カテゴリ:*パスタ・麺類( 17 )

君はアラビヤン焼きそばを食べたか?

巷で深く静かにその名を潜行させている「焼きそば」ありき。
その名も「アラビヤン焼きそば」。(アラビアンではなくアラビヤン。)
スーパーにもない。もちろん八百屋のおじちゃんのところにもない。
ネットで検索する。
かのサンヨー食品が製造していた。
確かに実在はしているようだが、よ~く見ると「地域限定」とある。
袋にはアラビア人とおぼしきイラストが施され更にマニアックさを助長させる。
何が何してどこがアラビアンなのか、アラビアの人が焼きそばを食べるのか?
という奇奇怪怪な命題は置いといて。
サンヨー食品では小売はしていないようなので検索の旅にでた。

そして、更なるマニアックなサイトにて此れを発見、入手す。

d0020789_155928.jpg
しかも、箱売りだぜ。30袋入りだぜ。・・・・・


d0020789_1612391.jpg
難をいえば野菜は別に炒めなくちゃならない。
そして、こういうチープなジャンクなものはお肉なんていらない。


だって、

d0020789_1652376.jpg
んですもの。(笑)

ヘルメスソース当選者発表。
[PR]
by hal_84 | 2007-04-19 18:38 | *パスタ・麺類

娼婦のパスタ

家に帰ると、猫のアイがニャーニャーとうるさい。
うるさいのは毎度のことだけど、ちょいと声色が違う。
そうかと思うといきなりコテンコテンこけては床にすりすりしてる。

「アイ、どした?」というと、末娘が「発情期やん。」

わう!発情期はいきなりやってきた。(当たり前か・・)
だって、未だに両手を交互に動かしながらオッパイを飲む仕草をするし、
成りはデカくてもまだまだ子供やな~なんてことを言ってたばかり。

思えば、実家の歴代の猫はオスばかりだったし、
母は外に出るのも自由にさせていたので、その発情期やらを感じた記憶がない。
その日からアイは夜中じゅう鳴き続け、近所迷惑なことだったろうと思う。
庭にはアイの鳴き声が引き寄せたと思われる猫の足跡があちこちに。
一週間ほどで終息し、やれやれ。
娘がネットで調べるとこれは三ヶ月おきにやってくるそうで、
猫ってそんなにタフネスな多産系だったのかと。
アイのお母ちゃんが四六時中お腹が大きかったことを思い出した。

そういえば、アイのお母ちゃんの姿を最近見ないけど、ショバをかえたかな?
今このときもアイの兄弟は増殖していると推察される。うーーむ。


d0020789_22381020.jpg
娼婦のパスタ
このネーミングを初めて聞いたとき、どの辺が娼婦なんだろうと思って調べてみると
娼婦が合法的に認められていた時代のこと、一週間に一度しか休みがないので
戸棚の常備の塩蔵ものでパスタを作り、客に振舞ったのが由来のようです。
まさに娼婦の賄いパスタでございますね。

我が家にも開封したままの賞味期限のあやしいアンチョビフィレ、黒オリーブがあります。
ケイパーの酢漬けだけは液に浸っているので大丈夫そうです。(笑)

温めたフライパンにオリーブオイルとにんにくみじん、鷹の爪を入れ弱火で炒めます。
にんにくから香りがでてきたら、刻んだアンチョビと刻んだオリーブ、ケイパーを入れ
炒め合わせます。そこにホールトマトを手でつぶしながら入れ、全体にとろっとしてきたら
茹でたパスタと茹で汁少々を加えて一気にフィニュシュ。
最近料理を忘れた賄い人作、「娼婦の賄いパスタ」の出来上がり。

気合不足で最近の画像は美味しく写らないね~
これでもソフトで画像をシャープネスにしましたの・・画像もオカンもボケボケ。(笑)
[PR]
by hal_84 | 2007-02-03 23:03 | *パスタ・麺類

海老と舞茸のアーリオオーリオ

d0020789_14565298.jpg
たまたま落合シェフのサイトを見かけて、アリオリの基本というのが載ってました。
まあ、我々とそう変わらないのですが、参考までに引用させていただくと、以下のとおり。

