ごちる冬の宵。画期的にも午前帰りなしの宵。


特筆すべき料理群もないですが、最近の食卓から。


d0020789_17304820.jpg














玉ひも。
ひもの部分をチョキチョキひとくち大に切ってじゃぶじゃぶ水洗い。
酒、醤油、砂糖、みりん、生姜スライスで甘辛く煮ました。
子供の頃のご馳走。HAL母の味でもございますね。


d0020789_17351994.jpg














自家製切干し大根。
干し期間が短かったのか未だ大根の辛さが残っています。
それはそれでいいかな。サラダにしたらもっとピリピリ感がでたかもしれない。
今度作ってみたいと思います。


d0020789_1740535.jpg














旬なのでしょうね。
ハタハタがそこらじゅうで売られています。
ぷりぷり肥えてるぞ~と思っていたらお腹には沢山の卵が。
とりあえず出して、酒少々をふり片栗粉をまぶして唐揚げにしましたが
きっと卵も食べれるんでしょうね。
ハタハタ卵に精通の方がいらっしゃっいましたらお教えください。
[PR]
by hal_84 | 2006-12-17 17:55 | *野菜レシピ