【アーリオオーリオソースの作り方】
1..ニンニクは手でつぶして皮をむいておく。2..フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、強火にかける。3..プチプチと音がして泡が出はじめたら火をごくごく弱火にし、ニンニクが焦げないようにひっくり返しながら香りを出す。途中で唐辛子と好みで刻んだパセリを加える。4..香りが出たら、茹で汁大さじ3を加えて混ぜ、水分が足りなければさらに足す。トロンとするまでフライパンをゆすりながらよく混ぜる。これでアーリオオーリオソースが完成。

【アーリオオーリオスパゲティの作り方】
1..温かいソースに茹でたスパゲティを加え、さらに弱火のままフライパンをゆすりながらよく混ぜ合わせ茹で汁を加える。2..仕上げのオリーブオイルを加えてひと混ぜする。

海老と舞茸を加えて作ったわけですが、どうみても見た目は焼きそばだあね。
舞茸の色素に染まったもよう。美味しかったです。落合シェフごちそうさまでした。
[PR]
by hal_84 | 2006-10-09 15:11 | *パスタ・麺類

トマトとアンチョビのパスタ

またも一週間のご無沙汰です。
キッチンネタも枯渇し、こりゃ閉鎖の危機ですぞ。

昨日のエピソードでも。
HAL職場には密かに水面下で「番長」と呼ばれる男子がいて、ガタイもいいが
男気があり、呼べばすっ飛んできてくれる頼もしさからついたあだ名と思われます。
土曜にも関わらず、7時になっても8時になっても仕事が終わらない。
おまけにトラブル発生。早く家に帰りたい私は思わず叫んだ。
「番長ーー!」
「はいーー!」
わはは。自分でも自覚しておるな。彼はちゃっちゃと皆に指揮し、私は全てを委ね
大急ぎで腹ペコが待つ家路へと。

人というのは、その仕事の持つ特異性によって能力の限界があると思う。
PCに張り付かせたらピカイチもいるだろうし、現場仕事で能力を発揮する人もいる。
接客のプロもいるだろうし、適材適所というのは言わずもがなだけれど、
仕事を任せるということ自体がとても大切なことのように思う。
本人が自覚し、任された仕事をやり遂げようとするところから
とてつもないエネルギーがあちこちから沸きでるものだ。
人事や人を差配することは難しいけれど、良きリーダーたらん人材を育成するのは
何よりも大事なことだなと思った宵でありました。頑張れ、番長。



d0020789_15542965.jpg















今日の昼メシ。
「トマトとアンチョビのパスタ」
パスタを茹で始める。トマトを湯剥きしてサイコロ状にザクザク。
アンチョビも刻む。
温めたフライパンにオリーブオイルとにんにくみじん。
香りがでてきたら強火にして刻んだアンチョビ、トマトの順に投入。
火が通ったら茹であがったパスタをからめる。

盛り付けてパセリ、パルメザンを散らして完成。
一人前トマト1個、アンチョビフィレ3~4枚くらいかな。
塩味が足りなかったらからめる時に足してください。

こんな簡単な10分くらいでできるパスタさえ面倒に感じるんだから
どうしようもないですな。この賄い人は・・・(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-10-01 16:38 | *パスタ・麺類

おかんが作る「宝華の油そば」

最近、子供達が私のことを「おかん」と呼びます。
お母ちゃま、かんかん、お母さん等々、勝手に呼び名を変えてきた子供達ですが、
浪花の街とはいえ、実際に「おかん」などと呼ばれている友人達を見たこともありません。
多分、私が実に「おかんキャラ化」してきているのではと推測するのですが。
この間、万年ふわふわ系だった髪をストレートにして前髪もパッツンと切りました。
場末のジャズシンガーと呼ばれて幾久しかったのですが、
これは夏木マリさんを目指していた訣で、でも、顔も体型も到底及ぶこともなく・・・
子供達は一様に母を見て驚いていましたが、「10歳は若返ったな。フフ・・」と言うと
それから毎々私を呼ぶときに、「10歳若返ったおか~~ん!」というのです。
もう完全に母はおちょくられている。ええいっ、開き直りますよ~浪花のおかんですもの!


それはさておき。
麺食いジョガー、nonchさんお奨めの「宝華の人気ナンバーワン宝そば」を注文すると
なんと、翌日の今日、届いてしまいました。
にわかにヘルシー路線のわたくしでございますが、たぷ~りの野菜をのっければ神様も
お許しくださいますでしょう。


d0020789_22314434.jpg
なのに! 撮り直しがきかないっていうのに! ピンぼけぼけ。。。。。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


d0020789_22332756.jpg
なら、これはどうだ? ふたたび、ぼけぼけ。手ぶれ著しく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かつて、大阪に存在した油そばは存在すら許されることがなかった(自分的には)訣なの
ですが、これは◎にしておきましょう。結構あっさりとしています。
我が家のチビにして最大の食いしんぼグルメ末娘も、「おか~ん、美味しいやん、これ。」
お墨付きです。

*生麺、調味料+ラー油、メンマ、チャーシュー付。葱、貝割れ、水菜たぷ~りがお奨め。

さっきデジカメ覗いたらまともな画像もありました。ボケボケより少しは臨場感あるかな?
[PR]
by hal_84 | 2006-04-23 23:24 | *パスタ・麺類

ムール・ロッソ(?)

d0020789_8185514.jpg
珍しく、ムール貝が売っていました。それをトマトソース仕立てで。パスタは全粒粉使用。
*作り方はこちら風で。(HALの一番弟子こむこむがややこしい書き方をしてますが・・)


d0020789_0594299.jpg
でっかいハーブソーセージをオーブンで焼いただけ。(笑)  スウィートチリソースで。
本日の飯作りの所要時間、30分でございます。手抜きモードが爆裂しておりますな。


d0020789_820327.jpg
最近、シークワーサーがマイブーム。(出遅れてる感もなきにしもあらず。)
この果汁100%は御用達の酒屋さんのもの。泡盛や焼酎を割るだけじゃなく、ドレッシングを作ったり、紅茶に入れたり、レモン代わりに焼き魚にかけてもすごく美味しい。
シークワーサーの苗を売ってたので買ってきました。沖縄じゃないと育たないのでは?と
思ったりしますが、けっこう耐寒性もあるとのこと。
この小さな苗にシークワーサーの実がなるのは果たしていつのことでしょうね。
[PR]
by hal_84 | 2006-04-19 01:21 | *パスタ・麺類

味噌ラーメンにしてみました。

d0020789_13445830.jpg
昨日のスープストックを味噌仕立てに。
塩、コショウ、八丁味噌、フンドーキン麦味噌、テンメンジャン少々、すり胡麻、ホワイト六片醤油をブレンドしてスープでのばしました。あえて、葱と焼き海苔だけで。行きつけの風雲亭に勝ったな。('ー') フフ
と思ったら、家族の感動がない!普通に食べるなよ・・・(笑)
いえいえ、自画自賛は料理人のサガでございます。ひとり病人がいたので、このスープで雑炊をば。そうこうしてるうちにチャーハンも!とリクエスト。ここはラーメン屋ではございません。(怒) でも作った・・・(笑)
さて、まだまだスープはたんとあります。何を作ったらいいんでしょうね。
[PR]
by hal_84 | 2006-02-26 14:01 | *パスタ・麺類

無敵のつけ麺

麺食いのカリスマ「そんなに食うなら走らんと」とのnonchさんが毎々美味しそうなつけ麺をアップされてて、脳内がつけ麺で占領されてしまいました。しかし、ここは大阪の片田舎、そうそう美味しそうなつけ麺とは出会えません。
出会えないなら、おし!作ってみるか?!(笑)
d0020789_2155262.jpg
鶏ガラ2羽投入。香菜に干し椎茸、かつお厚削り、生姜、おまけにベイリーフ。
この時点で一体何を作りたいのかわからなくなる私。(笑) で、朝からこのスープをことこと煮てベースにし、ホワイト六片にんにく醤油、塩、コショウ、みりん、ラー油、長葱みじんを加えました。テンメンジャンも少し入れたかな。
d0020789_2264494.jpg
本日の主役は「太ちぢれ麺」。どこの麺かというと、グリコの生麺シリーズ。(笑)
ご存知かもしれませんが、麺も色々選べて、スープも色々バリエーションのあるバラ売りシリーズ。これ、結構我が家では重宝しています。味もなかなかです。
d0020789_22143636.jpg
すでに葱が入ってるけれど、白髪葱フェチとしては、やっぱり麺と一緒に食べたい。ラー油が辛い!葱も辛い!
しかし!まいうーーーーーーーーーーー!
お好みで豆板醤を入れたり、タレ具材にニラとかいれたらいいでしょうね。

d0020789_2225150.jpg
で、今日はつけ麺のお供にするため、豚バラを漬け込んでいました。
お肉はフォークで穴をあけ、ホワイト六片にんにく醤油、みりん、生姜、長ねぎを加え、昼まで寝かせました。レンジで5分、裏返して5分。味が浸透するようにラップを押し蓋にして少し置いておきます。漬け汁は鍋で煮詰め、スライスした煮豚にかけて完成。
簡単なのに!簡単なのに!まいうーー!
ああ、今まで時間をかけて作っていたのは何だったんだ・・・でも、すべてはホワイト六片のおかげかもしれない。こんなヘナチョコなのにちゃんと仕上がってる。
[PR]
by hal_84 | 2006-02-25 23:36 | *パスタ・麺類

ワタリガニのパスタ

d0020789_053984.jpg
先般より、ワタリガニをスープ、お味噌汁にして食していましたが、冷凍室の奥にまだ残っておりましたよ。再び解凍したら黒ずむかと思いきや、ワタリガニは大丈夫なんですね。で、お昼に作ってみました。

先ず、温めたオリーブオイルにみじんにしたニンニクと鷹の爪をいれて炒め、香りがでてきたらワタリガニを投入して赤くなるまで炒め合わせます。
白ワインを入れ、アルコールをとばしたとこでコンソメ、潰したホールトマト、パスタの茹で汁少々を加え、最後に塩、コショウで味を整え、茹でたパスタをからめました。(冷凍アサリも加えています。)

こんな作り方で合ってるのかなあと思いつつ、おそるおそる食しましたが、腕と関係なく、カニとトマトが美味しく仕上げてくれていました。

このところ脳内疲労が激しいのか、身体がお布団にだだ滑りして、とにかく睡魔に勝てません。早く春になって欲しいなあと願いつつ、それはそれで、ひねもすのたりのたりかなの日々を送りそうな勢いです。(笑)
[PR]
by hal_84 | 2006-01-22 00:30 | *パスタ・麺類

麺くい編

押し詰まってきたというのに、アタフタとするばかりで、このまま新年突入か?!と危惧しております。(笑) HAL家、怒涛の手抜き食卓続いております・・
d0020789_672725.jpg
「豚バラ厚切りと水菜の皿うどん」
先ににんにくで香りをだしてから豚肉を投入。隠し味にオイスターソース。


d0020789_6204754.jpg
「あぶり豚バラと煮玉子のらうめん」
この間の豚バラの紅茶煮の残りをグリルで焼いて、同じく紅茶煮のタレに浸けておいた
煮玉子をトッピング。キャベツともやし炒めも添えました。母体は日清のラーメン屋さん生麺。
盛付けのひどさは慌てて作ったということにしておいてください。(笑)


d0020789_6421479.jpg
「ボンゴレビアンコ」
アサリを白ワインで蒸してからパスタ投入のはずが、パスタの上にアサリを入れて白ワインで蒸してしまった!(笑) 一体何をしてんだか・・ただのアサリ白ワイン蒸しと化しております。
正しいボンゴレビアンコはこちらから。


さて、残すところ今日、明日で仕事を上げ、無罪放免といきたいところです。ようやっと寒さも和らぎましたが、先般ひいた風邪が完治しませんねえ・・・皆様もご自愛くださいませ。
[PR]
by hal_84 | 2005-12-28 06:47 | *パスタ・麺類